| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

UPZ ソフトタン

なんとなくyoutubeみてましたら

!!!

UPZ SOFTTAN

ほれほれ海外にも同じことやっとる人おるで

※UPZ RC-10 前足ソフトタン リアミディアムタン
板はSGですね

ししししw  RCR? 知らない子ですね。


前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

F2 RACE TITANIUM 考

-去年
・フロント:トーUP15mm カント3° リア:ヒールUP15mm カント3°
・ブーツのフォワードリーン 両足:+1(標準から1ノッチ前傾)


で滑り続けてたわけですが、滑れるけど前足が痛くなる状況(特に緩斜面)


で、今シーズン事故的に前足のフォワードリーンが:0になっていた時、滑りづらいけど前足が痛く無らないという謎現象。
それから毎回セッティングをこねくり回してたわけですが。


先日トライしたセッティングがとてもナイスな感じでした。

・フロント:トーUP9mm(自作) カント1.5°(自作) リア:ヒールUP15mm カント1.5°(自作) ※自作祭り
・ブーツのフォワードリーン  前足:0 後ろ足:+1(前傾方向)

結果として前足はわずかに起こし気味、その分腰が窮屈になってしまって上下運動がしにくくなってしまったのでカントを抜いて腰の居住地を確保した形です。


痛くもないし滑ってて変じゃないし急斜面でも違和感はあまり感じず、フロントサイドバックサイドも良いバランス。

特に今までトライしたセットは、平地で構えるといいけど、乗っていると駄目 とか、 乗っているとだんだん良くなるとか 斜面によってとか・・ そういうのがこのセッティングにはなく、どこでも80点な感じです。



この日は朝から固めで昼過ぎからアイシーなカリカリバーンになり出しましたが、それでもコントロール性が上がったお陰か結構楽しめました。

あと、前足ソフトタン、リアミディアムタンで乗ってみて、これもまたとても乗りやすくてびっくりしました。
F2みたいな後ろ乗りで、荷重する比率が違うならこういうことも有りなんじゃあないんですかね。

DSCN3790.jpg

見た目がアレですが・・・なんか3人いるみたいですね。




ちなみに1.5°の自作カントは、3°のカントを半分にぶった切って位置を変えるという暴力的な手抜き工事です。

DSCN2621.jpg
DSCN3800.jpg


変な力がかかりそうですが、そもそもカントパーツが薄いのでまぁ問題無さそうです。




ちなみにこの日は、コース端の地形を使ってコース上から姿を消すという、己の限界を超えないと出来ない超高難易度のグランドトリックを成功させました。
リフトの上で指差して笑ってたやつ、覚えとけよ(泣)






前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

ブーツ考



とうとうバイクブログかと思われたでしょうが,違います。

私はアルペンボード用のハードブーツを2組持っております。



UPZRC10SOFT

UPZのRC10とUPZのRC10です。ブフっ


その前はDEELUXEのLEMANを使ってましたが売りました。
売った理由は極貧時代に安さと引き替えにワンサイズ下のやつを買ったためです我慢して使ってたのですが明らかにつま先が曲がってました。

なんで同じのが二つかという問題ですが、14-15モデルのオレンジを買ったあとで、15-16モデルが出て、蛍光イエローのかっこよさが異常だったのでまた買ってしまったというわけです。
極貧時代の反動ですね。

~以下大分前にやったこと~
これだと全く同じになってしまうので、(15-16ではバックル等々かなり変更が入ってますが、乗り味の違いは僕にはわかりませんでした)オレンジの方を少し柔らかめ仕様にしたいということでですね。

DSCN2736.jpg
赤タンです。(標準:黒タン・・ミディアム )
赤タンはソフトですが、届いてビックり、グニャグニャです。 スマホケースみたいです。

ビスを二つとってさくっと交換してオッケーバブリーかと思いきや ・・・ 思いきや


DSCN2746.jpg
ビス裏のナットが供回りして全く外せません。
仕方無くアッパーカフを外し、裏からバイスプライヤーで握りまくって漸く外れました。 
結構樹脂側もぼろくなってしまったので二度目の交換は無いでしょう。ブーツいじりの嫌いなところはこういう所です。

 

UPZRC10.jpg

こうなりますね。

乗り感ですが、グニャグニャタンのお陰でかなり前方向が柔らかです。 
ただ奥のコシが無くなります。  
何度かこれで乗りましたが、どちらがいいかと言うと難しいですね。 
今度はフロントソフト、リアミディアムで乗ってみようと思います。

スパコルみたいですね笑

前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

お父さんとしての体力を養う雪上トレーニング

こんにちは旧さ○とーです。

ご報告となりますが ニューさ○とー(命名:tarawoさん)が出て来ました。


これ二人目出て来たら旧々さ○とーとかになって吹上トンネルみたいですね。

予定日よりも17日も早いくせに3400グラムもあって、なんだか拍子抜けしばたばたしております。ちなみにメンズです。



そしてその翌週・・・

気が滅入って居るヨメポンをご実家に残し、行って来ました。

”お父さんとしての体力を養う雪上トレーニング”です。(こういうの本当にカチンとくるらしいです遊びなら遊びといってもらったほうがよっぽど気持ちが良いらしいです)


朝のPAでこの記事をみて、ついすたーさんがツイスターを脱いだ!?とびっくりしまいしたがさすがの行動力ですねやることが早いです。

どら七さん、ついすたーさん、僕でまぁえきっぷ三銃士になったわけですが、誰が先にWCに手をだすのか、はたまたSGに寝返るのはだれなのか・・・


二人で慣れない板に乗るの図

DSCN3766.jpg

SG FULL CARVE 163 (右)

この一回乗ったっきり何だかなぁで一度も乗ってなかったSG FULLCARVE 足も慣れて来たところでもう一度試してみようかと・・

センターハウスでビンを付け替えていたら、F2のGS板乗る方も隣で調整をされておりお話ができ、数本一緒に滑っていただきました。
毎回いらっしゃるし乗り方が綺麗なので気になっていましたが、やっぱり教える側の方でした。

なんでもSGとF2は全く乗り方が違くて、F2みたいに後ろ足だけに乗っていると全く曲がらないのだとか。
それにSGとOGASAKAは似ているらしいです。

乗る前に、前に前に体重を掛けていくことが必要との助言をいただきました。


を試してみたのですが、確かにそういう意識でいると乗れます。 
確かに曲がります。
ノーズがやわらかくて前に体重をかけるのが怖いですが、かけていくとちゃんと曲がります。
ただ、なんか、いろいろ考えましたが、F2 equipeに慣れてしまった自分には公正なレビューができなさそうですね。
違いはというと曲がるか曲げるというか・・・ 板を信じるか自分を信じるかというか・・・

乗り方次第では同じ事ができるんだろうけど、今の僕が純粋に楽しいのはF2というところに落ち着きました。


という話をついすたーさんにしたら、基礎とか技術的な点ではSGは”僕の聞いたことが正しければ”セオリーに忠実らしく、かなり関心を持ってました。

車にのせっぱにしますので今度乗ってみてください。なんなら貸しときます。
僕は、きっとこの板に乗ることはもう無いであろうから・・・(最後はセンターハウスに忘れていくところだった・・) 

あ、多分FULLCARVE の方が柔らかいです。
ノーズはさらに柔らかです。
そしてF2より軽いです。
なのに最大荷重点でのグリップ(ふんばり?)感はF2に負けず劣らずなのでそこはすげーです。


リフトが動くのを待って、リフトが止まるまで滑って、 最高ですね。

前のページ全記事一覧次のページ

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

The cult69 @ 菅平パインビーク

ネタにさせてもらったので菅平パインビークにきたわけですが。

omatsuyama.jpg


予想に反して新雪がつもっています。
equipe162で出ていったのですが朝一はよかったもののすぐにバホバホのギャップで飛ぶゲレンデになっちゃいまして泣きました。

とうとう、とうとうきたか。

the cult 169

cult69です。

悪雪対策として買ったまま乗らずにいましたがついにです。

このカルトですがまぁ柔らかいですしフリースタイルみたいな板なのですが、切って行けます万能最高彼女ができましたとの触れ込み。
オカルトカルト

あれどっかで聞いたことありますね。
そうですこの前やられたfullcarveと同じメーカーですガクブル

とりあえずビンディングのセットは変えずアングルだけ-10°にして45-40で出走

結果
!!!

いやすごい多少のギャップものともしないですし、くそ楽しいのですが。


このゲレンデには今の人生の中で滑った中で最もお気に入りのホワイトピーク下部というバーンが有り狙ったような中斜度の一枚なので反復練習が楽しいんですよね。

ホワイトピーク上部は未圧雪なのですが、この日はその上部と見分けがつかないくらい荒れてしまい、朝には数名いたアルペンボーダーが見当たらなくなった頃でもこの板は僕を楽しませてくれました。

あのー…エキップとカルト両方池に落として、あなたの落としたのは?ってきかれたらカルトですって言っちゃうなぁ。
そんであなたは正直ですねカルトではなくフルカーブを持っていきなさい…

この日は、はよ帰らな怒られるdayだったので3時ころ撤収したのですが、なんだか物足りない感じです。エキップなら11時でしたよ多分。


ゲレンデに一枚しか板を持っていけない法律ができたらカルトを選ぶと思います。

前のページ全記事一覧次のページ

profile

さ○とー(魚屋本舗STO) 

Author:さ○とー(魚屋本舗STO) 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
Author by さ○とー(魚屋本舗STO) 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)