ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

日光サーキットスポーツ走行20170810~レインのれいんしゅう~


時は10日木曜日 

連休明けからあんまり休みがとれなそうだし、行けるときにと行ってきました日光サーキット。

着いて バイクをおろしてはーやれやれと思っているとヤマザキさんがラジエターにタイヤあたってません?と

DSCN3296.jpg

うぎゃー!
まじ卍 
※卍って最近の中高生の間で流行ってるらしいのですが、何にでも使える魔法のワードなのです。
この場合、取り付けがとても簡単なのに、付いたらついたでタイヤに当たるとは、実に不愉快である。位の意味かと。
11時半から走ろうと思っていたのを急遽見送り、どうにか頭をひねります。

このラジエターは下側のマウントはなく、ホースのみで位置が決まっている状況です。
なのでホースを切りました。
DSCN3297.jpg

切るのはとりあえずクランプの後端ラインぐらい。
そうするとラジエターの下側が切った分だけ、後退します。
それで走る。
13:30~ 台数少なめです。とりあえず1回目でも40秒9とかが出ました。

で戻ってくると、まだあたっている。まじ卍。
どうしようかなぁと思っていると、とても細かい雨が降り出します。

どう見てもがっつり降らなそうな本当に微妙な雨なので、あー今日は帰れってことだなと判断し、片付け開始。
今日はたったの1本かと…
たとえドライで走れてもラジエターに当たっている状態では心にリミッターがかかってしまいます。
それにこれからまた水を抜いていては3本目にも走れるかどうか・・
それに微妙なコンディションでは雨の練習もできません。
まじ卍。

タイヤにラップを巻き、サイドスタンドを付け、もやもやと片付けをしているとなんたるや結構雨脚が強くなっているではないか!
DSCN3300.jpg

この時15:30の走行まであと45分。
いや、まてよ。こ、これは雨練フラグではないか?!
結局今年雨に走ったのは1本のみ…
しかし治りきっていないこの指と、ここでこけると代償が…
それにラジエターだってあたっていや雨ならそこまで沈まないか…
でも今から前後のホイールを替えて、ウォーマーかけて…何分でできるか…
と葛藤5分
いーやとりあえず準備をば と レインタイヤを引っ張りだし、ブレーキやらを付け、交換。
なんとかウォーマーをかけて残り20分とかそのくらいでした。

で走ったんですが。

ヘルメット買った時に着いてきたコレ。何時使うかと思って漸く日の目をみたのですが
すごい! 全然曇らない!
SHOEI.jpg
DSCN3309.jpg

以上



タイム?
全然

ベスト47秒8 でした まじ卍


あ、滑るとかは全然ないです。
が 怖いのです。 なんか雨にぬれると補修されたところがテカテカして見えたりして開けられません。
もちろん膝を擦っているのですが、膝が擦っている以上に倒せないし結構無理膝です。
あと1,2,3の走り方が分からりません。
あそこってドライの時はすごいフロント残すじゃないですか。それレインコンディションでやっていいんですかねぇ・・ 怖くてできません。
うーむ。
もっと345を開けて、6も開けて、もうちょっとバンク角を増やす。
頭ではわかるがどうじゃろか…

業務連絡
水筒は日光サーキット事務所に預けましたので、いえば出てくるかと思います。

あ、あとプラ2にエンツリーしました。

スポンサーサイト

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

日光サーキットスポーツ走行20170803

日光サーキットに練習に行きました。


左手の親指は、生活に支障が出ないくらいまでに回復しましたが、少し負荷をかけるとピリピリとした痛みが出ます。
でもさっさと練習をしないとトラウマになりそうだし、前の感覚が薄れていくのもイヤだし、なによりPRIDE2が間近に迫っております。


前回の練習の散々な結果に不安な中、日光サーキットへ向かいました。


でもなんでしょうね。
皆さんそうだと思いますが、サーキットに近づくと現れる、(日光サーキットだと東北道をくぐったあたりの)あの何とも言えない感覚。
楽しみなんだけど、不安な様な、興奮するけど、もやもやするあの気分。
この複雑な感覚が今日は際だって襲ってきました。


10時頃到着すると、もひ先任教官がおられました。
DSCN3256.jpg
※水漏れしたらしい・・



「指治ってなくて、また転けるとさらに痛いぞ」とあら意外と優しいお言葉。
痛めた所切り開いてク*流し込んでやると言われるかと思ったウソ。(※こ、これは最近見た映画の影響で・・スミマセン)



それにしても、今日のコンディションはとても良いのです。
曇りでひどい暑さは無く、路面温度も適切。
石灰の処理も無く、そして、怪しい天気のお陰か台数が少ない。

前回ヘブンコーナーで天国への階段をBGMに吹き飛んで行った右ステップをスペアの物へ変えました
後、前回の走行の感じでフロントの減衰がまだ硬い気がしたので、フロントの戻り減衰を -3クリックから-4クリックへ

●で1回目 11:30~
恐い。
ヘブンが恐い。
コースアウト数回・・・・ブレーキングでリアがはねまくります。 

そしてやはり親指が痛くなり、集中力が切れると我慢が出来ない。

後ろを走っていた教官がしびれを切らして裏直のブレーキングで前に出ます。
これはくらい着いて行かねばと思って最後のほうで40秒9あたり1回が出た模様です。

うーん・・・
でも減衰を緩めたお陰かフロントの接地感は戻ってきました。



●ブレーキングのリア大暴れ問題

前回分解さんにコメント頂いた中で、リア大暴れ=サス伸びて無くないかい?との内容をご指摘いただきました。
ブレーキング時にリアが伸びないということは1Gの沈み量が少ないため、プリロードを抜く必要があります。

でもこれに私は二の足を踏んでおりました。
リアのプリロードを抜くと旋回中の車体姿勢が後ろ寄りとなるため、フロントのトレール量が増え、旋回性が悪化することを恐れたのです。

しかし! この日、後ろから観察していただいた教官にも同じことを言われました。 
「ブレーキングで安定させるには落とすしか無い」と。

うーん・・
と思ってると

-もひ教官「バトルになったらブレーキングで抜くしか無いんだろ?加速で抜けるのか? だったら同じタイムでもブレーキがかけられる車体を作れ! わかったかこのうじ虫ども! セット長は何mmだ! 150!? まるでそびえ立つク*だ!!」

いや後半は無かったと思いますが(※こ、これは最近見た映画の影響で・・スミマセン)
確かに、言われてみればその通りだなぁと少し衝撃すら感じました。
私は、そこまで考えが至っていなかったなぁと・・

なんか、とても、あぁ このお方は・・・うーん・・・なんというか、気合いだけじゃ無いんだなぁと思いました。


とにかく、一度落としてみよう駄目なら戻そうと2mm強、 回転数にして1.5回転リアのプリロードを抜いてみます。



●2回目13:30~
驚く事にですね、あれほど大暴れだったリアが劇的に落ち着きました。
しかも旋回性についてはあまり変化を感じない。むしろフロントを"より"残せる様になった感じがして分かりやすいのです。

しかし、それ以上に恐怖心が残っているのかタイムは41秒フラット。
と思っていると1周だけポーンと 40秒5 (!) が出ました。
ここじゃー この一本じゃー と思って出した訳では無く狐につままれた感じ。(これはデータの解析が楽しみ)


●3回目14:30~
指が痛み出さない様集中しながら走って40秒6、7、8 あたりを連発できました。
これは教官に前を走ってもらった時でしたが、このセッションで漸く前向きな走りが出来た気がします。


本日何かとスポットライトが当たった現象なのですが、自分がこうだと考えている事とそれを疑ってしまう考えのせめぎ合い現象。
簡単に言えば葛藤。 簡単では無いんですが。
指が治ってなくても40秒半が出せた100点 という感想と こんなにコンディションが良い割に40秒台が少ない 20点 という感想
今日の感想もこんな感じです。


DSCN3262.jpg
DSCN3260.jpg


●AMS危機
AMS オイル(dominater)を3月ぐらいから使い出したのです。
いままではelfのhtx976+を使っていたのですが、高価+推奨30:1 というダブルパンチで財政が圧迫され、クーデターが起き、AMS dominator にその座を譲りました。

でこのオイルの推奨比率は50:1なのですが、恐ろしくていきなりは出来ず、40:1で使用していたのです。

とここで持ち上がったAMS供給危機。 
私もjpマテリアルに問い合わせフォームから問い合わせたのですが2通とも音沙汰なし(なめとるなぁ)
あと半ボトルしか無くて、取水制限が敷かれ急遽本日より50:1 で使ってみました。 

