ブログトップ > カテゴリ - アルペンボード(ウインタースポーツ)

冬の反省+おもひで


冬が終わってしまいました。
周りには秋口に体調を崩すって言う人が多いのですが僕は冬生まれなのか寒いとこ育ちなのか、冬に向けて元気になります。
反面、この春口の木の芽どきに不安定になり体調を崩しがちです。
だいたいこの時期は河原で昔よく聴いた曲をきいて「俺の人生はどこにむことるんやろなぁ」とつまらないことを思ったりします。
もちろんどこにも向かっちゃいません。

冬の反省記事をつらつらと書きます。
●反省
・行った場所
今季はシーズン初めは群馬が良く雪が降ったので丸から入りました。
でも昨年よく行ったS平は今シーズンは1回しか行かなかったぞ!
一昨年にシーズンインしたasama2kなんて1回も行ってないじゃないか・・・

・滑りについて
15-16シーズンはとにかくバックサイドに難があったんです。
ちょっと斜度が上がってくると板が立てられない→踏めない→落とされる→板が先走る→コケるの繰り返しでした。
それで16シーズンが終わってから思うところがあって大幅にカントやらリフト、フォワードリーンのセッティングを変更して臨んだ16-17シーズンでした。
とにかく12月は丸でバックサイドバックサイドバックサイド、感じたことや上手く行ったことをとにかく書き残してだんだん新しい感覚が生まれたのがこの12月でした。(このカントリフトについては別記事に引っ張ります。)
この間で、随分バックサイドがマシになったのでは無いかと思っています。

しかし、新たな難が見つかってしまいました。
フロントサイドです。
これは最後についすたーさんに追い撮りをしてもらって気付いたのですが
リフトから

追い撮り

いわゆる内倒さんですね。それも結構酷いです。
体がターンの内側に倒れることによってエッジに対し上半身から荷重できていません。
自分でピヨピヨ滑っているときは全然きづきませんでした。
バックサイドがマシになったせいか今度はフロントサイドに難が見つかってしまいました。

かなり上半身が"猫背"ですね。
もっと背筋の緊張を意識した方がいいですね…
とつらつら考えてたんですが、よくゲレンデでイントラさんが受講者に「後ろの手は肩の位置ー!!」って叫んでるのってあれ背筋の緊張を促すためなんですかね。
いままで何あれラリアットでもすんのかなと思ってたんですが、ふと気付きました。
去年もそうでしたが大事なことはシーズンが終わってから気付きます。

●来年の意気込み
・上記のフロントサイドの修正に取り組まねばなりません。
自分が滑っていてわからなかったことなので、バックサイドより根が深くて大変かもしれません。
ほらほら実はフロントサイドの方が奥が深くて難しいとかいうじゃないですか。

・バッチテストとか受けてみようかなー
いやその前にレッスン受けてみようかなー

・あと草レースにちょっと出てみたい
GSにSL板で出ても違和感ないぐらいの”草”感のイベントがいいです。
一度もゲートに入ったことのない人間がレースに出るわけですから随分おもしろそうではありませんか?

●冬のおもひで
※写真中心で
DSC_0283.jpg
ズンインの丸。なんかリフトの前でテープカットしてました。

1483281121866.jpg
初エコー@元旦
DSCN2421.jpg
雪の妙義

ヨメと映画・疾風ロンドを見に行って、野沢温泉はイイヨーといったら知らぬ間に宿予約してた。
それで連れて行ったらこんなに遠い場所だと思わんかったと…おい!
そんな疾風ロンド聖地巡礼
DSCN2500.jpg
DSCN2482.jpg

今シーズンは、どら七さんやついすたーさんとも楽しく滑っていただき本当ありがとうございます。
そんなことも含め、なんかいろいろあっていいシーズンになったんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - アルペンボード(ウインタースポーツ)

UPZ RC11 RC11R , Mountain slope Point 951

主題の2つのブーツについて面白い記事を見つけたので

1、UPZ RC11 / RC11R
17-18UPZ 仕様変更のお知らせ!!_カービングクルー
アッパーカフに大幅な変更を加えるとか。
随所に大変革を遂げた14-15 → 15-16でも変えなかったモデル名まで変えるなんて期待高。
個人的にはフォーワードリーンのスプリングのバネレート違いがオプション設定されるのが一番うれしい。
もう少し軟い奴、もう少し硬いやつを是非試してみたい。

2、Mountain Slope Point951
point951.jpg
毎年各メーカーから最新モデルが発表される中、ワールドカッパーがこぞって使用するNorth wave Point950。
当のPoint950はもう20年も前のモデルなのに、ソチのGSでは表彰台にのった3人中2人がPoint950。
(楽器とか芸術系でこういう話はよくあるけど機能的な製品で20年前のものが現役というのは不思議な話ですね)
そのレプリカモデルが17-18シーズンに発売されるってんで結構いっぱい情報が出てますね。
(UPZの変更もこの市場影響を考慮して?)

そんなpoint 951 についてあさってると海外の変な掲示板にいろいろ面白い内容が載ってました。
※海外サイトにつきご注意願います(http://forums.bomberonline.com/index.php?/topic/43839-whats-this-new-point-951-franken-northwave/)

一番気になったのが、
公式?- Like the old .950, they are not intec compatible but we will be making a step-in system at a later date
質問者?Does this mean you intend on introducing your own proprietary step-in system, or that you will be making them Intec compatible?
公式?We are working on a step-in system which will work with the other boots as well without adjustment. Our own system, not be like the Intec setup.

なんか良く分からないけどIN-TECみたいなシステムじゃなくて、他のブーツでも調整なしで使える独自のステップインシステムに取り組んどるよ、ということみたい。

確かヒールのゴムパーツはボルトオンではなく接着で(どっかのサイトに、雪を取ろうとしてビンでガシガシしちゃうと剥がれるよとかいてあった)ブーツ側にギミックをもつとは考えにくいですね。

となるとなんだ、Mountain Slopeさんビンディングまで作っちゃうのかい。

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - アルペンボード(ウインタースポーツ)

滑走記20170318

どうもこんにちは。
昨晩キウイみたいな虫に追っかけられる夢を見て、汗だくで奇声をを発していたところヨメにたたき起こされました。

キウイみたいな虫は茶色くて毛が生えてて丸くてそれでいてくそ速いんです。 
もしかしたら先日日光でたなますさんに追っかけ回されたメタファーかもしれません。
いえ語弊があって失礼にならぬ様言っておきますがたなますさんとキウイは、似てません
ヨメ曰く「ぅわゎぁ ぅわあ う うわあああ"! 」といった感じだったようです。怖いですね笑


さて3月18日は滑りにいっていました。ゆたかつです。
まだ腹の調子が思わしくないため朝はスープのみ。
出すものを出し切って出発です。

(どら七さん。お伝えしそびれましたが、僕もおなか、壊してましたよw)


朝の明るさとか、陽気とか、ラジオから流れる花粉情報がウィンターシーズンの終わりを予感させます。
バイクの方も相まってもしかすると16-17シーズン最後かもしれぬという寂しさがありましたがとりあえずあんまり深く考えずに出発します。

休日の朝の関越は絶対混むので、本日は東松山まで下道で行ってみます。
それで東松山で関越に乗ったところ、ナビには東松山まで赤いラインがびっしりついてました。
読み的中ふぉーーーーー! 東松山ふぉーーーー!(何なの)と一人車内で盛り上がります。
結局前回行ったときより40分ほど節約できましたぞ。

3連休の初日で混んでるかなかなと思いましたがそうでもありません。
それに今日もとても良いコンディション。

どら七さんがいるのはわかっていたし、駐車場にはツイスターさんの動くお宿が停まっていたのでるんるんでゲレンデへ上がって行きます。
が、いません
とりあえず整備された朝の締まったバーンを一人ですべります。
しばらくするとリフトの降り場でどら七さんが待っててくれました、ウエアが違くて気づけなかった模様。

どら七さんとチョロQさん(娘さん) 
DSCN2647.jpg
理想的な家族像に癒やされ心が温まります。もう雪溶けてまうで!(何なの)
それにしてもチョロQさんスキーがうまい。パラレルでカービングっぽい動きをされておりカービングDNAを感じました。


あとしばらくして水分補給をしているとツイスターさんが滑ってきました。
動くお宿で寝坊されてらした模様・・

下りてくるところを待ち構えて…「ザFSテクニカル」なバックサイド
DSCN2657.jpg
別のタイミングでもBSの写真を撮ったのですが、もう合成かというくらい指の先まで姿勢が変わりません。
このアングルにしてその安定感は推して知るべしです。

「お昼はやっぱカレー」と言いたいところですが今日の体調だと食った瞬間似て非なるものが出るのでガムと水でやり切ります。

それで最後の方は追い撮り大会が勃発。
ツイスターさんが僕とどら七さんを 僕がツイスターさんを撮ったりなんかして盛り上がりました。

自分が滑っている様を初めて見たのですが気づかぬ癖に気づけたので収穫大。
どうもありがとうございます。
結構上半身が安定感を失いお祭りしてました。
どら七さんやツイスターさんにあって自分に無い物がよく見えてきます・・・・


課題が浮き彫りになったんですが、相変わらず最後までとても楽しい1日でした。


あとお別れ際にチョロQさんが「たのしければいいんだよ!」と言っていました。
「そうだよねぇ!」 と軽く言いましたが帰りの関越でじわじわ考えさせられる一言でした。

そうだよね。逆にたのしくなければ意味なんかないんですよね。
コンディションやら悪雪を理由にしている僕はまだまだ三流だ、ぅわゎぁ ぅわあ う うわあああ"! 

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - アルペンボード(ウインタースポーツ)

滑走記20170311

さて本日はこっちです。
DSCN2600.jpg


この時期にしては? 素晴らしいコンディションでした。自分の中ではシーズン1,2ぐらい。
もともと会社の人と滑りに行く予定だったのですが、体調を崩されたためキャンセルとなってしまったのです。しかし僕の気持は収まらずヒトリスト決定。


さて本日最初のお伴。
Gray Force 167
gray_force 167


結構前に随分安く出てたので衝動買いしてしまったのですが167って長さが微妙だったかなあと思い買ったあと2、3回乗って押入れに入っていたのですが、なんとなく乗ってみたくなり本日持ってまいりまして。

で、本日気付きましたがこの板結構すごい!です。

コンディションが良かったのもあるのでしょうが、(F2 equipeと比較して)とにかく懐が深いです。
equipe なら腰を落としてエッジに体重をのせてって脳みそに酸素を送りながら目を三角にして、それを怠るとしっぺ返しを食らうところ、この板は、もう頭空っぽでOKです。 
多少荷重するポイントとかタイミングとかをはずしてもちゃんと回ってくれます。すごい!
またサイドカットの形状なのかショートターンも思いのまま。 谷回りでノーズが食った瞬間に板がすごい勢いで回り出し、抜けまできっちりはね上げてくれるおかげで雪面から浮きながら切り返し「俺はプロか」という気分にさせてくれます。
というかなりました。 あくまで主観的にですが。
でも確かに、少し急な斜面で荷重をかけていくともう少しハリと粘りが欲しくなるんです。それでも柔らかスギ!イラネ!っぽいっ(ー_ー )ノ"ということはなくむしろ雑に扱ってごめんねという気分にさせてくれました。
これTYCOONとか乗っちゃったらもう抜け出せなくなるんじゃないですかねぇ・・あっちはメタルボードですが。

それで脳みそがとろけそうなのと急斜面に行きたかったのでF2 equipeへお乗り換え。
若干シビアになったんですがFORCEが抜けるところでやっぱり抜けないのでちょっと感心しました・・てかequipeでシビアとか言ってるんでまだまだ僕にはメタルボードは早いんでしょうのぅ…

