| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

NSR250Rの塗装1

日チャレで写真をとってくださったのですが。

samarutonsr.jpg
見た目・・・

そもそもなぜ真っ黒にしたかは・・・・

Mulhollandってアメリカ版奥多摩なんですかね。
マッドブラックのYZF-R6 カッコいいですよね。
※rnickey mouse て・・・そりゃrnをmにしちゃうと不思議な力で抹殺されるのでしょうが、なんか挑発的で笑えます。

これ、速ければ「得体の知れない”影”感」が醸し出されて超絶かっこいいんですが(といいますか、日光にはそういう、黒くて超速な方がすでにいらっしゃるのです。)
僕の場合さして速くもなく、しかも変な黄色が変なラインでついててナニコレ。
NSR250R珍定エディション。
ナニコレ珍百景の取材が来る前にどうにかしなくてはなりません。

そうなのです。プラキン勢はマシンの見た目もかっこいいのです。

例1 分解一直線★さんのNS250R
bunkaisan.jpg
ロスマンズ!かっこいい!
時代感がかもし出されるレプリカコンセプトの外観は無条件にかっこいいのです。
かくいう私もロスマンズにしてやろうかと一瞬迷いましたが(ヤ*オクでステッカーいっぱい出てるし)、たぶん赤と金色のラインのところで発狂してラインがウネウネになりそうなので自重します。
それに塗って、乾かして、マスキングして塗ってを繰り返す理性崩壊一直線★な多色の塗装は僕には無理です。

例2 たなますさんのVFR400
tm.jpg
ブルーを基調にビビッドなデザインと統一感のあるステッカーが美しく映えます。
加えて装備の色もマシンにマッチしておりワークス感があふれ出ていてカッコいいのです。
真っ白な状態からステッカー・カッティングシート・塗装をご自身でされてる様でどんなセンスですか。
こんなのにチャレンジしたらこれまた多色に加え、細部のライン取りが細かく、マスキング地獄に陥りそうです。
プライド・マス・キングがあれば多分たなますさんはポールtoウィンでしょう。 
というか、と、ととととんでもない事に気がついてしまったんですが、た、たなますさんのますって・・・・・・・・マスキングのます・・・・?


(お写真はナム様より頂戴しております。画像の拝借もうしわけございません。また内容に不都合がある場合、削除並びに個別に土下座しますので許してください)


というわけでかっこいい皆さんと走るにはかっこよくしたいのですが、せっかちで塗装が苦手なので2色ぐらいで簡単に、それでいて格好の良いデザインを見つけました。

これ。
rs250.jpg
かっこいい!
2色! 
とおもって記事書いてたら気が付きましたが、白入って3色でした・・・。

できれば、GWを使って塗り直したいのです。

それにしてもT2Racingさんのマシンとか、あれ塗装どうなってるんですかね・・・ラッセン展に混ざってても多分気づきませんよ。



前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

サスセット沼1

お世話になります。



去年、1Gでサスが全く動かない問題に直面し、外してみたらMC21より全長の長いMC28スプリングにプリロードがかかりまくっていた問題が発覚しました。
なので、1Gを沈めながらも旋回中の姿勢を同じにするためにレートを12k→12.5kにあげて、プリロードを抜く(というか標準にする)ということを試していたのです。

これはこれで、余り不満が無く今まで過ごしてきたのです。


そう、4/18のもひさんブートキャンプまでは・・・

-九九式もひブートキャンプの様子
mohibootcamp.jpg
い、いや、文字だけなのもあれですし、多少雰囲気を皆様に‥

後ろから追いかけると、ガスオンのタイミングで排気音が聞こえて来るのですが"特に6コーナーでは”、明らかに速いタイミングで音が聞こえ出します。

これでがっつり立ち上がりが遅れ、僕が6コーナー立ち上がりでアクセルを全開にする頃には、もひ教官はもう中禅寺湖あたりにいます。
同じタイミングで開けようとしても、こちらはリアタイヤに荷重が乗っておらず開けられません。
リアステアが使えないので、もっと出口に向きを変えようとすると無意識にバンク角が増える→タイヤがゾゾゾゾ言う、という状況だったと思っています。(主観的な解釈ですが)
そのときは無我夢中で追いかけていたのですが、静かに振り返ってみるとヒントだらけですね。