するとなんだか軽々回る様になった様な。

まぁ気温が低かったのもあると思いますが、ダーンがコーンになった感じです。



全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

ヤフオク大容量ラジエター+日光サーキットスポ走20170720

えーこんにちは

サバゲー・ミリタリー記事のほうがウケルのでやはり書きあぐねているバイク記事になります。

仕事が落ち着き、急遽有給を取得し行ってきたのは日光サーキット。

新兵器の投入が目的です。そうラジエターです。

●NSR250用ヤフオクビックラジエターについて
そうこれはヤフオクに出ているビックラジエター
どうなのどうなの?と思っておりましたが、気合いライダー略して気合いダーのもひ教官が付けており購入に踏み切りました。
(ちなみに性能は個体差があるとの噂が・・)

メーカーおよび、生産国については伏せられておりましたが、届いた箱をみるとmade in china との記載あり。
ホースの取り口が2か所の純正配管用と、3か所のものがあり、3か所の方が3kほど安いです(ナゼ?)
3か所のものはサーモスタットの無い仕様(RK等?)用の様です。

落札から2週間との記載がありましたが1週間弱で届きました。
あと検品を出品者様がしてくださっている様です。外観だけなのか、気密検査までしているのかはわかりませんが。

DSCN3191.jpg
上下逆さですが・・・

投影面積は純正の方が広いです。
が、厚みは
DSCN3192.jpg
圧倒的ですねぇ いいですねぇ

●取りつけ
どうせ、社外品@大陸系なので 思いもよらない面倒な干渉、手加工、トラブルがあるんじゃないかと予測しいつもより早めに日光サーキットへ向け出発。
9時ごろ着きました。
走行開始は11時半目標です。 たっぷり2時間はあります。 
こういう社外品はこのくらい見ておいても足りなかったりするんです。

さて取りかかり。
DSCN3194.jpg
DSCN3196.jpg

え?
と、とても何ということはなくついてしまった。
9時半ぐらいに開始して大型の走行枠が終わるころには付いてましたえー ノントラブルです。マジデ?

ホースも無加工です。 全く問題ないですね。

買ったラジエターには1.7kgというハイパー心臓に悪い仕様のラジエターキャップがついていたので純正のキャップ(1.1)を付けておきました。

他との干渉・・ 奇跡の「0」 おいおいなんだか調子が良すぎる。

調子良すぎてなんだか今日やりそうなきがするー (天津さ○とー 負の詩吟)

●あると思います  の 走行編
いとも簡単にラジエターが付いてしまい 暇をつぶしていると
DSCN3208.jpg
今日は誰もいないと思っていたところにたなます師が来たのでテンションが上がりますうぇーい

11:30~
前日の何かのせいで全周にわたって石灰の処理が残っています。
それと梅雨明けの猛暑で、路面温度爆アゲのせいかグリップ感が失われ、なんだかうにゅうにゅする…
それに加えてエンジンが全く吹けて来ない…

前回交換したフォークオイルの減衰が効きすぎているのか、ヘブンで全くフロントが入ってこない気がしてしまう。
とりあえずピットに戻り伸び側の減衰を-1へ

多少回復するもなんだか感触が変わってしまった気がします。
コンディションのせいで集中できずうまくいかないのか、フォークオイルの変更のせいでうまくいかないのか…
違うバイクで違うコースを走っているような感覚にさえなってきてしまいました。

それで42秒とか… oh

いかんいかんと思いながらもやはりヘブンのブレーキングでヘマをしてクリップに付けず、アカーンとアウトにはらんでいったその瞬間…  

ガシャコーン!!

と こけました。

なんとコース外の切り落とし箇所にバンクしたまま入ってしまい、足元をすくわれてすっころんでしまった模様…
頭のなか「え、どうして、どうしてあー」

こけたらスパッとバイクを起こして退避せねばならんのですが、左手親指に激痛が…
結局バイクを運んでもらい…
DSCN3204.jpg
DSCN3203.jpg


●意識が遠のく

親指が腫れてきたので、つなぎを着たまま水道で冷やしていたらだんだんだんだん体がだるくなってきてしまいました。
いかん、これは、水道前で倒れると無用な心配を招いてしまうので車に歩いて戻ろうとするとどんどん視界が狭まり、均衡感覚が無くなりふらふらに…
なんとかベンチにぶっ倒れると動悸がしだし、息が切れてしまいました。

