ブログトップ > カテゴリ - アルペンボード(ウインタースポーツ)

GREX DNAプレート 改


卓上ボール盤を卓上フライス盤にするその1
卓上ボール盤を卓上フライス盤にするその2

の記事で加工したものですが、

フライス加工なんて言うから

バイクブログかと思いきや・・


20180506grex.jpg

はい、スノーボード用のプレートです。

バイクは~ おあずけ~
・・スペアエンジンをゆっくりOHするブログでも始めましょうか。


GREXのDNAプレートですが、
明らかに「足下だけがすげー硬くなる」状態で
どう考えてもアルミ板が邪魔な雰囲気です。

一方ACTIVE PRO のFREE CARVEモデルは、
アルミの天板が無くても凄い素直で全体がしっかりするんですねー。

DNAプレートがハシボーなので、いっその事天板抜きの
プレートにしてしまおうという魂胆です。

DNAプレートの遺伝子組み換えです。

20180506grex dna
座繰りをした面に、

ACTIVE PROのプレートのビンディングを付ける金属パーツを載せます。
20180506grexactivepro.jpg
※良い長さの皿ネジが2本しかなかった

金属パーツの厚みが4mmで座繰りも4mmなので面一です。おー



両サイドに余裕があるのは、前後位置への調整シロをもたせるためです。



ビンディングを載せると

20180507f2bin.jpg

こんな感じです。
別に、ビンディングではさんで
一本のネジで止めちゃってもよかったかも知れませんが、
板側の負担を考えるとこちらの方がいいですね。
もちろん天板付きにももどせますよ(絶対しないとおもいますが)

綺麗にできたので満足です。



これでいまいちならもうメルカリドナドナですね。
スポンサーサイト

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - アルペンボード(ウインタースポーツ)

gray snowboards を褒めちぎるブログ



GRAY SNOWBOARDS を15年前に立ち上げて
(13/14の紹介なので1998年?)と言っているので社長かと思いますが。


すべての板を全部ご自身で設計されてきたとは素直に驚きます。



すべてのGRAYスノーボードの生みの親というわけですが、
生みの親の割にTYCOONの紹介で、
「アルペンラインでは、QUADRA、TYCOON、FORCEとある中で今日はこのFORCEを~、 このFORCEは~」
と言っているので、今度からTYCOONはFORCEということにしましょう。

さすがにビデオを回しているモリスポスタッフも社長を前に、
「あ、いやTYCOONです社長」とは言えなかったんですかね。

※内容はメタルシートを部分的に入れて~と言っているのでTYCOONで間違いなさそう

似たような現象ではうちの婆さんですが、従兄弟はおろか、親、叔父の名前もひっくるめてすべてガラポン状態なので、まぁ、そういうことでしょうか。

うちの婆さんに言わせればフォースじゃなくてホースですけど。 ホースの力。  


そういえば小海でレッスンしていただいた渡會校長もGRAYの紹介動画に頻出していますね。


動画内のコメントで、
「DESPERADO tiの 163 にメインで乗ってて、理由はサイドカーブが強すぎると曲がり過ぎて嫌だから」
ほらほら、コレがやべぇトップクラスの意見です。 
こういう評価を鵜呑みにして自分の滑り方とかレベルを見誤ると板選びで失敗しますね。
あのー,SGとかいかがですか・・・?

ちなみに今はDESPERADO TYPE-Rの 159(ワイドでない)に乗っている様です。

あと、謎だったワイドの存在意義ですが、足が26cm以上の大きい人向けと明言されてますね。 
一つ気になるのは、同じコンストラクションでも幅がワイドになればフレックスはハードになると思うんですが、ここらへんも調整されてるんですかね?


渡會校長が出てるGTS13(?)の撮影を3/20に八千穂でやったみたいなのでちょっと気になります。

添付はGTS12 PV 場所は不明ですが一発目から渡會校長のHOTでCOOLな滑りを見せつけられて、もう我慢出来なくなります。




GRAYさん最高ですね。
FORCEもTYCOONも最高です。
褒め倒したらTYCOON TYPE-Sがどこからともなく静かに送られてきたりは・・・しませんね。誤植をいじっちゃったのでさらに無いでしょう。

こういう動画を見続けているということは、
この時期からすでに滑りたくてしょうが無いわけで、
今年はバイクネタも無いのでなんか、
ふじてんあたりのサマーゲレンデでもデビューしてみようかね。

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - アルペンボード(ウインタースポーツ)

反省


春めいてとき久しいですが

DSCN0830.jpg
雪も溶け
DSCN0836.jpg
2月ぐらいから急激に暑くなり、融雪が進み、硬くなり柔らかくなりで人が少なくなり・・・

DSCN0834.jpg
なんかあーでもねぇこーでもねぇと言っている間に17-18シーズンが終了しました。

★決算
・滑走日数21日(11/26~3/31)
・ガソリン代+高速代+リフト券代 ・・  243,682- 

1日1万越えって・・・  ちなみにリフト券は6万ちょいでした。
24万て高そうに見えますけど、奥瀬州の板買ったら一回で吹っ飛ぶぐらいなので対したこと無いのではとも思いましたが、よくよく考えると奥瀬州の板が高すぎるんですね。

日数の方は、自分で思っていたより少ないですが過去最高日数です。 ちなみに、16-17シーズンは12日ぐらい

・・・もっと独身時代に大暴れしておきたかった。
※大暴れすると婚期を逃すとの情報有り



★反省
去年の成長曲線から比べると、今年はあんまり伸びた気がせず。 ※去年は滑れる様になるのが楽しくてしょうが無かったしやりきった感もあった


今年は、11月末のシーズンインからとにかくリフト・カントのセッティングをこねくり回し迷宮入り、これだとなったのが2月頭
そこからターンの姿勢をこねくり回し、あ、この方向かな?と思った瞬間終わりました。
・・・・適切な判断と、回り道をせず、集中してやれば4日ほどで完成しそうです


★昨年頭に掲げていた目標と達成度
チャレンジカップに出る・・・○ (危うく)
検定を受ける・・× 大バツ


★来年の目標
検定を受ける・・バッチ1級まで取る
のみ
※チャレンジカップは引き続き出る  オフシーズン中に、来年のゲートセットがタイトになるよう関係者へワ○ロを渡しておかねば   もしくは[GRAY FORCEの部]枠を作る

前回は”検定をうけたいやりたいなぁ”ぐらいに書いて結局逃げてしまったので今回は宣言を。
※今やる気があってもどうせ11月頃になるとその気が無くなり、ぴよぴよ滑って3月ぐらいに後悔する、というパターンが今回だった。

なんで受けるかという所ですが、こうなりたいああなりたいというよりは、あくまで一つの目標とそれに対するチャレンジです。
あと、なんかこういう目標があった方が家族も理解してくれると思うんですよね。

・18年内に2級
・シーズン終わりまでに1級取得

こういうの書いてるときは楽しいのですが、冬が近づくに連れ徐々に自分の首を絞めることになります。



ちなみに検定はTYCOONもしくはFORCE167+UPZ赤タン仕様で受けるつもりですので、この板はオフ中にチューニングに出そうと思います。



まったく今年はバイクNGなので夏が楽しみじゃない、というのが今抱えている問題になります。
早く冬になんねぇかなぁ~

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - アルペンボード(ウインタースポーツ)

F2 SNOWBOARDS 18-19 のカタログを探して撃沈したブログ その2



F2 speedster equipe 18-19



Equipe SL TX CARBON  のTX CARBONの意味が良く分かりませんでしたがカタログ内に下記記述がありました。

◆TX carbon
Together with a leading manufacturer of carbon fabrics in Germany. We have developed the unique TX Carbon, which has a new kind of flex behavior.
The carbon fabric itself initially consists of a large number of smallest parts of carbon, which are combined and put together in an elaborate process in such a way that at the end a highly flexible 220g/m fabric is created, which is used in our high-end-boards. So to speak, carbon recycling at the highest level.

新しいフレックス特性をもつ”Tx-carbon”をドイツの大手炭素繊維メーカーと共同開発したよ。
炭素繊維は細かい炭素から成り、それを精巧に組み合わせて1メーター毎220グラム(?そういう意味か良く分からず、重い気がする?)の超フレキシブルな状態にして、ハイエンドボードにつかうんだよ。
つまり最高の炭素リサイクルレベルだよ! (良く意味がわからない、1メーター毎につかう炭素が少なくて済む 的な ?)


よくわかりませんが、炭素系の新素材を入れているみたいです。
WOODDECK をやめるけど、炭素繊維でハリの良さを補うぜ ということなんでしょうか。
それともWOODDECK+TX-carbonなんでしょうか。

だとすると、14-15のシンタードトップのEQUIPEですらバネみたいなパキパキの板なので、こんなパッケージだとターンの切り返しで月まで飛んできそうですね。


そういえば、初めてまじまじとF2のカタログを見ましたら一つ気になってた謎が溶けたんですが、
<レーザーチューニング> との表記・・・

今までなんとなく、なんだかレーザーでエッジの表面処理でもしてるのかと思ったら、


◆Razor tuning
All f2 board leave the production plant equipped with a 89°ravine cut and a 0.5° beveled edge, providing razor grip on hardpack and precise turning in all riding conditions. Hot waxed and ready to go!

レーザーチューニング
F2のボードはすべてベース0.5°/サイド89°のエッジになってるので、”こんな硬いところでこけたら僕死んじゃうよバーン”でもカミソリの様に、やっべぇターンが出来るよ!
準備はホットワックスだけでOKさ!


Laser(レーザービームのレーザー)ではなくRazor(カミソリ)>だった !  なんだこの勘違い。
でも工場出荷状態でベース0.5°/サイド89° とは知りませんでした。

ちなみにSGの板は工場出荷でサイド88°ベース0°みたいです。カミソリどころじゃないですね。

・・・・

いろいろ言ったところで、まぁもう手に入らないですけどね!


※訳は適当です

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - アルペンボード(ウインタースポーツ)

F2 SNOWBOARDS 18-19 のカタログを探して撃沈したブログ その1

F2 SNOWBOARDS の代理店 ウインクレルの取扱終了に伴い、F2の日本流通が終了しましたが。
そうなると当然、来年度のモデル情報が国内で流れる筈も無く、なんだか寂しい気分です。

なんとなく気になって海外のサイトを目を皿の様にして探したところ、18-19年モデルのカタログを見つけました。
なんだろうこの感じ、数年前に別れた彼女をSNSで探すときの感じににてます。

どれどれ、

どうか、ダサいグラフィックになっててくれ

どうか、買う気も起きないようなやばい見た目になっててくれ

どうか、これでよかったんだと思わせてくれ

どうか、どうか気持ち良く終わらせてほしい










F2 SNOWBOARDS 18-19



カッコイイ・・・汗


ちょっとまって EQUIPEの ターコイズブルーがとても好みなのですが。
※こういうアメリカの添加物満載のお菓子みたいな色が好き。

F2が昨今推している、割にユーザーから不評の木の無垢材みたいなデッキですが、今まであったWOODDECKの記載がありません。
もしかしてつるつるにもどりましたかね??

だとすると真面目にほしいんですけど。

さらにビンディングまでこの色で、・・・ 

これにDEELUXEの425 PROを 履いたら もう最高ですね。添加物感が。
track 425pro

これで上下黒のウエアだとめちゃくちゃカッコイイですよ。


ウインクレルさん。

もう一年だけいかがですか?

韓国からエキップ漂流してこねーかなぁ・・
最悪、セカイモンとかで手に入るかもしれません。


ところで気になる EQUIPE TX-CARBON のTX-CARBONてなんぞや?は次の記事へ

全記事一覧次のページ

profile

さ○とー(魚屋本舗STO) 

Author:さ○とー(魚屋本舗STO) 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
form
formmail

名前:
メール:
件名:
本文:

rss
qrcode
QRコード
copyright
Author by さ○とー(魚屋本舗STO) 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)