それでこの1週間強、通勤電車でつらつら考えていた仮説がこうです。

●現状
・基本乗車姿勢が前のめりである 
・なので、ターンインは結構切れる
・けど2次旋回でリア荷重になりにくく、アクセルが開けにくい

●理想
・基本姿勢はそこまで前のめりにしない
・ターンインの切れは”フロントブレーキを使いフロントを沈めること”で得る・・・ためにコーナーへの進入スピードを今より上げる
・ブレーキリリースにより荷重がリアに戻り即アクセルオン可能な姿勢となる

※「アクセル開けるタイミング問題」に対する上記の仮説はあくまで僕の妄想です。
実際はもっとライン取りとか、あーあと大事な大事な気合い(棒)などのファクターが複雑に絡み合っている物であることは間違いありません。


それに教官にマイMC21にまたがって頂いたら「いーなー‥MC21いーなー‥特に膝のフィット感がもう....」ておっしゃられてた....のは関係無くて、「1G全然沈まないよこれ」とのご感想。
やはりですか.....MC28スプリングマッスルプリロード時代よりは、少しは沈むようになったと思っていたのですが、確かにもっと1Gで沈んでくれても良いはずなのです。



そんな背景から、リアショックをもっと沈む方向でいじってみたいのですが、一つ謎問題が発生しておりました。

なにやら今の状態(12.5レートプリロード15mm)でも底付きしているのではないかと。
これは走行後に残ストを確認した際、ダンプラバーにストロークセンサーが当たっていたためです。

ここで僕の思考は停止しました。
リア加重になっていないと感じる、1Gも沈まない、でも残スト無し、・・んんん? 


無い頭を絞り、「もしかして間違ったリンクの組み方をしていて、初動は硬くて奥で柔らかい超ネクストジェネレーションな"さ◯とースペシャル"サスが組み上がっとるんじゃなかろうか」と考え駐車場に向かいます。
ごそごそとカバーをめくりリンクを見るも、ちゃんと正しく組まれている様です。

ん~・・・・。

も、もしやと手を突っ込んでロッド付近をまさぐりをバンプラバーをさわります。
すると、バンプラバーが、下がりました・・・・

そうなのです。 
「フルボトムしてストロークセンサーがバンプラバーに当たっていた」のではなく、「バンプラバーが浮き上がっていてストロークセンサーに当たっていた」のです。

バカすぎる・・・
その状態で残ストをみると、1センチほどありました。
バカすぎる・・・(言い訳:ガルアームはショックのロッド付近が大変見づらいのですよ)

プリロードが標準で、残ストが1cmって、けっこう余ってますね・・・やはりバネレートが高いんですかね。



MC21標準の12kバネに戻してみることにします。
あーあ12.5kバネのピンクの見た目は結構気に入っていたのですよ・・・。

前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

70系VOXY NOAH トランポのすゝめ 後編

※この記事は、過去に実施した有用な情報を後世に伝えるためのデータアーカイブ用エントリです。

ずいぶん遅くなってしまったのですが前編に続き後編です。

次にコンパネです。
ビニールシートやらゴムシートを敷くだけでも良いのですが、床もしっかりしますしコンパネで床張りすることをおすすめします。
汚れてもぞうきんで拭いたり、箒で掃いたりできるのでクリーン管理もばっちりです。

どうやら大きさ的に3枚のコンパネが必要な見込み。
ホームセンターでコンパネを調達します。

「どこの誰が来るんだこんな所」といった感じのカインズホームの資材館から物々しくコンパネを運び出し、どや顔でレジに並び、レジの待機列を感じ悪く占拠することで、「俺はこれからトランポを作るんだ」という自尊心を満たします。
そう、この世の中には2種類の人間がいます。それはホームセンターでコンパネを買う人間と、それ以外の人間です。


床の形に合わせて作るので純正のフロアマットを使い採寸します。
konpanecut_voxytoranpo.jpg
こういった作業をする場合はねじったタオルを頭に巻き、鉛筆は耳にかけるスタイルがおすすめです。寸法精度が格段に上がりますよ。

あと切り出している画像をとりわすれたのですが、絶対に「ジグソー」を使いましょう。
ハイゼットの時にも同様に床張りを作ったのですが、じいさんが良く言っていた「手に勝るものは無い」理論を信じ、実家の納屋においてあったのこぎりで勝負に出たものの、完全に負け試合となりました。

Amazonで3千円くらいでお求めいただけますが効果は絶大です。
じいさんが80年間貫いてきた信念は3千円で崩れ去りました。
難点は騒音ぐらいですかね。実家でやったので問題無かったのですが、じいさんが可愛がってるチャンワンは吠えまくってました。

車の床に合わせます。細かいところは現物合わせで仕上げます。
ラゲッジボックスの使い勝手を考慮した3分割仕様となります。
voxy_toranpo_konpanehari.jpg
目標仕様としては《この床張りのまま左側のサードシートが使える=大人4人が乗れる仕様》です。

これは、たとえトランポでもハンパねぇマブいダチ3人とR&Bを爆音で流しながら海に行ってバーベキューができるヤベぇ仕様となります。
そういって購入から半年ほどたちますが、もちろん一度もサードシートを使っていませんし、そういえば一緒に海に行くようなハンパねぇマブいダチもいませんでした。

このままですと、汚れやら水分やらをコンパネが吸ってしまうので、これまたホームセンターに行き、量り売りのフロアマットを買います。
色んな柄がありますのでお好きなものをどうぞ。

ゴルフ好きな人には芝生系なんてどうでしょう?床の掃除が格段にめんどくさくなりますが、奥さんと息子さんがディズニーランドを楽しんでいる間、車でパターの練習ができますよ。

私は暖かみのあるフローリング調が好きなのでそれを選びます。
売り場近くにあるボタンで店員を呼びつけます。
呼び出しボタンを連打して、足をそわそわさせながら「早くせい感」を出すことで、店員は動揺してちょっと長めに切ってしまうので、これを見越して少なめにオーダーしましょう。


それを両面テープでコンパネにはると…
voxy_toranpo_huroringu.jpg
あらすてき。
洋風なお家のリビングみたいですね。渡辺篤史さんあたりに建物探訪しに来てもらった方がいいかもしれません。

ちなみに、車の床は椅子を外したのみで、カーペットも含め他のものは何も外していません。その上からコンパネを敷いておりますが全く問題ありませんヨ。

そしてバイクを載せます。
タイダウンポイントは3点、こことこ。
voxy_toranpo_poin3.jpg
ここと。
voxy_toranpo_point1.jpg
ここ(サードシートを外した箇所に汎用ステーを使用)です。
voxy_toranpo_point2.jpg

ホイールクランプを使用していればあんまりガシガシ締め上げなくても問題ありません。
後ろの2点でもOKだと思います。
意外とタイダウン無しでもイけんじゃね?と思って一回なにもせずクランプだけにしてみたことがありましたが、駐車場から出た瞬間遠心力でブレーキレバーがガラスにバシッとあたり、突き破りそうになりましたのである程度は必要みたいです。

色々積むとこんな感じ。
voxy_toranpo_gaikan.jpg

後ろは壁みたいですが前はまだ余裕ありですよ。



さてVOXYを買われてこの記事をご覧いただいている方にはあるあるかと思いますが、70系VOXY七不思議の内の一つ、運転席前のこの収納、何に使うの?といった感じですよね。
voxy_toranpo_shuno1.jpg
A4は入らないくせに結構広くて、小物ごちゃごちゃ入れると走行中がらがら言うしで、どう使って良いか良く分からないこの収納です。

東側諸国のヒットマンであればここにトカレフを入れておくのでしょうが、生憎僕はしがないサラリーマンです。

そんな悩みをかかえ半年ほど使いましたが、KGBの方以外は下記の様な使い方が最も適切ではないかとの結論に達しましたのでご紹介いたします。







コレです。

voxy_toranpo_syuno2.jpg
なんということでしょう。
家族のために寸暇も惜しんで運転する虐げられた家族想いのお父さんが、お昼のサンドウィッチを運転しながら食べれるための優しい心遣いだったのです。

前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

日光サーキットスポーツ走行20170418

前回の記事でウェットの練習をすると宣言しましたが、先日4月18日早速絶好の機会が訪れました。

前日の予報では9時ぐらいまで雨→それから晴れとの予報。
まだカッパを手に入れて無い私には「路面は濡れてるけど雨は降っていない」という極上のコンディションが見込めます。
さらにこの予報だと2本目ぐらいまではウエットで走れて、かつ、午後はドライの練習ができます。


8時日光着
20170418NIKKOU.jpg
ぽつーん



レインタイヤは別ホイール(アルミ)に組んであったので、ブレーキディスクだけ移植し即ウォーマーをかけます。
20170418NIKKOU_RAIN.jpg
タイヤは”一応”未使用なのでパーツクリーナーで皮むきを試みましたが、ウエスがぼろぼろになるだけなのであきらめました。

そうこうしていると、9時ちょうどに太陽が現れます。
20170418NIKKOU_1.jpg
するとみるみる路面は湯気が立ち始めます・・・・雨を望むと晴れる・・・
はじめまして、「雨を望むと晴れ男」です…

●9時半からの午前1本目ウェット
むむ、怖いです。
倒せません。
そんなのでまわってくると電光掲示版で1分ですって・・・自身のワーストレコードを更新しました。
倒す前にすべて終わらせるということと、レインであれば膝が擦れるということは何となく聞いていたので意識しながらバンク角を増やします。

ブレーキ~ はなす 倒す 起こすアクセル~ を繰り返しなんとか膝が接地し出します。ちょっと感動します。
それとともにタイムが51秒、50秒、49秒8、49秒3、と上がっていきます。
タイムが遅いので電光掲示版を確実に見られるのと、自分しか走っていないので前の周とタイム差を比較でき、これがちょっと楽しいです。
結果48秒中盤
※昨年のフルウェットのプラキン予選でPPの♯99もひさんは43秒を出してらっしゃいますので、48秒では全然まだまだのタイムなのです。
ていうか43秒って・・・何なんでしょうね。超能力なんすかね?・・「ムー」で特集組んでユリゲラーと対決でもしてもらったほうがいいんじゃないですか?


太陽のおかげで最後の方は裏直や高速コーナーが乾きだしてまだら模様になっていたので2回目はあきらめます。
練習用とは言え半ドライでレインタイヤを消耗させるのは本意ではありません。


タイヤを元に戻し、ぼけーっとしていると、金色の**エースでユリゲラーさん間違えたもひ♯99さんがいらっしゃいました。
20170418NIKKOU_MOHI99.jpg

到着やいなや・・・

-もひさん「今日の目標は?40秒?」

-僕「いやーどうっすかねー‥いかんとも」

-もひさん「何?40秒?」

-僕「タイヤがよくわからんので調子を見ながら、ってかんじですかね・・」

-もひさん「ん?40秒でしょ?」

-僕「・・・はい。40秒です。」

・・・

どっかの軍隊のドキュメンタリーでしか見たことの無い手法で半強制的に目標設定を強いられました。
はい、本日の目標は40秒台になります(棒)

その引っかかっているタイヤですが、ヤ*オクで「2015年製、2回使用」との品。
2回と見ると少なそうと食いつくのですが言い方を変えればトップランカーが耐久レースで2回使用しましたとも言えちゃいます。
こんな表現をするあたり、この出品者は歴戦の猛者に違いありません。
こういう場合カリスマ落札者の僕は「サーキットと大体の使用時間は?」とバトルを挑むのですが、見つけたのが終了30分前で、かつかなり安かったのでそのまま購入。こうなると文句は言えません。

届いてみると肉は結構ついているものの、現在はいているタイヤよりケースの柔らかさや、表面のコンパウンドのねっちょり感が欠ける気がします。
やはり2015年製だとこうなっちゃうのでしょうか・・・

という話をもひさんにすると、
―もひさん「俺の練習用タイヤも2015年製だぞ?」
とのこと。
まじですか、これは安心!
すると
―もひさん「練習用なんて何だっていいんだよ、パンクさえしてなきゃ

―僕「・・・・」
頂いた直後ですが、安心を返納します。



●そして午後1本目。
様子を見ながらで42秒頭。
タイヤを見てみると、表面の硬くなってた一層がむけてねっちょり感が復活していました。よしよし。

●午後2本目
がんばっても41秒7やらです。
今日は平日にもかかわらず色んなバイクが入り乱れ、台数多めで、詰まってしまったりするとちょいと危なげですね。


まー今日のメインはウェットだし、と終わろうとしていると、もひさんが「次走るんなら特別ライディングスクールを開校してやる」とのこと。
こ、これは巷で噂の・・・
そう、これは、黒板とコース図を目の前にして「ここの場所はこんなラインで」と懇切丁寧に…

…という生ぬるいものではなく、先行するもひ教官に”気合”で食らいつくことでタイムを引き上げてもらう荒修行です。
背中で語る事をコンセプトとした、軍隊式のトレーニングになります。
通称「九九式もひブートキャンプ」

こんなご厚意を頂いて走らない訳にはいきません。
なので急いでウォーマーをかけます。

●午後3本目
もひさんの後ろに張り付いてコースイン。
前走者につまったりしてはぐれても、一回ピットに入って間合いを見たりしてとにかく追いかけます。
やっぱり前に追う人がいると集中力があがります。
近くなると排気音が聞こえるのでアクセルを開け始めるタイミングとかを合わせ必死にくらいつきます。
そんなことをしていると最終手前右とか、6とか、最終コーナーの外側ゼブラ付近でタイヤのエッジがゾゾゾゾゾって言うんですが、これ何ですかデフォルトなのこれ?
良い感じのラップで、もひさんのラップが40秒と出る、直後、通過・・・・来たか! ”41秒2”‥マイゴッシュ!