こんな経験が初めてでおいおい大丈夫か? と自分ながらに心配になってしまいましたがしばらく横になっているとすっきりしてきたので大丈夫そう。
たなます師いわく骨折とか怪我の後に血の気がひいて、意識を失ったり、動悸や吐き気が出ることはよくあることなのだそう。

水道の前で、あぁ意識が遠のくとはこういうことなのかぁと冷静に思ったりもしてしまった。
だめだ、倒れちゃいかん、と言い聞かせるのはとっても辛いんですね… 雪山とかで遭難して、意識を保つっていうのは尋常じゃないな状況だなと思いました。自分なら 多分寝ちゃうな…

売店のマスターから氷を貰いました。 ありがとうございます。 アイシングのおかげかかなり早い段階で痛みは引きました。

あと、おそらく、突き指です。 翌日痛くなったりしたら病院に行こうとおもっていましたが、落ち着いてきて指も動くので大丈夫ですね。

でもですよ、突き指ごときでこんなんになっちゃうとか情けないというか、骨折なんてどんだけ壮絶な状況が待っているのよと少し嫌な気分になりました。


あとバイクを積むのは、トランポバイク載せマシーンさん 略してtmさんにお願いしようかとおもいましたが、帰るころには痛みがひいていたので手のひらを使って気合いで載せました。
あ、ちなみに土曜日にバッティングセンター行ったら意外と打てました。痛かったけど。


●一日を通して
11時半枠を走っていらした皆様ご迷惑おかけいたしました。
なんだか今日はクソ暑くてコンディションがわるくて、それでいて1回目でこけてしまい煮え切らない一日となりました。
さっさと治して練習しないと、トラウマになるぞとたなます師は言っていたし… いやまてよ、たなます師はもしかして私をビビらせようと… 大人の世界はなんと汚い・・
でもバイクの調子もよくわからず、42秒しかだせず自信を失っているのは事実です。

も、もしかして電動ガンに浮気したせい…?
DSCN3201.jpg

●ラジエターの効果
走っている最中で60℃前半とか・・ どうなのでしょうか。
隣にいらした、ノーマルラジエターのmc21さんは70℃越えだぜとおっしゃられていたのである程度の効果はある模様です。
これは引き続き経過観察ですね。

●おまけ

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

20170706 日光サーキットスポーツ走行

7/1(土)・・・・それは貴重な日光サーキット休日スポーツ走行日

そんな7/1になんと休日出勤(とても珍しい)を命じられ、泣きながら仕事をしました。

しかしその褒美に代休が与えられたため、憂さ晴らしに行ってきました7/6のスポーツ走行。

…7/1だったら豪雨の中、最高のコンディションで雨の練習が出来たのに…まったくいつまでじらすのだこのくそおてんとさんめ


先日のPRIDE KING で40.493 という今の自分にとっては何かの間違いみたいなタイムが出ていたのです。

当日はその理由が全く分からなかったので、帰ってモニターに風穴が開くぐらい車載動画を見まくったのです。

そうすると、実は6/20にのりはしさんに教わった8&9の走り方が、その"らしきもの"が事故的に出来ていた模様・・・・

もっと早いタイミングからアクセルを開ける、ためにもっと8の入りをズバーンと直線的に縁石際まで行って気合いで向きを変え、ん気合い?

40.493が出た時は違う周回と見比べてもガスオンのタイミングが明らかに早い。


それを再現し、40秒台を連発するのが目標として本日いざ出陣。


そして今回は前回の反省を生かし、遅く行って、後半を走る です。
枠で言うと3,4,5,6を走る計算。 まったり下道で向かいます。

途中のLOWSONでゲ・・腹痛の要因をぶっ放し、10時半到着。

DSCN3129.jpg


そしてこの怪しい天気のせいか、人も少なめーん まことにすいまめーん (これは流行のギャグを要所要所に用いることで棚ぼたごっつぁんアクセスを得る高度な手法で・・ え 古い?)

