ブログトップ > NSR250・桶川 > 桶川スポーツランド 2回目

桶川スポーツランド 2回目

余談_________________

僕の第2の趣味ですが、youtubeで他人の走行動画に見切れる自分を探す

があります
たとえばこんなの・・日光のつま先進入です  (どなたかわかりませんがお借りします)キャプチャ11




なんですってきめーナルシストですって



まあそういうこともあるのですが、
なにより客観的に見え、課題抽出になるんです。

まあ毎回思うのが、バイク寝てないな、ということ。



たぶんもっと倒してコーナリングスピードを上げることが次なる課題だと見定めたわけでございます。



もっとエッジにのる、エッジ付近でのマシンコントロールを覚えるということに重点を置き

練習をしたいなーと。

いままでなんか目標というかタイムを出す!とかいうざっくりした目標しか設定しておりませんでしたが

初めてこういう気分になったのでした。

来年から日チャレに出たい(弱気ですがあくまで出たい。です 出るぞ!までまだこれておりません・・)

と思っているからには ある程度課題をしぼって練習せねばなりませんのよ


本題___________________________________

・・・なのですが、あまりにも日光サーキットの練習日が少なく・・・うーむと


これは桶川に行くしか選択肢が無いのですが、二の足を踏んでおりました。

なぜなら前回初めて桶川行った時あまりにもストップアンドゴー&細かいコーナーに度肝を抜かれ

しかもそんなコースにバイクが犇めきあい(だれかがこれはタイランドだかベトナムだかと言っていましたが)

いろいろと精神的にくしゃくしゃになりながら帰ってきたのでありました・・

そのためたとえ練習であれ桶川は・・・となっていたのであります。


なので前日金曜日:仕事が早くおわったら桶川に行くと決めていたのです。
※金曜の仕事が遅くなるとどうしても土曜は寝ていたくなっちゃうので・・


結果------------------------------------

定時ちょいすぎで仕事がおわり、晴れて桶川です・・・・


当日走行まで--------------------------------


このまえ日光で逆ばきにしたタイヤをまた逆ばきします。

ほぼおいしいところを使い切ったⅤ2でもより山がある方を左側にします・・
貧乏暇なし

それと前回14-45で少しロングだったため13-45にします。
あー朝から疲れる・・
DSCN2119.jpg


あとタイヤウォーマー
夏場はあまり使わないのですがおいしいところの終わったタイヤへは無理やり熱を入れます。DSCN2121.jpg


走行--------------------------------


桶川のタイムスケジュールはミニ初中級15分上級15分ビックバイク初中級15分上級15分

ビックバイクは47秒が閾値なのですが、わてくしのZIIXがなぜか動かず自分が何秒かわからないので初中級で走ります。

まあ間違いなく切っていないのでもーまんたいです  んもーまんたいっ

前回にくらべ、ファイナルの変更がきいたのか非常にいいかんじ。

しっかり倒しメリハリをつけて走ることを意識します。



きっちり倒し、外足を踏ん張り、エッジの接地感を感じる・・・・
きっちり倒し、外足を踏ん張り、エッジの接地感を感じる・・・・
きっちり倒し、外足を踏ん張り、エッジの接地感を感じる・・・・


むむ

ここであることに気付きます。

左側は右回りに比べて格段に接地感を感じやすい。



なんというか左回りの場合外足(右足の)ひざ、ステップ、腰の3角形と 左膝の接地点で

エッジをホールドしているような錯覚になります。

この時多少滑ってもなんともなくアクセルを開けてられるのです。  そして何より前後のエッジの接地感・・・


一方右側はというと・・




・・・・・



倒して膝擦ってあとはコケないよう神に祈るのみ




いや本当にこんなにも感覚がちがうのかと。




もともと左が得意で(大抵の人は左回りが得意みたいですが)

大学生のころに膝すりの練習を始めたときも(あの駐車場とかで円かくやつね)左が先だったんですよ。

それで左が擦れたあとでも、いやいやこれを右側で再現しろっつっても無理っしょつんだ wぅうぇーいwww



それから40年(ウソ)




日光・トミンと右回りのサーキットばかりを走っており、完全に左右の差は克服できたなうぇーいwwわんちゃんうぇーい



だったのですが、どうやら全然だったようです。


そう。次の課題が見えました。

課題「右回りで左足の付け根で接地感を感じ取れ!!」


おそらく人間は利き足に荷重する生き物なんです。

だから気をつけ!休め! するとき僕はいつも右足で体を支えてます。

なので右足荷重の左回りは踏ん張りやすくまた右足での接地感を感じ取りやすいんです。


開けるにも倒すにも止まるにも接地感が無いと怖くてできませんから、

ぼくにはもっともっと初歩的なことが必要な様です。



覚え--------------------------------


タイム計測が無いと、冷静にライディングを見つめなおせる

スポンサーサイト

<<日光サーキットスポーツ走行0926 全記事一覧フォーク突き出しへの道2>>

コメント

コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://spiritsh400.blog20.fc2.com/tb.php/146-c514ef8d

profile

さ○とー(魚屋本舗STO) 

Author:さ○とー(魚屋本舗STO) 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
Author by さ○とー(魚屋本舗STO) 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)