それでもベストをコンマ1強更新しました。
もひさん、貴重な一本を有り難うございました。
タイムアップはそれはそれでうれしかったのですが、それよりも大きい収穫としてラインの違いが明かになりました。
特につま先、6コーナーの進入、立ち上がりのラインが明らかに違います。
何度かラインのトレースをトライしたもの、なぜだか同じラインにのせられません。
このせいで同じタイミングで突っ込んでも立ち上がりでがっつりおいていかれます。
この差は確実に大きいため、次回への宿題となりました。


あと、レインの練習は意外と楽しめましたよ。
誰もいないコースを自分のペースで走ってちょっとづつ色んな事を試してじわじわタイムアップしていくのは結構面白いです。
それに走り終わると、なにやら人気者になれますよ。
SSの方に「朝きたら走ってる奴がおってキチガイかとおもったわー!」と言われ、自惚れてニヤニヤしました。
翌日のお天気に一喜一憂する必要が無いのは趣味人として圧倒的アドバンテージですよ!
ヤ*オクレインタイヤでウェット練習、おすすめです。

帰りの夕日がとてもきれいでした。
DSCN2804.jpg

前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

レインのれいんしゅう 1



昔から雨の中バイクを走ることは好きではありません。
雨は恐いのです。
なので避けてきました。


演繹法というインテリジェンスな物事の考え方があります。

魚は旨い
ほっけは魚だ
なのでほっけは旨い
という手法です。
本当にほっけは旨いです。

この手法を用いて僕の頭の中を説明します。
バイクは傾く
水は滑る
故に傾けたら…転ける!

雨の中膝擦って走ってる写真とか、世の中がグルになって僕を騙そうとしてるんじゃなかろうかと思っています。
HIZASURIAME.jpg



ツーリングもそれほど好きではなかったし、公道含めて雨の中走った経験など片手ほどしかないのです。


そんなわけでもちろんサーキットでも雨の日に走る様な事はしていなかったのですが、今年に入り一つ問題が出てしまいました。
そう、日光チャレンジロードへの参戦です。
雨のレースの場合は競技用のレインタイヤが使用可能とのことです。
であれば、「私はレインタイヤをもってないのでDNS」として観戦に徹するという楽しみ方もあります。

しかし、僕はこのブログでレインタイヤの用意があることを明かしてしまいました。
(正直これは心の底からやっちまったと思っています)

この場合、レインタイヤで出場するか、レインタイヤを買った癖に出走しない、とんだ腰ぬけ野郎になるかの2つしか選択肢がありません。

事実上前者しか選択肢が無いようなものです。
まちがっても後者を選択してしまった場合、プライドベテラン勢から腰ぬけびびり野郎のレッテルを貼られ、一生ネタにされてしまいます。

しかしまともに雨の中を走ったことも無いような人間が、いざレインタイヤを与えられて走っても使い勝手がわからず持て余すに違いありません。


こういった経緯により雨の練習をせねば…とひそかに思っておりました。
まずは道具です。
レインタイヤに備えるにはレインタイヤで練習をしなくてはいけません。
ですのでここ最近は、ヤ*オクをみて程度がよさそうな安いレインタイヤを買いあさっておりました。

DSCN2805.jpg
※ヤ*オクで表題に「レイン」て謳って無い奴が結構安いですぞ…

上から、
フロントリア・本番用にと思って買ったが、後に買ったダンロップより随分硬く、練習用に格下げになったブリジストン(フロントは車の中)… F ME01Z 110/590R17 TL YEK(ソフト) / R ME77 155/620R17 TL YEK(ソフト)ともに2014年製
フロント・本番用…RACE BATTLAX W01 120/600R17 2016年製
リア・本番用…140/65R17 KR389 2015年製
フロント・激安だったので買ってみたが硬すぎにて没…ピレリドラゴンレイン・・・120 製造年不明
リア・本番用?練習用?...ちょっとサイド荒れ気味だが柔らかさ健在 …140/65R17 KR389 2014年製
※フロント120サイズについてはちょっと思うところがありまして…別記事で言及します。

あとはツナギのうえに着るカッパが欲しいですよね。


というところまで書いて気づいたんですが、レインの練習するって公表してしまったらまたハードル上がっちゃいませんかね・・・・

前のページ全記事一覧次のページ

profile

さ○とー(魚屋本舗STO) 

Author:さ○とー(魚屋本舗STO) 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
Author by さ○とー(魚屋本舗STO) 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)