フォーク突き出しへの道2

さ○とー

さーやってまいりました まったく人気のないブログ!
(リスタートしたばかりで当然か、検索エンジンにもまだ出てこないし)

それを逆手にとってあんまり自信のないことでも気にせず書きます!


前記事で書いた
今よりプリロードを掛けて、その分フォークを突き出せば
乗車時のディメンション(乗り味)は変わらない! 
と判断した頭の中を図解します。

いやおかしい、そんなはずはない。
義務教育からやりなおせ! という意見がありましたら早急に教えてください。

なぜならまだ突き出しをしていないので、後戻りはできます!

※尚登場人物のメタル●ライムさんはドラゴンクエストとは全く関係の無い、
メタフィジカルで超ポストモダンな存在です。
ですのでドラクエに登場するあれがはたして装備重量60kgなのかはしりません。



キャプチャ1
キャプチャ2
キャプチャ3
キャプチャ4
キャプチャ5
キャプチャ6

ちなみに上記図には誤りというかおかしな点があります。

まず、メタル●ライムさんが乗車したバイクのフロントフォークが20cm縮んでいるような表記がありますが
実際には前後、およびフロントフォーク左右で体重は分散されるため20cmは縮みません。
※わかりやすさを重視しました。

次に乗り味が変わらないとの記載がありますが
厳密にいうと、インナーパイプがアウターパイプに入っている量がかわるため剛性が若干かわります。
でも数センチの入り量の剛性感がわかるような全身これセンサーな人はいないかとおもいますので
あえて変わらないといいます。
また、乗り味がかわらないのはあくまでタイヤが設置しサスがのびきっていない状態です。
たとえば、コーナーの立ち上がりでリア荷重になった際、今までしなかったフロントがリフトしだすということが
あるはずです。(伸びきった状態のフォークの全長は変わるため)
この場合は突き出しではなくやはりリアプリロードでコントロールするべきです。


キャプチャ
※メタ●スライムさん
体重:60kg
身長:約15cm
=BMI:2666


結論

BMIは経験値
スポンサーサイト
Posted byさ○とー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply