ブログトップ > アーカイブ - 2017年05月

チーム名に関する考察3




禁酒法の時代から生きてらっしゃるたなます師が、当局の目を欺くため酒で動くNS-1を作ったそうな。

なんでも燃料にビールを使うことで、誰もこんなところに密造酒が入っているなんて疑わないしタンクのコックをひねればビールが飲めたそうな。

喜んだ師は「酒Powerレーシング」って名前でレースまでやっておおいに盛り上がったそうな。

・・・これがNASCARのルーツとなったのじゃ、めでたしめでたし。
※全部ウソです。

そんなたなます師が、なにやら私のチーム名を考えて下さったそうなのです。

青字たなます師おBLOGからの抜粋


-僕とtarawoさんとおよねさんでね、sai10くんのチーム名考えたんスよ。そりゃあもう悩みに悩んで・・・・


なんとこんな、何処の馬の骨だかも分からないワタクシメのためにわざわざチーム名を考えてくださったんですね?

なんと皆様あたたかいのでしょうか。

それもお三方で悩みに悩んでなんて、なんとお礼をしていいのやら。

私一人で無い頭をひねるより、お三方の文殊の知恵ですばらしいチーム名が生まれることでしょう。

人生の先輩であらせられる皆様が頭を悩ませご検討いただいたチーム名であれば、どのような物でもありがたく使わせていただきたく存じます。



-で考えた案がこの↓です。

ふむふむ

-案1:モーガン斎○ヘンドリックスレーシング

ん?

-案2:チーム・バンビーノ左側。

んん?

-案3:ジミー柳楽レーシング

ぱっかーん!

-案4:もう考えるの面倒だから「すーぱーたまちゃん」で良くね?( ¯−¯ ) y-~~プカー(一同合意)


まってーな! かーちゃんまってーな!ーーって、なにタバコ吸っとんじゃい!




どーせあれでしょー 3時のおやつの時間に落花生でもポリポリ食べながら、

-A「タマサイなんて、ミッキーも海もあれへん、ゆーてもサツマイモぐらいやのにうちんとこえらいなめてはりますやっしゃ」

-B「ほんまやで、ゆーたらミッキーどころかドブネズミぐらいがせいぜいやで ぐへへへ」

-B「そうや、タマサイにえらいなめた奴おったやろ?」

-C「あれやろ、チーム名が決まらん決まらんゆーてえらいうるさいやっちゃろ」

-A「男のくせしてえらい優柔不断やなぁ」

-B「ほならうちらで適当ななまえつけといたろかー」

(・・・標準語ではうまくニュアンスが出なかったので、便宜上、関西弁を使わせていただいております)

とか言いながら、正味1分位で適当に考えたやつですねこれ

なにせ、「そりゃもう悩みに悩んで・・・」って割にもう4案で「もう考えるの面倒」て口に出ちゃってますやん!
(・・・なぜかこちらまで関西弁になってしまったのでここで標準語に切り変えます)


第3案までの共通点ですが、これはおらく前回のブリバリジャンボリー記事に記載した、かつて私が似ていると言われた著名人と思われます。

それらをピーナッツを食べながら、適当にごちゃ混ぜにしただけですやん
(・・・いけません関西弁が抜け切りません)



バンビーノの左側なんて言っても、あれは多分絶対的な位置関係じゃないので、写真が無いともはやどちらかわかりませんし、ジミー柳楽なんて・・なんだかもう全く関係の無い「ジミー大西」風情まで出てきてしまってて手の付けようがありません…両方の事務所から訴えられそうです

モーガン斎○ヘンドリックスレーシングに至っては、まぁずいぶん大層な名前ですが、いつの間にか大事な私の名字がミドルネームみたいに真ん中に適当に押し込められていて、もう雑…


なんだかもうよくわからないごった煮状態で、なんとも自由奔放な作品の数々となっております。



そもそも似てる人をチーム名にするなら、あの方もロッチ○岡レーシングにしていただかなくては私は納得しません!



やられっぱなしでは納得がいきませんから、"アンサー"チーム名を考えましたのでご査収ください。

-♯99里浜レーシング
-柏レプソル
-1位に成田山
-浦安ケッチン家族
-チーム・ビードワックスはピーナッツバター

ほらほら雑でしょう。

以上、ネタでした。
追記:すごいマジ感が出てしまってますが、これはネタです、これはネタです、怒ってませんむしろ怒らないで下さい…
(大先輩の皆様ネタのご提供誠に有り難うございます。また内容について度重なるご無礼大変失礼いたしました。特に、も○様、関係無いのに思わぬ飛び火となってしまい、重ね重ねお詫び申し上げます。)


◆注釈◆
◆冒頭の昔話は、たなます師がNS-1のメットインカバーを激安で買ったら酒powerと書かれていて、さらに塗装が泥酔級だったという記事が面白かったのでインスピレーションを頂戴して創作しました。

◆チーム名「すーぱーたまちゃん」は関東の草レースを盛り上げたいという熱い思いをお持ちのtarawoさんが提唱されたもので、「慣れないレース参戦に不安な方が、すーぱーたまちゃんをチーム名に冠することで、同じ境遇の方や先輩すーぱーたまちゃんと"例え初対面であっても"近くにトランポを停めて不安なレース当日にわからない事なんかを共有し合おうじゃないか」といったコンセプトのチーム名なのです。
この、不安とか出ちゃっていいのだろうかとか言う気持ちは、私も強く感じていたことなのです。
私も、どなたとも交流がなければ絶対日チャレにはエントリーしなかったでしょうし、当日も皆様に助けられたことで安心してレースに望めたのです。
ですので同じく迷っておられる方がおりましたら、是非一緒にすーぱーたまちゃんでエントリーしようではありませぬか。
とはいえ、私も一回しか出てないので皆でてんぱって、すーぱーたまちゃん+無車検レーシングになっちゃうかもしれませんが
スポンサーサイト

全記事一覧

profile

さ○とー(魚屋本舗STO) 

Author:さ○とー(魚屋本舗STO) 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
Author by さ○とー(魚屋本舗STO) 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)