車載動画をWG-M1で撮る

さ○とー

以前、車載を撮るためにMUS●N MC2というアクションカメラを買ったのですが、4/2 PRIDE KINGの決勝で壊れました。ホーリーシット。

動画が撮れて無いとわかった時のショックたるや。
もうディズニーランドのお土産を舞浜駅に一式忘れて来たぐらいな感じでしょう。
そんなとき、家に帰って異国感も抜けぬままにこう言うでしょう。
「ホーリーシット」

電源は付くけど、途中で録画が止まったり、また勝手に撮り出したりと、奇行が止まらないMC2であります。

それ以来、もうなんかイヤになり車載を撮ってはいませんでした。

そう、のりはしさんから「できるだけデータは蓄積すべし」とのアドバイスを頂くまでは。

影響されやすい私ですので、すぐさま代替のアクションカメラを探しました。

信頼性があり、そこそこ高画質で、お値段も安いもの。

○RICOH WG-01
キャプチャ
これいいじゃないの。


とか言って、なんか自力で見つけ出したみたいに書いてますが、MC28@今年は忙しいさんが使ってて、使いやすそうで画質も良かったので右にならえです。

AMAZONで中古品を購入しましたが、新古扱いで価格も良心的なのでした。

早速取り付け。

前のMUS●N用のマウントがすごい粘着力でくっついていて全然はがれなかったので、タイヤレバーやらでゴイゴイやって力技で外しました。
ホーリーシット。
両面テープだけは一級品の様です。

WG-M1用のマウントを取り付けます。
DSCN3034.jpg
ご覧の通り私のmc21はトップブリッジがmc28です。
理由?鍵穴が無いスマートなトップブリッジに憧れた時期があなたにもあるはずです。

写真取り忘れましたが、前後の長穴にタイラップ通す形で、トップブリッジとマウントを固定すると、両面+タイラップで絶対安心マウントができあがります。

これなら、もしハイサイドでマシンが大破して、隕石が落下し、山が崩れ川に流れ込んですべての物がこの世から消滅しても、絶対にトップブリッジからマウントが剥がれることはありません。
(なんか仮定法の例文みたい)

雲台+本体を載せ、これに命綱?リーシュコード?をつけるとこんな感じ。
DSCN3039.jpg
命綱は絶対つけた方が良いでしょう。
走行中振動で雲台のボルトが緩んで本体が飛んでってしまい、後ろのSSの直撃し、さらに後ろから来たネイキッドに轢かれ、マーシャルから諭されるところまでの衝撃映像が撮れてしまいます。

冗談抜きでコースへの落下物は大変危険です。

さて撮り感はとても良い感じです。

サンプル動画でもあげたいのですが、ただいまMOVファイルと格闘しております・・・

出力ファイルがMP4とかの方が扱い易いんですかね。
(次に書くであろう日光スポ走記事に載せたい)

こういった物はある程度信頼できるメーカーか、ものすごーく安いやつのどちらかにした方が良いですね。

すごく安いわけでもないけどそんなに高くもない製品は、壊れやすさと購入価格の比から求められる「ホーリーシット係数」が最も高いと思われます。
スポンサーサイト
Posted byさ○とー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply