| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

もひさんのTaste of Tsukuba20180519

AM06:00 筑波 雨

S「現着現着」
tarawoさん「・・現地の天気を報告せよ」
S「雨は止んでますがウェット、そちらの状況は・・・」
tarawoさん「千葉」



千wwww葉www ことしからテイストオブチバでしたっけ

そうこうしている間にまた雨



S「そこそこ降雨」
tarawoさん「ついたらレイン履き替え要」





例)ミシンを使わずに、手で縫うことこそが愛情の表れ
例)お弁当へも冷凍食品を使わない


などと同様の理由により、もひさんのバイクにはタイヤ交換の際のビード落としに
ビードブレーカーを使う事を厳格に禁じているんですが。

しかし、2年(?)前のレインタイヤのビードはリムに強固に張り付いており、
レバーではなかなか落ちません。
まぁ苦戦しているもひさんですが・・・

周り「大丈夫ですか、硬いですか」
もひさん「ははは、最高のウォーミングアップだなぁ」
周り「・・・」

最終的にKONJOで落としたのですが、KONJOを使っても結構硬かったです。 
ちなみにKONJOとはレバーが付いてて支点力点作用点の仕組みを使ってビードを落とす道具です。


多難の波は留まるところを知らず、今度はビードが上がりません。
ホイールの内壁にかからずに空気が抜けちゃうんですよね。
あれ、こここれは、tarawoさんのNS-1の・・・
悪夢の記憶がちらつき、爆発ビード上げフラグかと思いましたが、3人がかりで漸く空気が入り出しました。
あそこで爆発ビード上げをすると、きっとデキンになります。

硬いビード/虫付きのバルブ/ゆっくりと入る空気・・・・コワイコワイ

20180519tot1.jpg


そうこうしている間にも空は晴れてきて、なんか心理戦みたいになっている。

201805191.jpg

ニューギア サインボードを掲げるtarawoさん
201805192.jpg

出走中のライダーへA2、C2枠を買い取ることを高らかに宣言しています。
ではなくて、偶数周と奇数周で”気合”と"根性”をてれこで表示しています。
※この位置でもちゃんと見えるみたいですね

WET→DRYのちょうど間みたいなタイミングでの予選なせいで順位の入れ替わりが激しいですね。



2018051903.jpg
何かと思ったら米です。

コース上の米を拾い上げて戻ってきた様です。
なんと、驚くことに、炊きあがっております。
予選中にコース上でバイクに乗りながら、おにぎりでも食べたのでしょうか。
それとも雨とタイヤの熱で炊きあがったのでしょうか。

この速度域でも振り落とされない粘りはきっとユメピリカです。


GL400で出走のアルプスさんピットクルーのたなます師は・・・
おそらくですが、師が住む地域にはケバブという文化が無いので、初めて見たケバブに大興奮!
ので、師たっての希望でみんなでケバブに並びます。
大行列でしたが、あのボリューム・クオリティーで500円はナイスですね。大行列も納得




久々にバイクに触ったため、(それこそ去年のテイスト以来)とか
→S「リアタイヤのアクスルシャフトがはいらねぇなぁ、なんだなんだこの●●●●(自主規制)・・・気合いじゃ!うりうり!!」
→もひさん「それ逆」
→S「っは!」

とかあとは変な比率の燃料作るとか、考えてみれば当たり前のことが結構抜けててなんかバイク離れを感じました。
いかんです


前からTARAWOさんともひさんに
も「ラジエターの水が茶色いのは仕様」
も「というか元から」
T「N●PS足立店には知る人ぞ知る茶色い精製水が売ってる」
S「そうなんだ(^-^)」

と聞いていたので特に気にしておりませんでしたが、
ASANO弟さんがラジエターキャップを取った瞬間固まり「こっ、っこれは!?」からの
ラジエターの内壁が温泉宿の源泉が流れてくる硫黄がびっしりのパイプみたいになっているのをみてまぁ関係者一同大盛り上がり!
たなます師心の声「おらっちもう黒たまご作っちゃうぞ~」

もひさんのバイクのラジエター内壁イメージ(洗浄前)
20180519TOTONSEN.jpg
※写真をとりわすれるとこうなる

一回LLCで洗うと綺麗になるということで、急遽調達した洗浄剤とLLCでクリーンナップしたら外壁の源泉硫黄成分が結構しっかり落ちたので今度自分のバイクもやろうと思いました。
「ははは~・・」(一緒になって笑っていましたが、自分のバイクもどうなってるかわからねぇ!)


20180519tot8.jpg

バイクのポジションについて語らうASANO弟さんと愉快なNIKKO勢


20180519tot4.jpg
20180519tot5.jpg
20180519tot6.jpg
20180519tot7.jpg



決勝は、すべてのライダーにドラマがあった感じで見て居る方としては目の離せないレースで盛り上がりましたね。
もひさんご本人もココ最近で最も楽しかったとのことなので何より何よりです。

まぁこうなると・・・

必然的に・・・

バイク乗りたい

よなんて 言わないよ絶対・・ウググ


20180519tot2.jpg
以上

前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

心の日記20180518




高校生のころ、ジャスコ(イオングループ)でぼんたん狩りにあったことがあるんですけど。

なんか前歯がぼろぼろで明らかにアンパンきめてそうなやばい二人組に

「あんちゃんそれぼんたん?」
「いえ どかんです。」
「っそ」

で終わったので、やっぱ狩る側にもこだわりが有るんだなぁとおもいました。

まぁぼんたんだったんですが、ギリセーフでした。

ということを思い出しましたので忘れないうちに書いておきます。

以上


ではなくて、何となくワンオクのCDを買い、車のナビに入れたところら楽曲情報が・・・

20180518NAVI.jpg


歌手も曲名も何一つあってません。
なんでしょうか。音域がにてるんですかね。

わからないならわからないって言って欲しいです。




以上

前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

NSR250の再販部品が届いた!





2017年8月末に受注受付を終了したNSR250の再販部品ですが、漸く届きました。



nsrparts20180512.jpg

インシュレーターとクラッチのアウター 各2pcs

リプレイス品で出なさそうな2点を選んだわけですが、そんな物なので結構お値段びっくりです。

もともと当該再生産部品は、受注を受け付けた後、基準数を満たした物だけ再生産するとのことでした。

一度サービス供給を打ち切った部品を、再生産するための型投資が発生するので設定数を決めて償却費をONして見積もっているのでしょう。

なので、まぁ特にインシュレーターなんかびっくりするぐらい高いんですよね。

その設定数を受注数が超えればGO、超えなければキャンセルと言う感じなら、まぁおそらく妥当な金額なんだとおもいますが。

8月末に頼んで、どうなったかな~と気にしていたのですが、無事、再生産になって手元に届きました。

が、再生産するかわからないと言っていたので先払いはしておらず、代引きにしていたため突然の出費となり大撃沈。

鼻血も出ない赤貧状態になったわけです。

セキヒン  ・・ なんかユーチューバ-みたいに聞こえる  サイキン ん 細菌?



バイクに乗らない今年は、代替となるお金のかからない趣味を探さねばなりません。

あんだ?
心霊スポットブログフラグですか?(地味にやりたい)

前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

GREX DNAプレート 改


卓上ボール盤を卓上フライス盤にするその1
卓上ボール盤を卓上フライス盤にするその2

の記事で加工したものですが、

フライス加工なんて言うから

バイクブログかと思いきや・・


20180506grex.jpg

はい、スノーボード用のプレートです。

バイクは~ おあずけ~
・・スペアエンジンをゆっくりOHするブログでも始めましょうか。


GREXのDNAプレートですが、
明らかに「足下だけがすげー硬くなる」状態で
どう考えてもアルミ板が邪魔な雰囲気です。

一方ACTIVE PRO のFREE CARVEモデルは、
アルミの天板が無くても凄い素直で全体がしっかりするんですねー。

DNAプレートがハシボーなので、いっその事天板抜きの
プレートにしてしまおうという魂胆です。

DNAプレートの遺伝子組み換えです。

20180506grex dna
座繰りをした面に、

ACTIVE PROのプレートのビンディングを付ける金属パーツを載せます。
20180506grexactivepro.jpg
※良い長さの皿ネジが2本しかなかった

金属パーツの厚みが4mmで座繰りも4mmなので面一です。おー



両サイドに余裕があるのは、前後位置への調整シロをもたせるためです。



ビンディングを載せると

20180507f2bin.jpg

こんな感じです。
別に、ビンディングではさんで
一本のネジで止めちゃってもよかったかも知れませんが、
板側の負担を考えるとこちらの方がいいですね。
もちろん天板付きにももどせますよ(絶対しないとおもいますが)

綺麗にできたので満足です。



これでいまいちならもうメルカリドナドナですね。

前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

卓上ボール盤を卓上フライス盤にするその2


麻生太郎財務大臣がスーツのズボンのすそに鉛を入れて、シルエットがきれいに見える様にしている
というニュースを見たポン酢さんが、「そんなことに気をつかってないでもっと発言に気を遣え」と言っていました。

ここに・・・

ball20180401.jpg
ボール盤がありますね。
大学生時代に下宿のアパートで使っていたものです。
今でも実家では何かと大活躍です。




crosstable20180401.jpg
どーん

クロステーブルを載せました。
明らかな大陸系クロステーブルでしたがハンドルの動きはスムースでストレスなく動きそうです。

加工するものですが、このジュラコンの部品です。
dnaplate20180401.jpg
けがきした部分を4mmざぐりたいのですが。


エンドミルをチャックにセットしいざ。
huraisu20180401.jpg
ゴーーーーーンと言いながら小気味良く削れて行きます。

しかし。

kakou120180401.jpg

汚い・・・

回転数が高く、送り速度も速くしてしまい、切削面が溶けました。
削る量も多くしすぎたせいでボール盤側の剛性が負け、立て壁もガタガタですね。

回転数を下げ、といってもボール盤なのでベルトのかかっている位置を替えただけですが、
あとはもう少し慎重に歯を送り、

kakou220180401.jpg

こちらはまぁまぁ

ちなみに大き目のエンドミルで縦になでると
20180401sessaku.jpg
こんな感じです


やってみてですが、
アルミぐらいでも細かく送れば簡単な加工ぐらいはいけそう(逃げ加工とか)ですが、
寸法公差の厳しい機能部位(キャリパーサポート、ホイールのカラーとか)はちょっと無理っぽいですね。
剛性が足りないですし、クロステーブルももっと繊細に動かないとだめです。
そんなのに耐えれるレベルまでボール盤を改造するなら、きっと10万以下でもフライス盤を買った方が安上がりでしょう。

あとエンドミルで加工すると切り子が粉粒みたいにばらばらになるので掃除が大変でした。

前のページ全記事一覧次のページ

profile

さ○とー(魚屋本舗STO) 

Author:さ○とー(魚屋本舗STO) 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
form
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

rss
qrcode
QRコード
copyright
Author by さ○とー(魚屋本舗STO) 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)