フォーク突き出しへの道

さ○とー


我がNSR250 ですが、日光サーキットセッティングとしては現在フロントのプリロードが全抜きの状態です。

でもまだ一次旋回のフロントの入りが欲しい気がしてしまいます。

このためにこれ以上キャスター角を減らすためにはリアのプリロードを掛けて乗車時の姿勢を前のめりに

するという選択肢しかありません。

しかしながら、リアのプリロードを掛けるのはあまりやりたくありません。

それは前の記事でも書いた様に動き出す付近での柔らかさが損なわれるからです。


そう。そうするとおのずと答えが出てきます。


・・・


そう

突き出しです うわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ

完成車メーカーが血と汗を流し、導きだしたディメンションを一瞬でぬぐい去る


伝家の宝刀 フォークの突き出し 



そうなのです。 こういうことって非常に抵抗があるんですよ。

いや基本的にプリロードや減衰は調整としての機構が与えられているためあまり抵抗なく行えるのですが

突き出しとか、サス/リンクの全長変更とかこういうことってさーね。

ちゃんとわかっている人間が確信のもとに行う行為だという認識があり、かなりの抵抗があります。


これのせいで前回の日光では突き出したかったのですがやめました。

プリロードみたいに簡単に変えられるものではないため、突き出しが標準となってしまい自分の中のモノサシが狂うことを

恐れたためです。

※なんかくすりとか覚せい剤を使ったが最後みたいな感覚だとおもってください。


それで1、2晩考えましたが。

考えに考えそしてひらめきました。



プリロード掛けてその分突き出せば乗車姿勢は現状維持できるじゃん!

そこからまたプリロードを抜いていけば突き出しの効果を確認することもできるじゃん!


何を言いたいかはまた次回図解します。

以上










スポンサーサイト
Posted byさ○とー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply