ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

20170820 PRIDE 2 @日光サーキット 後篇

前編に引き続き、PRIDE2 参戦記の後編です

PRIDE 2 って何だ?という方。
是非 「PRIDE2 日光」で画像検索していただき、そのカッコ良さや渋さを充分にご理解いただいた上で・・・



NSR.jpg




・・・・




……PRIDE2 って…なんだ?


※タラオさんこれ・・・ 最近の激務はこの画像の呪いなんじゃ・・・





朝飯に買ったはずのホットドッグを昼に喰い、決勝に備えます。
DSCN3359.jpg

●決勝へ
今日は観戦のアルプス工業さんにウォーマーを外してもらいなんと皆様暖かいのでしょうか。

選手紹介が終わってウォームアップラン
そういえば、PRIDE2は押しがけなのです。
往年のプッシュスタート(押しがけ)でレースが始まります。
もちろん人生初プッシュスタート。
練習は、前回のスポ走で多少やったくらい。

でも、私スノーボーダーじゃないですかぁそれにサバゲーで足腰鍛えちゃってるじゃないですかぁ
なんで大体こういうのは膝を曲げて腰を落として、押すと言うよりか、下から押し上げる感じが一番体使えるって感じでちょっと自信あったんです。

でやったら以外と良い感じのウォームアップランとなりました。
事前にもひさんから乞うたアドバイスも相まって火の入りも良い感じです。

んん、これは ・・・入賞へのチャンスがあるのではと緊張も高まります。

全車グリッドに着いてエンジンオフ


シグナル消灯からの、一瞬の静寂。
うぐっと押して、乾式クラッチがカシャンカシャンと動き直後一瞬軽くなる
ここじゃ!とクラッチを切り飛び乗ってハンクラで飛び出します。


※ちなみに乾式の方が格段にプッシュスタートは有利な様です。NS250Rの分解さんは1速だと重くて押せないと言っておりましたし・・・

スタートで1台パスして4番手。
前にはもひさん、あらどうもお世話になります。 あれ前回と同じ状況じゃないかと一瞬焦ります。

前回はこの後裏直エンドのブレーキングをミスりオーバーランしてしまいましたので、とっても慎重にヘブンをクリアし1周。

「やばい 後ろから速い人が来るに違いない」と2周目3周目

するとヘブンの奥で長野組の○きちさんが転んでらっしゃる! 
うわやべぇ このまま行けば3位 お立ち台 お立ち台 え OTACHIDAI?! と一瞬ヘブンのブレーキを忘れヤベェと握ったその瞬間。
リアがバフッと上がりやってしまいました・・。
始まりました伝統芸能リア大暴れ
やばいとおもったがとめることができず、ギョワッ ツイー ギョギョっと流れ、前回と全く同じ状況に!

しまった! やってしまった! チャンスが逃げていく、またオーバーランしてしまう!と頭に浮かんで直後
いやだ! このままリタイヤするのはいやだ! 僕のの夏休みはまだ、 まだ終わらない!
 会社なんか、 いきたく無い!
とさらにフロントのブレーキを握りこみ、体で強引にマシンを倒すと、何とか落ち着きを取り戻したリアタイヤ。

いや、こればかりは気合でねじ伏せたと思いましたよ・・

しかしラインを大幅にはずし、インに滑り込まれ結局4番手、やってしまいました。

さらにぐるっと回ってきてこれまたおっかなくなってしまったヘブンでインをさされ5番手へ後退。5番手さんどうもお久しぶりです・・




そしてそのまま5番手を走りきりチェッカーとなりました。


あ、でも入賞ですやったー!



●反省
ヘブンのブレーキングはもっとどうにかならないのかと悲しくなりました。
これは特別練習が必要ですね。

DSCN3346.jpg
※もひ…はし号

もひ教官にこのことを話したら、
教官「それは、気合いが足らなくてそうなったの? それとも気合いを入れすぎてそうなったの?」
との質問が・・・
一瞬考え、「気合が足りませんでした」と答えてセーフ・・

※これは典型的なケーススタディーとして後世に残しておきますが、この手の質問が来た場合間違っても「気合を入れすぎました」などと答えてはいけません。
真摯に「気合が足りませんでした!」と答えるのが正解です。
はじめに答えありきです。
「そうだよなぁ! わかってるなら入れろよ気合!」で済みます。
間違えて「いやー気合入れすぎちゃってぇー」 などと答えると、
質問の選択肢にあったにも関わらず、「気合は足りなくても過ぎることは無い!」と理不尽な怒号が飛び、腕立てが100回課せられます※ウソデス



でもでも入賞できたのはなんとも嬉しい!

が3位、4位の方より決勝のタイムが速かったのが悔やまれます。 
あぁ あそこでミスしていなければ、もしかしたら3・・・
でもレースにたらればは無いですね。




●PRIDE 4 観戦

猛者ぞろいで見るからに危険な匂いしかしないPRIDE4 
DSCN3376.jpg


たなます師の選手紹介でアルプスさんともひさんヤジりがすごい。
「スタートがんばれやぁうをー スタートやぁ!」と いやこれなんかいやーな予感がと思っていましたが、その結果はご本人のブログでご確認いただきたくおねがいたします。
ちょっとこちらの口からは・・・
いや、ぼぼぼぼ僕は爆笑してませんよ、もひさんとアルプスさんの大爆笑を見て苦笑いしてただけですよ・・・!

それにしても4stマルチの音もいい!ですね。
シルキーで野太い排気音にオートシフターのメリハリが渋いです。
1コーナーに突っ込んでいく時のあの引っ張り切った時に聞こえてくる破裂音。
この音聞いてニヤニヤしないバイカーはいないぜといった感じでいろいろ楽しめたPRIDE4でした。


●肉攻勢
PRIDE4で1,2,3位を独占したG鬼装改様ご一行が、ココスからすべての肉とすべてのメロンソーダを消して更地にしてやるというので付いていきました。
のりはしさんから3回目で入賞はすごいぞ!とお褒め頂き、とても気を良くしておいしくハンバーグをいただきました。
なんだかやばい話もたくさん聞けて楽しくすごしました。

どうも皆様お疲れ様でございました、とても楽しかったです。

DSCN3402.jpg


●家攻勢
お盆疲れとレースで爆疲れし、家に帰ったのですが、残こった家事に何も手をつけず寝ようとした所、
ヨメポンさんに
「一日遊んできてなんで家のことせんのじゃー!」
と非難されたので、
「僕は今日プライドを掛けた戦いをしてきたんじゃ!遊びじゃ無いんじゃ!」
と言い返したら
「そんなこと言ったら私だってプライドを掛けた戦いをしたわい! それに加えて洗濯までしたわいぎゃーぎゃー」と。

ちなみに、ヨメポンさんは一日中ドラクエXIをやっていたそうな。
プライドを…かけた… 
人の価値観は人それぞれじゃのう・・・としみじみ思った。

それにしてもさ○とー家・・・どうしようもねぇですな。
スポンサーサイト

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

20170820 PRIDE 2 @日光サーキット 前篇

人生の喜怒哀楽がここにある。でお馴染み、日光チャレンジロードへいきましたよ。

いつもの混走=PRIDE KING とは異なり、本日年1回開催の2ST祭り PRIDE 2 になります。


●前日まで

お盆休み疲れか、いつもなら緊張して寝付けないところなのですがなぜか今回は10時にぶっ倒れ爆睡しました。
4時に目覚ましが鳴って、2度寝しそうな勢いなのでした。

前日までに用意したこと
①ラジエターのタイヤ干渉を直しました
 →結局下側のホースを2センチ 上側のホースを5mmぐらい切ったら当たらなくなりました
②今年2セット目の新品タイヤを買った  
 ※いつもお世話になっていた タイヤショップ○○フさんが爆値上がりしており度肝を抜かれ、仕方無くヤフオクで買いました。

