| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

2013年NSR250R購入記2(出走準備編)


こんばんみ

2013年NSR250R 購入記1 (購入編)の続きです。

時は2013年4月

実家にnsrを残し帰京した僕は、社会人の荒波に洗礼を受けていた。
電話取り、睡魔、仕事の知識 ああ・・   それと比例して高まる二輪への欲望、もはや渇望である。
ああ跨りたい・・すろっとるを絞り上げて あ ぁあっ!

こんな状態では何が何でもGWまでにはナンバーを取得し、こっちに引き上げてこねば
夏まで謎待っておれぬ。
しかしご存じ初任給は4月末。
NSRに就職祝いを注ぎこみ、まるで鼻血もでない状態である。

なのに必要なのはナンバーだけではない。
タイヤも替えたい。任意保険にも入らなくてはならない。
そんな状態でも、気力だけで乾いたぞうきんを絞り上げ、GWまでにそれらを用意した。

--2013年GW

DSC_0095HENKOU.jpg

シートカウルが変わっているような気がするが気のせいである。

・・

衝動買いしたシートカウルのおかげで鼻血も出ない状態であったが、この瞬間は鼻血ものである。

選んだタイヤ MICHELIN PILOT POWER
HB-γをこさえた時に、HB SUZUKI RG-γときたら これはもうMICHELIN しか選択肢がなく
何も考えずPILOT POWER 2CT を選んだわけであったが、質感の良さに驚き、それ以来このタイヤにほれ込んでいたのである。
コンパウンドが決して柔らかいわけではないが、そのケース剛性のやわらかさから温まりやすく扱いやすい。
しっかりつぶれるから滑らない。だけど全然減らないのだ。
プロファイルのその強烈なダブルクラウンは、寝かし始めの軽快さと寝かしたときの安定感もとてもいい印象を受けた。

そんなすべての教科で合格点といったタイヤにはもうひとつ。

そう、エッジに鎮座するビバンダム君である。
彼は決して、「ここまで倒して大丈夫だょ・・?」 とわれわれに微笑みかけているのではない。
あまリングの中で、「おいおいそんなものかよたいしたこたーねーな、ほら どうしたびびってねーでかかってこいよ」
と挑発の舞を舞っているのである。
MICHELINタイヤを手に入れたライダーは、無意識ながら、しかし確実にその挑発にのせられ、エッジの際で踊るビバンダムを消しにかかる。
公道向けなのに、そこは間違いなくフルバンクでなければ消せないゾーン。もはや命のやり取りである。
やるかやられるか。消すか消されるか。
そんな命のやり取りの中で、バイクとは、バイク乗りとはどういう事かというあくなき命題をわれわれに投げかけてくるのだ。

ああ・・さらっと書くはずが、
だらだら書いてしまったのでまたわけます…

ということで前回の予告はまったくお角違いの文句でしてすみません。




さて 



次回「ボーナスは親へのプレゼント?  いいえクランクシャフトです。」です。

前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

ステッカーの話

こんばんみ

予告しといてなんですがボード記事です。

やっぱりボードも、なのですがヘルメットをしています。

きっかけは大学生の時です。
それまでニット帽だけだったのですが、ある日のゲレンデでフロントサイドの谷回りのターンインをミスり大ゴケしました。
逆エッジです。 
スノーボーダーの背後に常に影を落とし、ボーダーが気を抜くその瞬間を今か今かとその時を待っている怨霊。
スノーボーダーは常にこの恐怖と闘い滑るわけです。
バイクで言うところのハイサイドといったところでしょうか。

とっさに手を出すもバーンに頭をたたきつけられ、何回転もし、吹き飛ぶニット帽とゴーグル。
朦朧とする意識の中下山をしたのですがその後の激しい頭痛と吐き気・・・
脳震盪でした。

この時ヘルメットの必要性を痛感しました。
今ではちょっとこれなしで滑れって言われても勘弁です。

最近はスキーヤーもボーダーもヘルメットをかぶって楽しむ方が随分増えたように思いますが、
それでもネットを見ていると、「ヘルメットしているとうまそうでいやだ」と言う意見があります。

でも僕はビギナーこそ付けるべきじゃないかと思います。
こけることも多いですし、上達して本当に好きになる前に痛い思いをしてスノーボードを離れてしまうなんて
もったいないと思います。

是非みなさんヘルメットをつけて滑りましょう!





