ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

日光サーキットスポーツ走行20170317



この3日か4日ぐらい下●(自主規制)が止まらなくてですね、ただただゆるいんですよ。
とっても元気で腹も減るのになぜか自主規制が続くのです。

で今日も日光に行く途中来たんですよ。セカンドインパクトが。
場所は4号のだだっ広いところです。
やばいなーやばいなーと思っても周りにコンビニとか全然みあたらなくてですね。
丁度オービスがあるあたりかもしれません。
もうスピード出すか、出るかといった感じですよ。

そうしてるうちに先の方にガソリンスタンドがでてきたんですね。
もう後光が差してまして。何エデン?
が、その前の赤信号に捕まりいったん停止…くっ
おお神よ、なぜまたしても悲劇の私に試練をあたえやらん…
ああいうのって何でしょうね、何でもない時に考えれば我慢できそうなもんなのですが、いざその状況だと全然そんなことない。
太古の昔よりDNAに組み込まれた謎の判断中枢が、この極限の状況を無視するわけもなく、僕の思いとは裏腹に「自主規制をゆるめて自主規制を放出せよ!はやく!」と畳みかけてくるんです。なんで君はそんな畳み込みかたするかなぁー
でも自主規制を緩めた瞬間、液状化した自主規制が自主規制するの明らか。
そうなるともう日光どころか自主規制まみれで帰って場合によってはシートまでASSY交換を強いられるので負けるわけにはいかん。
さっきまで一緒になって歌ってたポップな曲が爆音で流れる中、独り静かに脂汗をかみしめる苦難の赤信号。

青信号からアクセル全開・・・ではなく腹に負担をかけぬよう自主規制して発進。
ほぼ満タンの車でガソスタに飛び込みます。
店員の人に「トイレを貸して下しあ!」と言ったら「あどどどうぞ・・」とどもってました。気迫負けした模様。
もう便座にケツが触れるか触れないかぐらいの瞬間(以降自主規制)

ガソリンを入れるどころか出すものを出しきってガソスタを後にしたのでした。

食事中のかたすみませんでした。

さて本日は出るとしたらの日光チャレンジロード前最後の練習。
(前日にもスポ走日があるんですがさすがに怖いっす)

クソみたいなクソのせいで随分到着が遅れてしまった!
とりあえず前記事の博打ファイナルへ組み替えます。
この間にも第二波が襲ってきましたが封じ込めました。

「今日の目標:41秒台に入れて日チャレへエントリーする。」
現在のベストは41秒3とかで昨年の中で入っていたのですが、41秒台も数周位しかなく、またタイヤに肉がしっかりついていた時だったのです。
なのでほぼおいしいところが終わったタイヤで、かつこの時期に41秒台に入れれればそれは僕の自信になるのです。
しかし前回の走行でもいい感じだと思っても42秒前半・・・・・ さてどうなる事やら。

ほんじつは たなます師 もひさん あとお会いするとちょくちょく話す銀色MC21さんがいらっしゃいました。

●1本目9:30~
博打ファイナル44-14
最終コーナーはパワーバンドを使って加速できるんだけど他の区間がうーむ・・・・といった感じで42秒後半

薄くて失火している感じがしたのでプラグを見てみると前バンクが白かったのでメインジェット変更
nsr250_jet

気合いで2本目に間に合わせようとしましたが間に合いませんでした・・・・

なので10:30~は 見学&まったり写真撮影
たなます師
DSCN2633 - コピー


もひさん
mohinsr250.jpg



なんかおんなじ様な場所の絵が撮れたなーと思ったので…
ついつい・・
nsrvfrmohitanamasu.jpg
合成です汗Powered by GIMP
くっつけてボカして遊び半分ではじめたのが、だんだん本気になって1時間半くらいかかってしまったぞ!


●2本目 11:30~
ジェットの変更が効いたのか結構いい感じ。 
いいぞいいぞーと思って走るも結果をみて驚愕
42秒後半
あかーん!
たなます師がやってきて「レース前に下手なことをするべきにあらず」との教えを説かれた。
実は師も一本目に博打ファイナルを試されて速攻戻していたのは内緒の話。

ということで戻します。ドリブンのツェー万と走行2本分が・… ぐはっ

●3本目13:30~ ファイナル41-15
42秒前半
あぁやっぱりこっちでした1コーナーのエンブレがきついんですがそこさえ我慢すれば、他のコーナーが格段に乗りやすくなったよ・・・ 
このあとたなます師がやってきて「お主随分裏直のブレーキングでリアがはねとるのぅ」とのこと。
そうなんですブレーキングが下手なのか慢性的にそうなるんです。
そんな説明をすると、もっと体を後ろに持っていってリア荷重でブレーキした方がいいんじゃない?とのワンポイントアドバイスをいただきました。

