旧エンジン 腰上をあけてみたら・・

さ○とー

funtwoのカノンロックが世に出てから 様々な人がカバー アレンジ してますが
テクニックはともかく音作りでは彼を凌駕した人はいない気がします。 
って思うのは私だけ?

さてさて 今日はバイト終わりで 8の字練習場所探しに 逝ってきました。
見つかりませんでした

前膝擦った墓地もなんかあんま・・って感じなんですよね。。

朝行きゃいいんだろうけど
 近くにでかい道も通ってるんで 白馬の王子様も出没しそうだし
なによりこの前その近くを通ったら 白黒のかっちょいい車が その墓地の駐車場に止まってたし。。。

なんか さらなるベストポジションが欲しいです

さてさて 
なんか今日は暇だったので 私をレッカー送りにしたあのエンジンをあけてみました

CIMG3034.jpg
御開帳
カーボンたまりまくりCIMG3036.jpg
排気側
左から 2、1、3、4番 
CIMG3037.jpg
二番以外スカッフィングの嵐です 
というか2番もちょっと来てる?

CIMG3042.jpg
反対側
こちらも なぜかスカッフィングが見られます
特に4番
CIMG3046.jpg
一瞬焼けつき ヒビが入ったのでしょうか

これを観て私は確信しました。
これ俺が中央道でやった奴じゃねーナ確実に!
だって 中央道でいきなり減速し出した時は 一瞬タイヤロックみたいなこともなかったし
あーあ 俺はこんなピストンで中央道入って行ったのか 馬鹿だなおい

でも これでも一時期は綺麗に吹け上がっていたのです 
おかしいですね

トーテムピストン
CIMG3047.jpg




スポンサーサイト
Posted byさ○とー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply