ブログトップ > カテゴリ - NSR250・整備・カスタム記録・雑記

アブレーション問題 完結?編

こんにちは

お腹の調子が悪く全然治らなかったので、ヨメに
「どうしたんだろぅ、ストレスかなぁ・・泣」と申し上げた所、
「そんなに遊びまくってるのにストレスな訳無いでしょ。」と毒づかれましたさ○とーです。
一瞬ひるむもすかさず、「これは遊びじゃない!一度しか無い人生を豊かにするための活動なんだ!ゆたかつだ!」と抗弁しましたが黙殺されました。



日光チャレンジロードへエントリーしました。
チーム名はあれだけ言っといたくせに、しっくりくるのが浮かばなかったのでブランクです。

レギュレーション(車両規定)の中でIQ3の僕には解釈が難しい箇所があったので運営様へお問い合わせをしたらとても丁寧に回答をいただけました。
そんな雰囲気に少し安心しております。


昨年末より困った困ったと書いていたアブレーション問題ですが、おそらく「改善」しました。
(完璧ではないのであくまで「改善」と)
僕の胃腸の状況を記事にするよりもこういった有用な情報を後世に伝えるべく、記録として残しておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨年末発生したアブレーションについて

1原因の考察
前輪、後輪とも潰しきることができず局所的なプレッシャーが掛かり、むしれた。


2発生時の状態
2-1 フロント
日付:2016年10月7日
最高気温:24.2℃
空気圧:低く示すNGエアゲージにて温感2.1・・・実際は温感2.5付近
hurontohassei.jpg

2-2 リア
日付:2016年10月25日
最高気温:17.7℃
空気圧:低く示すNGエアゲージにて温感2.0・・・実際は温感2.4付近
riahassei.jpg

3講じた対策
3-1 フロント
3-1-1
実施内容:バネレートUP (純正→T2Racing 0.75k)
実施日:2016年10月25日 
最高気温:17.7℃
理由:底付きがみられたため→タイヤを潰しながらボトムせず、先にフォークだけが沈むとむしれるという考察のもと。(Color Trick さん記事よりヒントを得ました※最下部引用リンク有り)
効果1(確認日:同日 空気圧:低く示すNGエアゲージにて温感1.9・・・実際は温感2.3付近
puriup19.jpg
→出ない

意地悪テスト・・・空気圧をアップ:低く示すNGエアゲージにて温感2.1・・・実際は温感2.5付近
puriappu21.jpg
→少々出るが初期発生時より改善有り

3-1-2
実施内容:空気圧を落とす(適切にする)温感2.0@新エアゲージ
実施日:2017年3月16日
最高気温:13.7℃
理由:つぶせていないタイヤを適度につぶせる様にするため。そもそも空気圧が高すぎる。(エアゲージの狂いに気づいたのは上記バネレート対策のもっと後でした・・)
効果(確認日:同日)
saigohuronto.jpg
無し(えくぼっぽいのは前に出たのが消えつつある状態です)

3-2リア
実施内容:空気圧を落とす温感2.4→2.0@新エアゲージ
実施日:2017年3月16日
最高気温:13.7℃
理由:つぶせていないタイヤを適度につぶせる様にするため。そもそも空気圧が高すぎる。
効果(確認日:同日)
DSCN2644.jpg
少し荒れ気味ですが許容範囲

4、注記
※サスセッティングはフロントバネレート以外替えていません。
※発生したタイヤ=改善した時のタイヤで同一品です。
※本来は路面温度を測りたかったのですができなかったので最高気温で勘弁してくだせぇ…
※同じようなアブレーションでも原因がまったく正反対ということも有る様です。あくまで上記内容は一例として記載します。

・・・エアゲージの狂いにすぐ気づいていれば簡単に治ったのかもしれません。
正しいエアゲージも振動等で狂う様です・・・そういえば車の床に乗せっぱなしでした・・・



引用+ヒント:COLOR TRICK_綺麗に使おうスーパーコルサ
スポンサーサイト

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250・整備・カスタム記録・雑記

ファイナルアンサー



こんばんは。

あのニュースがあった時、なぜか"VX"と"XO醤"を勘違いして、あー調味料でも人を殺せるのかと素直におもった奴です。

さてこんなものを買いました。
リア用44T
DSCN2604.jpg

桶川用?いえ日光です。

まえから抱えていた問題がありまして。その名も「最終コーナー、第一コーナー痛し痒し問題」

第一コーナーの手前でシフトダウンするのですがそこにファイナルを合わせると最終コーナーでごぼごぼ言って加速しない。
最終コーナーの加速に合わせると第一コーナーの手前のシフトダウンでエンジンがかちまわりエンブレ過多になる。

そうするとこういう人が居るでしょう。

「じゃあ1コーナーの手前のシフトダウンをやめて1コーナーと2コーナーの間でシフトダウンすれば?」 
ええ、ええわかりますよ?やったんですよ、でもそっちに気を取られてターンインをミスり、とても怖い思いをしましたぞ!
左バンク中に左膝すりながら左足でシフトダウンなんて、もはやシルクドソレイユだぞ!

この問題に対する一つの答えとして、このスプロケです。
おそらくこれをしっかり使い切るには平均スピードをもっと上げないとだめかも知れません。
なのでどうなるかわかりません。

この時期にこんな大ナタを振って大丈夫なのだろうか…


全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250・整備・カスタム記録・雑記

冬の間にやること2 



・・・前回に続き、2月25日土曜日のこと

●本日の目標
午前中にピストン、ヘッド、サーモスタットレスを実施しファイヤリングまで必達。
昼前までに全開プーリーの全開調整ができたら完璧。
午後は木漏れ日の中ゆっくりカウルと戯れたい。
あとは鼻歌交じりでチェーンやらブレーキパッドを交換で4時半までにフィニッシュ。
ご褒美は伊那リでナイターなのだ。

●AM9:00
まず、ピストン交換およびセンタープラグヘッドへの換装をすべく分解開始。
気温が低いせいか、いつもは簡単にはずれるエアクリのダクトが硬くなっており外すのに一苦労。
この法則はすべてのゴム部品にも派生しラジエターホースやらに悪態をたれながら力業で外す。
特に上バンクシリンダーにつながる水ホースは短いせいで、思っていたより7倍ぐらい時間がかかってしまった。


●AM10:00
漸くシリンダーを外したが、結構ピストンやらヘッドが汚れてらっしゃる。
レーサーだからからっと乾いた新品ですか?ぐらいなピストンが出てくるかと思いきや・・・セッティングの下手さ加減が露呈してしまった。
特に前バンクのなんかナニコレデトネですか?まあよかろう。センタープラグ化に伴いお主はお役ご免だ。
nsr250デトネ


RCバルブを取り外す。こういったところは横着せずにちゃんとした専用の特殊工具を使う事で確実かつ効率的に進めるのが玄人のやり方だ。
やれエーモンの汎用ステーやらそこら辺にあるメガネレンチやらでアイディア勝負を仕掛けるなど言語道断。
rcバルブ取り外し

抜き取ってびっくり。RCバルブにはデポジットがこびりついておりその姿は太古の植物の化石の様にかっちかちでケミカルじゃ全然落ちない。
ケミカル漬けにしてる間に新しいピストンのバリ取りやらリング組み付けをやろうと思ったのに全然落ちず、またしても計画倒れ。
自分のセッティング能力の無さと、こびりつくデポジットにいらつきながら、卓上ボール版とワイヤーブラシによるパワープレイで落としていく。
RCバルブ清掃


(この方法は結構きれいにおちましたよ。)


●AM11:00
そんなことをしている間にもう11時だ。まったく何も進んじゃイナイ・・・
ピストンを組み直すための準備をする。
シリンダーの座面をスクレーパーでさらってきれいにしたり。
ピストンやらリングのバリ取りやら、シリンダーを軽くペーパーでホーニングをして、RCバルブを組み直したり。


●AM12:00
そうだカウルの塗装をせねば! 乾かす時間を考えるとこのくらいのタイミングには着手しないとちとまずい。
もともと、どうせ転けるんだしと全部真っ黒にしたのだが、日光には真っ黒くてすごく速いヒトがいまして・・・この気持ちは推して知るべし・・
ゼッケン付近にワンポイント入れることで、差別化をはかる。
まだ腰上の組み込みも終わっていない中、カウルに飛びつく。 
ふわっとは考えていたがいざカウルを目の前にするとどうしようか・・・
インスピレーションでマスキングテープを走らせる。 芸術はひらめきとインスピレーションなのだ、あとは爆発。
下地にはシルバー。 
いや本当はグレーがよかったんだけど、カインズの最も安いラッカーシリーズにグレーが無かったのだよ。
nsr250カウル塗装

ほんで黄色を乗せる。
DSCN2532.jpg

春の強風で吹いたスプレーがすべて自分の顔に戻ってくる。まったくどこまで逆風なのだ俺の人生。

●PM1:00
実家の母が作ったありがたいお昼ご飯を、進捗が悪いと愚痴りながら30秒で腹にたたき込む。味?ラッカーの味だ。
昼休みはもちろんお預けで、シリンダーの組み付けに取りかかる。
と、手に持っていたナットが落ちて、カランカランカラン・・・
あかーん! クランクケースに入ってしもうた! 一瞬の内に脳裏を駆け巡るのはエンジンを外してひっくり返して・・・いやいやそんな時間はない!
まったくついていない。細めのドライバーやらワイヤーをつかってホジホジするも全く歯が立たない。
きつい姿勢でただただ過ぎて行く時間にいらつく。
パンパンにためたコンプレッサーでエアブローするも、カラカラ言うだけで全くむなしい。
ふと思いついてクランクシャフトを回してみる。 どこかでナットが噛んで止まる・・・あちゃー・・ 
やけくそになり逆側にまわしてみる。すると・・・
DSCN2536.jpg




●PM2:00
漸くエンジンをかけるぞ! いやちょっとまてラジエターが!そんで水だ! いやちょっとまてサーモスタットレスリングがまだじゃ!
サーモスタットレスリング


●PM3:00
全開調整をするためチャンバーは仮組み状態にてファイヤリング
足にくる感覚は明らかに圧縮が上がっている様に感ずる。
あとは、全開プーリーを組み込む。
全開プーリーを組み込んで、まずはサービスマニュアル方式によるバルブ調整を行う。
そのあと「エムズ式」と言われる、2000rpmでイグニッションオフ&排気ポートから覗いてバルブと排気ポート上限を合わせる「全開調整」を行う。
がしかし、T2racingの全開プーリーを組み込んでサービスマニュアル方式で調整→エムズ式で排気ポートから見てみるとちょうどポート面上面に面一になっておった。
もしかしてT2racing殿 サービスマニュアル方式でちゃんとRCバルブが全開位置になる様にプーリー自体を設計しとるんだろうか・・アツいな・・・
全開プーリー


●PM4:00
チャンバーのエキパキやらを塗り治して漸くちゃんとした状態になったのでしばらく暖気運転をしていると、なにやら湯気が。
あかーん 水が漏れとる!! どこからどこからと覗くとサーモスタットから…  ああ さっきの さっきのパッキン ゴム部品・・・ ブラッディーヘル

●PM5:00
時間オーバーです。全く 何も終わっていない・・・
ご褒美のナイターはお預けなのか・・・嗚呼・・・


≪やり残していること≫
・ブレーキパッド交換
・チェーン交換
・センタープラグ干渉部のアンダーカウルのカット
・アッパーカウル割れ部補修
・キャッチタンクマウント位置変更
・スペアホイールにレインタイヤ交換

≪増えたタスク≫
・サーモスタッドパッキン交換

明日は午前中に帰り支度をしてもどらねばならぬのに・・・
どうするんだ俺・・・



そして



バーン・・・・・・ 
DSCN2541.jpg





おまけ

(何となくコンデジでとった腰上組み直し後一発目の始動動画(狙わずとも絶妙な顔回避だったので)すべてのシーンでピントが合っていないあたり、とてもほほえましいあと聞き慣れない音に鳴き出すチャンワン、とてもほほえましい)


全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250・整備・カスタム記録・雑記

冬の間にやること1

さて、ヨメに「平日は目覚まし鳴っても やれ眠い。だるい。会社なんか行かなくていいよもう。とかいって30分くらいくねくねしてるくせに 休みで早起きの時はえらく目覚めがいいわねぇ」と悪態をつかれている私です。

先週土曜日も早起きをして実家に帰っておりました。
冬の期間乗らなくなるし青空駐輪がいやなので実家に保管しておりますバイクをとりに帰っておりました。
せっかくなので土曜日を使って下記メニューも持ち帰りました。
なんせ実家はド田舎なので何をしようと誰も文句は言いませんで思う存分バイクがいじれるわけです。

◆南アルプス
DSCN2514.jpg
◆近親者に吠える犬
DSCN2511.jpg


◆本日のメニュー
・ピストン交換
・フロントバンクセンタープラグ化
・上記に伴うアンダーカウルのカット
・アッパーカウル割れ部補修
・アッパーカウル&シートカウルの塗装(真っ黒もあれなのでちょっと色気を出そうかと)
・キャッチタンクマウント位置変更
・スペアホイールにレインタイヤ交換
・サーモスタッドレスリング取り付け
・RCバルブ全開プーリーへ交換
・RCバルブのエムズ式全開調整
・ブレーキパッド交換
・チェーン交換

必達目標「これらを16時半までに終わらせる。 そして近所のスキー場へナイターに行く!終わらなかったら徹夜」

詳しくは小出しにしたく別途アップします。

おまけ


◆新製品情報
盆栽レーシング製フルフローティングチャンバーブッシュ
DSCN2517.jpg

・・・そっと戻しておきました。



全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250・整備・カスタム記録・雑記

シリンダヘッド面研


フロントバンクのプラグセンター化に伴い買ったシリンダーヘッド(右側 ※左側は勘合間違えて買ってしまった)

DSCN2128.jpg


綺麗にブラストしてあるんだけどなぜか面までブラストかかってて、お漏らしが怖いので面研しますた。
※最近ブラストしただけの物を リビルトとか言って売ってるの多いけど… いや…リビルトて…

オイルストーン+ピカール  漏れるなよ~ 漏れるなよ~
DSCN2509.jpg


画像見て気付いたけどこの理屈で行くとプラグの着座面もブラストかかっとるから磨かなきゃいけんのじゃないか…

全記事一覧次のページ

profile

魚屋本舗STO 

Author:魚屋本舗STO 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
Author by 魚屋本舗STO 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)