●4本目
裏直のブレーキングでリア荷重にしようとケツを動かすもあの環境でなかなかうまくいきませんで、とっさに両腕をオーバーに突っ張ってみる。
すると、あれあんまりリアが暴れない。
いやダダダダ言うんだけどおとなしくなりまして、いける、いけるぞ…
で 41秒6 
師の教えはすごい。

あと日チャレ/TOTで好成績を残してらっしゃるもひさんにもタイムアップのワンポイントアドバイスを乞うたところ…
「気合、 あとは根性」とのこと。
いかん、だめだ・・!全く参考にな(自主規制)

ということで日光チャレンジロードにエントリーします。
ふつつかものですがよろしくお願いします。
右も左もわからないので当日は師の近くに停めて、困ったときは助けてくださいとお願いしました。

人生初レースがPRIDE KING とは、ああまた自主規制が…

●おまけ
MUSON mc2 というアクションカメラを買ってみたのだ。
最後の周が41秒6
見てみると、なんかもう一つロングにしてストレートは引っ張りきった方がよさそうかも…とまたしても博打ファイナルの衝動が・・
スポンサーサイト

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

日光サーキットスポーツ走行20170306


知っているor 見たことがある人はもちろんなんですが、見ず知らずの人のブログも良く見ます。

リンクからリンクみたいに。(FC2だと足跡付きまくってるかもごめんなさい)

なんか同じ趣味じゃなくてもこう一つの趣味を軸にその人の人生とか家族とか仕事とかそういうのが結構ほっとするというか。
飯を食って風呂に入って酒は飲めないので十六茶かそれに準ずるノンアルノンカフェを飲みながらつらつらとブログサーフィンするのが好きなのです。



さて、今週の月曜日は日光の二輪スポ走でした。=今季初日光になります。
昨年の事故があってなのかフェンスとかが増えてました。

2014年に初めてお会いしてはじめましてベスト何秒ですか43秒です。あ私もです。
2015年に2回目お会いしてお久しぶりですベスト何秒ですか42秒です。あ僕もです。
2016年に3回目お会いしてお久しぶりですベスト何秒ですか41秒です。あおんなじです。いやそろそろ連絡先交換しましょうよと
それから行くときはとりあえず連絡もらって都合がつけば一緒にきているMC28さんと本日ご一緒でした。
僕と一緒に来ると必ず最終コーナーでスリップダウンされるのです。左ステップの自家製ショートステップ職人。
本日も1本目できっちりスリップダウンされてまして。。。
その方ウォーマー持ってらっしゃらないんですが、転倒で消えたステップ代クラッチレバー代走行券代とウォーマー&発電機の損益分岐点そろそろじゃないっすかと吹きこんでおきました。
ウォーマーあればレースもできまっせと自分が出る決意ついていない中MC28さんをその気にさせる作戦だったのですが今年から仕事がお忙しいようで4月からはあんまりこれなさそうとのことであら残念。

あとたなますさんがいらっしゃいました いやあえて言いますがたなます師。
VFR400とロッシレプリカヘルメットの方で日チャレにも出られている方です。
同じくらいから日光で声をかけていただき、お会いするたび的確なアドバイスをいただいております。なのでたなます師。
たとえば
師曰く、8コーナーはアクセルオフだけノンブレーキと心得よ ベストタイム43秒→42秒
師曰く、6コーナーはアクセル開けまくりでリアステアぞ ベストタイム 42秒→41秒
となんだかんだ言って私のタイムアップはたなます師の教えあってこそなんですまじで。
他にもなんだかいろいろ教えていただいて頭の上がらないんです。

さて走行まで
なんかそれこそ6コーナーの立ち上がりとかでフロント荷重が抜けるとハンドルがぶるぶるすることがあったので夜婦奥で買ったVFR400用のステダンを付けてみました。


あーでもねーこーでもねーと付けながら たなます師に「ステダン使ってます?」と聞くと 「否」と「でも立ち上がりでぶるぶるしません?」と聞くと師曰く「するけどそんなの関係ねぇ」とのこと。なるほど。
僕は速攻でステダンを取り外しトンカチでたたき割ったのでした。(ウソです。)
とりあえず最弱で様子を見ることにしました。 
※たなますさんはとても優しい方です。


あと前回の桶川でラプラスをシートカウルに養生テープで付けて走ったのですが、それを外したら
DSCN2589.jpg
ぬはっ ぶはっ

下地のシルバーに足付けをしなかったのが原因かと・・・ いや速攻吹けば大丈夫だと思ったのに・・



前日の日曜日ヨメと一緒にVIVAホーム行ってきまして、「この上から黄色いカッティングシートはっといてそんで養生テープはりゃいんじゃね俺って天才だろおいおい」 と言ったら僕より10倍ぐらい高学歴のヨメが「塗りなおしてからクリアのシートの方がいいんじゃない?」とお主天才か。

しかし適切なラッカーもクリアのシートもなかったので 前者の案を採用し、
DSCN2591.jpg
ばーん
素晴らしい色のマッチング! いや このくらいの色だろうと予測して買ったのですがここまでマッチするとは!
はじめまして歩く色限度見本です。

そんで1本目。
様子を見ながらで43秒とか。
うーん 怖いな・・
2本目
頑張って42秒前半とか
途中で電圧計が15.3vを示したため怖くなって途中で走行中止。一回pgmをレギュレターのパンクで吹っ飛ばしているので・・・
後から師に聞くとぶっ壊れたら18vぐらい行くよーと
※レギュレターの制御電圧は15.5vまでであることがサービスマニュアルで明らかになった。
※ただmc28のサービスマニュアルには15.4vまでとのこと は? なにがちがうのだ!

お昼を挟んで3本目
気温が下がり出し、路面温度も10℃とか。

走り出しでいきなり誰かが4コーナーでスリップダウン&赤旗
再開をまっていると、日光の人が「路面温度低いから気をつけてね」と なんかいやーな予感がするなーとおもって再開。
そしたら僕の前の前の人がやっぱり4コーナーでスリップダウン・・・  
またピットに戻ってタイヤ触ったら、しっかり冷えてましてキンキンに。
完全にビビりが入って結局43秒・…

いいんだいいんだ !
でも本日はなんかほっこりと一日が過ぎた。
今思い返してみるとまだまだ自分の走りには手のつけどころがあると思う。
そう思えたからいいのだ。

さて帰ろうとラプラスをはがすと…


DSCN2597.jpg



4月まで走行日が少ないんだけど今週末の土曜も走行日なのだ。
だけど会社の人と滑りに行く予定だったのでいけないなーと思っていたんですが体調を崩したらしく急きょキャンセルに…
楽しみにしてたのになー… でももう滑る気分なので今週末はすのぼーでしょうな

あとは野となれ山となれ。

※自分用治すとこメモ
・最終コーナーもっとあけろ
・1コーナーはもっとねばって進入速度を上げろ、&向き替えはフロントブレーキで
・4コーナーから6コーナーもっと開けろ&6コーナーは立ち上がり重視のラインをとれ
・9コーナーもっと開けろ
・ヘブンのブレーキもっとねばれクリップはもっとギリギリをねらってコーナリング速度アップや
・ステダンはなしか最弱


全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

日光サーキット20161025(アブレーション問題実証編)


バネレートを上げてくれたわけですが本当にアブレーションはおさまるのでしょうか。

10月25日 日光サーキット
外気温:16度 天気曇り  

元気よく走るにはちょっとですが、アブレーション対策の効果をみるには絶好の寒さ&路面温度
着くやいなやとるものもとりあえずフロントフォークを差し替え、フロントタイヤを逆ばきにします。

はずした純正ばね入りフォークとなんとかタイヤヲーマーをはかせたバイク (体力終了)
DSCN2232.jpg
やっぱりアウターパイプはシルバーの方がいけてる気がする。

日光サーキット20161025(アブレーション問題実証編)続きを読む


全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

日光サーキット20161007(アブレーション問題の勃発)

NSR250 として再スタートしましたが。どうも。

・・・・


キャプチャ2
 
うっ(´;д;`)



日光サーキット20161007(アブレーション問題の勃発)続きを読む


全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

日光サーキットスポーツ走行0926 


わてくすのずもとは長野県の深南部ですが土日はそちらに帰っておりまして。

都会とは程遠いけどど田舎でもなく、なんとなく中途半端な田舎でして・・
水と空気と景色だけが取り柄のところでございます。

日光サーキットスポーツ走行0926 続きを読む


全記事一覧次のページ

profile

魚屋本舗STO 

Author:魚屋本舗STO 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
Author by 魚屋本舗STO 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)