・・・


なんてことを言うつもりだったんじゃなくて・・

なんかヘルメットってこうつるっとしててなんかカッケーステッカーハリハリしてーなー
と思っていたのですが。
でもボーダーあるあるかと思いますが一応

スノーボードステッカー三銃士
スノーボードステッカー三銃士


触発されて作りましたすみません

ステッカーねえ
なんかおしゃれなのがいいなー。


むかしから気に入っているネタがあるのですが。
バイク界のレジェンド バレンティーノロッシさん
キャプチャrossi


彼がホンダを離れ、ヤマハに乗り、そしてロレンソとヤマハの三角関係に愛想をつかせDUCATIへの移籍を決めた時
初めてDUCATI機をテストしたときにかぶっていたメット。

世の中がROSSI × DUCATIのファーストコンタクトに注目する中、DUCATI機って、今シーズンってどうなっちゃうの
っていう世間感情に対してこのはてなマークが! このはてなマークがなんておしゃれなのかと!


っということで作成。
そもそも蛍光色のカッティングシートなんてそんじょそこらにうっとるのかと心配になりましたが
売ってました。
DSCN2410.jpg

売り場で気付いたけど、ジャニーズのライブとかの団扇を自作する市場に圧倒的な需要がある様です。

デザイン 
DSCN2417.jpg

貼り付け
DSCN2414.jpg


よ 横長になってしもうた・・・・

前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

2013年NSR250R 購入記1 (購入編)

こんばんみ


NSR250Rを買った時のことを少し書きたいと思います。

2012年はわたくし就職活動の年でして、
前述した様にRG400盆栽の今後に悩み目標を見失っていた時期でもありました。

適当に、自分の好きなようにいじっていることと、バイク道としてこうあるべきという乖離が
かなり大きくなってしまったんですね。

時期の悪さと悩みの状況の中、精神的にも金銭的にも車検を取ることができませんでした。


そんなわけでバイクから一時離れていたのです。





しかし悪夢が訪れます。

2013年4月


そう、「就職」です。 こどもでいた~いずっと、といざらすきっづ大好きなおもちゃにかこまえあ いや、まて うわああああ・・


正直なところ、こう働きたいとか、こういう仕事をしたいとかまったく無く、
大学をでたらとりあえず就職をせねばの一点で就職活動をし、とりあえず内定をもらったところに就職を決めたんです。

ですがやはり、そんな心いきだとサイコーにフ●●クな気分で2013年4月1日を迎えるわけであります。

とりあえず始まった会社ライフ。

4月1日~受け入れ研修で1週間、社会人とは会社とはマナーとはとか
やれ学生は与えられる立場、社会人は与える立場だのあーだのこーだの・・
やれ、会社にとって人罪になるな人財であれとか・・・・だじゃれか、あほちゃうか 
名刺はその人の分身だぁ・・? そんなわきゃねーだろ ・・・

あー 社会人とはこんなにも・・こんなにも うっうっ・・



・・・





そんなときふと、あーやっぱバイク乗りたいなあ

バイクしか無いなあと。


でもやっぱりガンマに対して後ろめたさというか、これから正しく補正をしてとかはちょっと考えられなくて
まずはもっと基本に立ち返るためにいろんな選択肢の多い、スタンダードで癖の無いバイクにのりたいなあと・・

でもやっぱ2stだよなあ・・とか
部品いっぱい出るやつで、軽いバイクのほうがいろんなことがわかりやすいよなあ・・・とか

そんなことをつらつら思いながら帰りの電車の中でヤフオクを見ていると、あら程度のよさそうなNSR250R MC21 SE 即決で意外とお安いわねぇ

でもhondaだしな・・・ いや販売母数があるしパーツいっぱいありそう・・・
まあでも買えないよな、お金ないし。
いやでもあれがあるじゃん 伝家の宝刀 就職祝い
こまったら使おうとおもってたけどもう困ってるし
就職祝いとあれとあれをこーして、次の給料日まで自炊仙人で霞を食って暮らせばいけるかも・・
いやもう買ってから考えようかな。 


・・・

ポチっ




あ 




ぽちっちゃった♡


あ。。

ちょっとまてよ


とりに来いって・・場所どこ??



京都?

京都!


うわっぁああああああ  やってしもーたっ



あかん、あかんで、 えらいことになってしもーた・・!
キャンセルするか?  いや、あかん!これ以上ヤフ●クの評価を落とすわけにはいかんのや!
それにもううちかて京都弁になってしもうとるやないか・・・!

あとには引けん。やるしかない。 やるしかないんや・・!
こんなこともあろうかと初マイカーにハイゼットを選択した甲斐があったんや。
練馬ナンバーのハイゼットで大手をふるって京都に行って、意地でも引き上げてくるんや!

※就職にあたりマイカーを親借金で買ったのですが、
もしかしたら今後バイクを運ぶこともあるんじゃないかとハイゼットカーゴS331Vを初のマイカーにしていたのです。
ですがまさかこんなに早くこうなるとは・・

・・このあとアストロに駆け込みラダーを購入。 あとタイダウンも・・


わい  「OKグーグルはん ちとお伺いするんやけど、ここから京都までいったい車で何分かかりはるんや、え?」 
google 「高速道路を通るルートで、6時間です。」 
わい  「・・・」

ちーん



都合もあったため、就職して初めての金曜日2013年4月5日、1週間のお疲れ様同期飲み会をコーラで切り抜け、22時に東京を出発したのであります。

金曜日の東名
DSC_0085 (1)



まだ運転にも慣れない中、早速環八で左から割り込んできたタンクローリーに突っ込みそうになったのは忘れません。

反面緊張の解けてきた静岡あたりの眠さは異常でしたが・・・


2013年4月6日(土)
朝6時に宇治市のファミマに到着。全然6時間じゃつきませんでしたね・・そもそも東名を80㎞/hだし・・
後ろが広いので後ろで寝ようとおもいましたが眠眠打破をキメたラッシュ状態の中寝れるわけも無く待ち合わせの9時まで目をつむって起きておりました。

9時
さて、現車の状態を確認する。かかりも良いしアイドリングも左右でしているし問題なさそう。走行距離もなんないけど1万9千・・・okじゃん?
外観は・・ワックスかかっててようわからへんであんちゃん・・・



早速バイクを積みにかかると左のミラーがあたる。ちょちょちょっとスパナ借りていいですかと
トランポの中の微妙なバランスの中、ミラーを取り外し積載。

DSC_0087 (1)



こんな衝動買いのため置く場所も契約しておらず、いかんせん4月末の給料日までは3食霞の仙人ライフが約束されており
乗り出しのための資金などもってのほか。なので実家にとりあえず置くことにしますた。

これから実家に帰ることを伝えるため、ここで初めて実家の母へ電話したのですが、このとき母親は息子が会社をイヤになって1週間でやめて帰ってくるんだと本気で心配した様です。
ええ、さすが親。勘が鋭い。80%当たりだよ。






NSR250購入~日光デビューまでさらっと書くつもりがだらだら書いてしまいましたので2部構成にします…



・・・




次回:「センターシール?    なにそれおいしいの?」

前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

冬の間にそろえるもの

こんばんみ

冬籠りでバイクには乗っていないわけですが、こんなときこそいろいろじっくり次のシーズンに向けてそろえないといけないわけです。

最近ヤ●オクで買ったもの。

1、ステップ
DSCN2332.jpg



弊職はいつもリアルバランスのステップを使っています。
これは0mmバック20mmアップでサーキットランで絶妙な高さ設定。
また、ペダルは純正を使うため安価でリプレイスもしやすい。
(お好みで純正のステップバーも使えます)

しかしやはりステップ。 ステップバーはリジットで使用しているのでちょっとの転倒ですぐにひんまがります。
なのに、どんなにトンカチでたたいても戻らない!
こけるエネルギーってどんだけやねんと突っ込みたくなるほど戻りません・・・
多分重機かプレスマシンが必要です。

なのでこけて曲がったら交換しています。
この点においてもやはり流通量がおおいのか何かと安くヤフオクに出てくるのがこのステップです。
リアルバランスと謳っていなくても、社外/メーカー不明とかで結構ぽろぽろ出てきます。
※mc28用とmc21用で別設定となっていますが、オクで買って実証した結果
違いはブレーキマスターのマウントパーツ(ピッチ)だけでした。
これもプレートから取り外し可能です。サイコー


2、シートレール
DSCN2333.jpg



ヤフオクで見たことがある方も多いのではないでしょうか。
NSR250(mc21/28)にRS125のシートカウルをつけるシートレールです。
すでに愛用しているのですが、個人で作られている様でたまにヤフオクでしかみません。
こけて曲がったらと考えスペアを入手しました。
なんかすげー値段あがってあきらかけましたがなんとか手にいれております。
これを付けるにあたり、バッテリーボックス/レギュレターマウント/PGMマウントを考える必要が
ありますが、それだけ頑張れば素晴らしい軽さを手に入れられます。
お勧めです。高いし何時出てくるかわかりませんが・・


来年から日チャレに出る場合によっては出たいと考えているため
冬の間にそろえたいもの、やりたいことを記録しておくぞよ。

レインタイヤ
フロントブレーキ一式(ディスク・パッド)※いいのにしたい
シリンダー/ピストン交換
サーモリング
ブーツ※ぼろぼろ穴開きのため
キャッチタンクの止め方変更
全開プーリー
バイクカバー(ロータスの雨全然通さないやつが破れて雨を通しておる・・)
タープテント※レースの必需品!




前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

16-17シーズンイン@丸沼20161216


さて、11月の走行をもって本シーズンも〆と相成りましたが。

オフシーズンに何もやらないわけにもいきませぬ。


そう。オフトレ。
でーん
DSC_0292.jpg


良く聞くのは、オフロード。
その次にミニバイク。
その次に
いやオフなんてなくて冬でも乗るぞよってひともちらほら。

然しながら、なんか寒い中でグリップもおぼつかないバイクを動かないからだで乗るのがダメでして・・・
そんな私から新提案。

そう アルペンボード

アルペンボード?

アルペンボード。
DSC_0284.jpg


バイクのオフトレ新提案:アルペンボード
寒いとかいって結局寒い奴やん・・・


まあわてくしの地元は長野なので、冬になると猫も杓子もスキースノーボードで
まあ物心ついたころからスキーをやらされ、思春期にスノーボードと非行を覚えるのが
通過儀礼というか。

そんな中で大学1年から続けているのが、アルペンボード

ん?

オフトレじゃないって?
いやいやいやマジで思うんだけどアルペンボードやってるとバイクとの共通点の多さに
びびるんですよ。

まずグリップという考え方。ボードの世界にもエッジグリップという考え方がありまして
振動吸収のためにメタル素材とかなんとか組み合わせて(ショックユニットとダンパーですね)これを
高めたり不要な振動を吸収したり、ハイスピードのボードはやっぱり硬くてこれもバイクといっしょやね。

また外足荷重よろしく雪面の接地点に対して重心を上に持っていきエッジをおさえつけるアンギュレーション。

フロント荷重で旋回開始→50:50 →リアで抜けて~なんてまさに日光6コーナー

ターン中は手が雪面をドラッグしバランスとるなんて、膝擦りみたいやね。


じゃあなんでフリースタイル(スノボーダーの9割以上はこれ。ソフトブーツで両側で滑れるやつ)
じゃなくてアルペンか。

スピードです。

やっぱりこれもスピード感と恐怖感の比がバイクと一緒なんですよなぜか。これやっぱりスピード感がボケないことってオフトレでも重要じゃないかなどうかな。

そんなわけで丸沼高原にてストイックにオフトレです。


ひとつだけ、バイクより優れている点。  こけてもハイ何万円~ ってことはないね
でも、こけ方によってはバイクより痛いぞ!

DSC_0293.jpg




前のページ全記事一覧次のページ

profile

魚屋本舗STO 

Author:魚屋本舗STO 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)