●1本目 11:30~

8の進入を探り探り。
やはり縁石が迫ってくると恐い。

そんなのでも40秒9が出ます。

そういえば、私は集中力と持久力のため絶対に走行開始からチェッカーまで走りきる事を誓いました。
たとえ前走者につかまってピットインしても、すぐに戻る! たとえ、集中力が切れてもコース上で気持ちを切り変える!というちょっとした目標をたてました。


●2本目 13:30~

同時に意識している6と11の進入のブレーキングで前よりもフロントが入ってこない様に感じる。
フロントを残しても減速するばかりでフロントが切れてこない。

ふと気づき、走行終わりにブレーキを握ってフロントフォークをバフバフしてみると・・・バヨンバヨン…
そうです。気温が高くなり、当時効いていた減衰の効きが失われていた模様。

現場でオイルを交換出来るほどワークス体制では無いので、とりあえず-2クリック→全締めへ・・これでもちょっと足りない感じがする・・くらい温度変化ってシビアなんですね。
次回までには、(今が♯10なので)ブレンドして♯12.5あたりをつくるか、減衰の抜き方向には結構余裕があるので、♯15ぐらい入れちゃおうか・・・・とりあえず要フォークオイル交換。


●3本目 14:30~

走行している人・・3人くらい、そして皆様腕利きでほぼクリアラップ・・・天国じゃ!

6と、11のフロントの切れ方が変わり、やはりかと言った感じです。

あと減衰が効いたせいか、裏直のブレーキングでリアが暴れづらくなりまして。

8~9の改革も相まって40秒台の連発ができるようになりました。
探り探りではあれど9の手前での早めのアクセルオンが決まると、どっかで多少ミスしていてもとりあえず40秒には入る感じ やはり高速区間の改良は効き目が強いみたいです。

気を抜くとというか集中力がきれるとなぜかまた41秒に戻ってしまいますが、気持ちを立て直しなんとか最後の周で40.5が出て安心。
DSCN3133.jpg



あと、このセッションからなぜか1,2,3が曲がりづらくなってしまった・・・原因不明 ここの区間のベストは9.1なのに結構落ちてしまっています・・これが悪化したら41秒に戻ってしまった気がする。
向きが変わりづらく、2の手前で握りゴケの恐怖が… 原因がなんだかよく分からずちょっとショック。




●本日気づいた事
コーナー立ち上がりの時の上半身の姿勢は重要…首を脱出先に入れる感じ (特に 6、9、10)
6は早くアクセルあけんしゃい
4の脱出の仕方で6の入りやすさ入りにくさが如実に変わるがなにが良いのかよく分からない…
ガソリンとタイヤの減るスピードがすごい… むむむむ


全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

20170625PRIDE KING @日光チャレンジロード

どうも、天ノ川14機甲師団サ○トウです。
※tarawoさん一押しネタを頂戴しました。  当方こち亀は未チェックでスガ…

本日は6月25日に日光サーキットで行われたPRIDE KING 第2戦への参戦記を書きたいと思います。

●前日
当日は間違い無く雨。だから雨の練習を!・・・と意気込んでいたにも関わらず、度重なる雨乞いも虚しく、結局この日までに雨の練習が出来たのは4月18日の朝1本のみ。

このままでは雨のソロツー状態で終了するため、できればドライで走らせてほしいと星に願うが星が見えない。

天気予報はなんだかまるではっきりせず、一喜一憂するのがいやなので金曜の午後から見るのをやめた。

そんなことを思いながらゼッケン作り。 
DSCN3083.jpg
なんだこの優れた発想は・・・天才は時にその片鱗に己ですら恐怖を感じます。

●朝起きて・・・
雨降って無い
おお神よ!!

もう日チャレ行くのやめてお礼参りも行った方がいいんじゃぁないんですか?

テンション上げ気味に出発。
がすぐに雨が降り出します…神は私を見放しました。
あげて落とすあたりなかなか意地悪です。
するとあれよあれよという間に雨が強くなり・・・今までの雨乞いをすべて集めた様な雨に。

FMではトラペ座とやらが泥の海とやらを歌っています。
泥の海・・・泥船・・・・ すべてが負のファクターに思えてきます。

あー、本日私は、雨に散るのか。不安しかありません。まさに泥船・・・


●到着すると・・・
6時に着くとTANAMA's-Sunが到着しており、向かって右側を確保。

Asano兄&弟さん、アルプスさん、もひさん、ヤマザキさんさがご近所でよろしくおねがいします。
ご挨拶がてら、お互いのタープテントをあーでもねぇこーでもねぇあーおらこんな村イヤだと言いながら張り張り。

タープテントは心と心の潤滑剤。

本日私もタープテントデビューです。
年の初めに用意したアルミ軽量のタープテントが火を噴きます。
いや火は噴かないや、日の目を見ました。
でも残念ながら日は出てません。

DSCN3092.jpg


Asano兄さん(!)にblog見てますよーと話かけて頂きまぁなんと恐縮で御座います有り難うございますm(__)m

そのあと、お噂はかねがねです、はじめまして本日は国境無きピットクルーとして参戦のじゅりー(うぇーい)さんからもblog見てますよと!

け、結構見て頂いてますねありがとうございますうれしやー
もう適当な事とか下品なことは言えませんね・・うん、うんこ  れは気をつけねば。 




車検を済ませ、そのままレインタイヤへ履き替えていると、なんだか雨さんがお弱りのご様子。

ここらあたりからどこからともなく、この後は雨が止んでドライ説が流れてきます・・・嘘か真か、日光都市伝説の妖怪・情報操作小僧か。


●それでもウエットの練習走行

このまま雨が止めば、練習走行でウエットを走る意味など何一つ無いのです。

が、もし、もしですよ。

もし私が、さ○とー担当の神様だったら、「おーあいつ乾くと思ってレインで走らなかったなぁ、ふははは!よーし僕、雨降らしちゃうぞ!」

と決勝20分前くらいに雨降らせちゃうと思うんですよ。

なので走ります。

ヘブン奥から見ている分にはしっかり濡れていたため何も疑わずにコースイン。
も、なんということか高速、裏直が乾いておるではないか。

ぎゃー!本番用レインのトゥルントゥルンのコンパウンドが消し飛んでしまう!

とりあえず神様が納得するくらいまで走って、ピットイン。 
この時のベスト47秒 ・・ 滅

練習走行が終わると、スペアホイールが無くてタイヤは履き替え組のAsanoさんとたなますさんはなにやら直ぐさまドライに履き替えるみたいです。
DSCN3088.jpg


-それを見たもひさん「大丈夫?予選前に雨降るかもしれませんよ?ビードが上がった瞬間とかに降り出しちゃうかもしれませんよ?・・・」

-さ○とー「・・・・・・(´-`).。oO (プライドトップ勢の心理戦はこんなにも大人げない泥臭いのか・・)」


あと、のりはしさんがペットボトルをつかった秘伝のライバル撃退アイテムの作り方を教えてくださいました。
なんでも、蓋に穴を開けてオイルを入れて・・(以下自主規制)

-さ○とー「・・・・・・・(´-`).。oO(前回プライド優勝者の発想はこんなにも大人げない泥臭いのか・・)」
 ※モチロン冗談デス


●予選 

路面は乾きました。

がなんだか恐い。全く電光掲示版も見れず、ただひたすら前の速そうな人について行きます。裏直のブレーキングをミスり集中力が切れピットイン。

まったくタイムが分からないまま終了(チラ見できた時は41秒1とかだった)


●予選の結果

40.493 ・・・・8番グリッド

ええええええええっ コンマ3もベスト更新してます。 どの周?  どの男? 誰の子??





●決勝まで時間

貢ぎ物のお返しに分解さんからリッチミンDを大量に頂き有り難うございます! ありがたやー

激写された分解さんとたなます師の闇取引
DSCN3084.jpg

-たなます師「前に言ってた例のヤバいブツは持って来てくれたんだろうねぇ?」

-分解さん「ふふふ,ちゃんと仕入れてますって。 すっごいですよ。さっき配ってたリッチミンDとは比べものになりませんよ… 」

-たなます師「へ~こいつはずいぶんキマリそうだねぇ…」

-分解さん「もう飲んだらすんっごいですよ、ブチアゲですよ、レッド点灯!シグナル消灯で、もうサオ立ちばーんですよ!! 」

-たなます師「・・・・(それ アカンヤツや・・・)」
※ツクリバナシスミマセンスミマセンユルシテクダサイユルシテクダサイ 




あとはもう、のほほんと過ご…せません、なんだか本日大変緊張しております。

だって去年の今ごろは42秒だったのにからあれよあれよとタイムアップして、そんで何だかよくわからず予選で40秒半て高低差で耳キーン出来すぎでしょ…
これは目から鱗なアドバイスを下さった諸先輩方のお陰なんですが、あまりにも順調過ぎる…! なんかここら辺でやばいの起こっちゃうんじゃないの?