それで休憩していると先日どら七さんとお会いしたときにお知り合いになったツイスターさんに遭遇しまして脱ヒトリスト!やったー
でお決まりの
f2 equipe moss twister


お昼ごはん食べました?と聞くと軽食を食ったとのこと。
いやでも僕は食ってない!腹へった!と言って付き合わせてしまいました。

このレストランには最も安いラインでカレーとミートソースがあって、最近ミートソース食ってないなーミートソースにしようかなあと思ったのですが、その時頭の中に一筋の光と髪の毛の白いゴッヅが表れて、さ○とー家は今晩ミートソースになるぞ!と予言を受けたためカレーにしました。ツイスターさんにもやっぱスキー場とこればカレーっすよ!と言ってカレーを勧めました。

んで 
お手洗いに行かれてるときに隠し撮りしたのですが…

DSCN2603.jpg
福神漬けがカレーを犯しておる…

どうやらスノボーがうまくなりたいならカレーに福神漬けを大量に入れないとダメみたいです。
また、牛丼にも紅ショウガを大量投入するらしいです。 スノボーうまくなりたい人は実践しましょう。


いつもは午後2、3時くらいでお腹いっぱいになりがちなのですが、コンディションと一緒に滑ってくれる人がいるおかげか、本日は本当に最後まで楽しかったです。というか物足りなかったぐらい。

そんな一日でとても幸せでした。



と幸せをかみしめているとヨメからラインが…



「本日ハヤシライス也」


・・・・

ぐはっ

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - アルペンボード(ウインタースポーツ)

滑走記+冬の間にやること3 

●2017年2月25日 PM:7:00
さて、 全くバイクタスクが終わっていない中逃げる様に稲荷のナイターに行ったのです。
やっぱり日中滑りっぱなしのぼこぼこでして、もうこぶですかってぐらい。
自分が小っちゃい頃はグルーミングし直してくれてたのになあ、としみじみ思いながらもこれは神が与えた試練だとめげずに滑ります。
なんせ今日は特別dayで上のコースまでナイター滑走可能なのだ!

ぼこぼこの斜面でエッジングを優しくしてみたり、後ろ足にのって見たり、抱え込みターン?というものをしてみたりするんですがやっぱりしっくりこない。
(曲げられずスピードがどんどん乗ってっておとされてほんでさらに踏めない曲がらないみたいな悪循環・・・)
逆にやけくそになって板をたてまくってアンギュレーションをバシッと入れたフルカービングフォームをするとなんかうまくいっちゃったり、でもギャップにふっとばされて転けたり。

アルペンは悪雪弱いヲ、、、なんてので片付けたくない。
現にうまいヒトたくさんいるし。 でもどうしていいかわからないヨー
こういう状況で楽しめるようになりたいよぅ。
いや楽しくなる時はあるんですが持続しないというか、スイッチがわからないというか・・・

●翌 2月26日 
AM6:00
昨日やりのこしたカウル関係を早起きで片付けます。
後はタイヤ交換。
チェーン? ブレーキパッド? そんなのは現地でぺっぺっぺーさ…
DSCN2549.jpg



●2017年3月3日
注文していた漏れ漏れサーモスタットのパツキンが漸く届いた。
明日は桶川で慣らしをしたかったのでどうにか間に合った。

DSCN2563.jpg

初めて注文した部品なんだけど、それにしてもなんだろうこの既視感は。
いやこのパッケージといいこの円状のシルエットといい、なんというかこうホットな気持ちになるのは。

漏れるなヨー 漏れるなヨー 漏れたら大変だぞー


おまけ1
フロントバンクのデトネ疑惑があるのですが、帰ってきてみたらピストンも結構すごかった。
トップではなくサイドが溶けているみたい。何でしょう…
DSCN2571.jpg

おまけ2
悪雪が悩みのアルペンボーダー (フリー素材)
悪雪アルペンボード

全記事一覧次のページ

profile

さ○とー(魚屋本舗STO) 

Author:さ○とー(魚屋本舗STO) 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
Author by さ○とー(魚屋本舗STO) 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)