ブログトップ > アーカイブ - 2016年12月

16-17シーズンイン@丸沼20161216


さて、11月の走行をもって本シーズンも〆と相成りましたが。

オフシーズンに何もやらないわけにもいきませぬ。


そう。オフトレ。
でーん
DSC_0292.jpg


良く聞くのは、オフロード。
その次にミニバイク。
その次に
いやオフなんてなくて冬でも乗るぞよってひともちらほら。

然しながら、なんか寒い中でグリップもおぼつかないバイクを動かないからだで乗るのがダメでして・・・
そんな私から新提案。

そう アルペンボード

アルペンボード?

アルペンボード。
DSC_0284.jpg


バイクのオフトレ新提案:アルペンボード
寒いとかいって結局寒い奴やん・・・


まあわてくしの地元は長野なので、冬になると猫も杓子もスキースノーボードで
まあ物心ついたころからスキーをやらされ、思春期にスノーボードと非行を覚えるのが
通過儀礼というか。

そんな中で大学1年から続けているのが、アルペンボード

ん?

オフトレじゃないって?
いやいやいやマジで思うんだけどアルペンボードやってるとバイクとの共通点の多さに
びびるんですよ。

まずグリップという考え方。ボードの世界にもエッジグリップという考え方がありまして
振動吸収のためにメタル素材とかなんとか組み合わせて(ショックユニットとダンパーですね)これを
高めたり不要な振動を吸収したり、ハイスピードのボードはやっぱり硬くてこれもバイクといっしょやね。

また外足荷重よろしく雪面の接地点に対して重心を上に持っていきエッジをおさえつけるアンギュレーション。

フロント荷重で旋回開始→50:50 →リアで抜けて~なんてまさに日光6コーナー

ターン中は手が雪面をドラッグしバランスとるなんて、膝擦りみたいやね。


じゃあなんでフリースタイル(スノボーダーの9割以上はこれ。ソフトブーツで両側で滑れるやつ)
じゃなくてアルペンか。

スピードです。

やっぱりこれもスピード感と恐怖感の比がバイクと一緒なんですよなぜか。これやっぱりスピード感がボケないことってオフトレでも重要じゃないかなどうかな。

そんなわけで丸沼高原にてストイックにオフトレです。


ひとつだけ、バイクより優れている点。  こけてもハイ何万円~ ってことはないね
でも、こけ方によってはバイクより痛いぞ!

DSC_0293.jpg



スポンサーサイト

全記事一覧

profile

魚屋本舗STO 

Author:魚屋本舗STO 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)