そういえば日光はベストが44秒台の時からドライではコケてないんだ…
いやーもし、もしですよ?
もしぼくがさ○とー担当の神様だったらですよ。
「あいつなんか調子コイてません?一回ボコしちゃってくださいよセンパイ!最終コーナーの怖さ思いしらしてやってくださいよ!」
って・・・


何だか今日ー、ヤりそうなきがする~ (天津さ◯とー、負の詩吟)

そんな雰囲気を察知してかたなます師から「目がしんでるぞー、大丈夫!タヒるときはタヒるのさ!」と…
そんな師は緊張のきの字も見えないご様子。
さすが師、経験値が違う。

あー吐きそう。


●そして決勝

特筆することは何も無いので割愛します。

以上
どうも お疲れ様でしたー!
~完~







い、いや、 実を言うとやらかしました。

悪くないスタート。
師を押さえて7番で1コーナーに飛び込みます。
前にはもひ教官・・・・
MOHI.jpg

さ○とー「やばいぜ・・・後ろにいるのは俺よりも速い奴らさ・・・こ、これは意地でも教官にくらいついていくしか無ぇ・・」
一気に緊張感MAX、落ち着きを失います。



裏直のブレーキング・・もひさんとタイミングを合わせ ココじゃ!
リアタイヤツイ-
私「アリババババババ」

なんと一週目でオーバーラン

コース復帰も後ろには誰もいません。 ヤマザキさんを追います。
がなかなか抜けない・・
むむむむ 焦りが・・・・
裏直のブレーキングで勝負!



せんでしたー! 
Y.jpg

あわわわつっこむつっこむあわわわ

D.jpg

とまさかの2回目オーバーラン・・・・滅




あわや土手に突っ込みそうになりながら何とか停止も、私の心はほぼ折れかけております。

「あぁ もう 終わりや・・・わいの夏は・・・」

失意の中ですが、ここでやめる訳にはいきません。
誰もいないコースをただひたすら走ります・・・恥ずかしいなぁ・・・この間にも裏直のブレーキングで1足に入れてフケきったりとなんだか集中できません。

するとトップが高速を立ち上がって来るのが見えます・・ ああこの人たちの邪魔だけはしたくないなぁ・・・

なんか裏直にバンクセンサーが転がってます・・・ ああツナギだめになっちゃうよかわいそうに・・僕のじゃ無きゃいいなぁ・・・


終了しました。最下位で終了しました。泣いていいですか。

●終わって

反省しか無い結果となりました。(でも突っ込まなくてヨカッタ)

ブレーキングと集中力とプレッシャー耐性に問題があることが明らかとなりました。


およねさんに「ポテンシャルは感じたで!」と言って頂きまして。
が、これは完全にあがり症のポテンシャルです本当にありがとうございました!

なんだかどよーんとして無気力になっており、まだ車にはバイクが積みっぱなしで御座います・・・なんじゃかのー

ともあれ、当日日光におられた皆様本当にお疲れ様でした&良くしてくださりありがとうございました。m(__)m

つ、つ、次はメンタル強化してきてやるけんのー


●P.S
コンパクトラバーに参戦されたYNO Racing 関係者様のお疲れ様&祝勝会に参加させていただき、ワタクシメの分際でハンバーグを食べました。少し元気になった。
それにしても速かった・・そこ?そこで刺しちゃう?えっここけない? これスプリント? といった感じでした。
見てて飽きないとても刺激的な耐久でした。

このあと待っていた蚊かと思ったらブヨ地獄  ・・5カ所ほど刺され3日ほど経ってなんだかだんだん痒くなりました
・・・前走者を全く刺せなかった私はブヨにいっぱい刺されました。
泣きっ面にブヨ
うっ (´;ω;`)

    
あ、あと教官の奥様がとても面白くて楽しい方で予選前にとても心が和みました。ちょっと内容ハ・・・割愛シマスガ・・・

帰ってヨメに最下位でしたと報告したら「よがったじゃん、もうあとは上がるしかないんでしょ?」と一定の理解(?)を示された。
意外。
やめちまえと言われるかと覚悟してましたぞ…接待しなくちゃいけないかと思ってましたぞ・・分○さんみたいに…

全記事一覧次のページ

profile

さ○とー(魚屋本舗STO) 

Author:さ○とー(魚屋本舗STO) 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
Author by さ○とー(魚屋本舗STO) 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)