●チーム名
エントリーにあたり、またまたチーム名を決めきれずにいたのです。
が、WEBページへカタカタ名前やらマシン名を打っているとふと髪の毛が白いゴッズが現れピカーンとひらめいたその名も「ウェイパー道楽」
入れれば絶対旨くなる魔法調味料味覇(ウェイパー)と ミリタリー総合サイトのハイパー道楽を掛け合わせた意味の分からない名前なのですが、響きが気に良いって付けてみました。
でもこれ、誰が分かるっていうんだい・・・



●日光入り

6時に着くとやりたい放題レーシングのたなます師と、スパコル履いたら1秒縮んで立場を脅かすヤマザキさんが既におり、隣を確保しました。


DSCN3338_20170822210451eee.jpg

雨であたりはびしょびしょですが、雨は降っていない状態です。
そういえば今年はずっとこんな状態。


●タイヤ問題

前々日ぐらいまでは雨予報だったので、間違い無くウェットだと思っておりました。
もしドライだとしても、練習走行&予選=ウェット 決勝=ほぼドライ みたいなことになるのでは無いかと予測し、皮むきのタイミングを逃すことを恐れた私は、練習タイヤをはめたままだったのです。
そう、皮むきをしていない新品タイヤより使ってある練習タイヤのほうが安心との決議となりました。
なので連休中に練習タイヤを逆ばきにして準備したわけです。

でも蓋を開けるとどうだ、本日雨は降らないらしいではないか。
全く、神はどこまで私を翻弄させるのだ。

仕方無いので、バイクをおろし、即新品へ履き替えます。


なお後から登場したもひ先任教官もリアタイヤを交換するようですよ。

と、あれなんかタイヤが 150!
DSCN3344.jpg


陰ながら日光セカンドグループ同盟殿のスタイルを真似し、リア140を履いていたのに、ここでもひさん抜け駆けうわーん

これでタラヲさんあたりがカネに物言わせ節のフロント120リア160で登場したら私は泣きます。




あ、でも教官は予選前に140に戻していた様な気がします。


●エントリーリスト 

エントリー16台 入賞 6位までとのことです。
なんかエントリーリスト見ると、はじめましての方ばかりで戦闘力???なのですが、場合によっちゃいけんじゃねぇーの口に出さねども陰ながら思っていましたし。
鬼のような鬼トップグループの鬼ライダーの皆様がプラ2とプラ4で分かれており、場合によってはワンチャンあるんではと期待が高まります。
もうだから肉着いてるから練習タイヤでいいやとはならんのです。



●練習走行

結構せわしなく過ぎて練習走行へ。
コースはほぼドライ。
タイヤの皮むきと体を慣らせることに専念し42秒。
湿度が多いせいか余りエンジンが回りません。


●予選
台数がそこそこ居てクリアラップがとれません。
間合いをみて一発勝負のクリアラップで40秒8 
刻んで出そうかとも思いましたがまた前が詰まってしまって結局これが予選タイムとなりました。
うーん湿度と温度でバイクが走っておらず、ベスト更新とはなりません。

しかし

結果:5番グリッド
なんともひさんの後ろで2列目先頭、えもしかして入賞?入賞きたこれ?という緊張感がMAXに・・・
いかんまたあがり症のポテンシャルを見せつけてしまう・・!




●やりたい放題レーシング たなます師の憂鬱
同日開催のPRIDE4に出る師が、なんだか練習走行から40秒004(!)を出して調子が良さげなのです。
これは予選とうとう39秒入っちゃうんじゃ無いのと心の底から心配期待していたのです。

そんなたなます師の予選 
クリアラップで40秒02(?)ぐらいだった気がする 

次の周もクリアで野太い4stサウンドを轟かせコントロールライン通過。
 40秒01(!)


え、はいっちゃうはいっちゃう?




40秒10ほにゃらら セーフじゃなくてナイッスーじゃなくて なんと惜しい
この瞬間、僕には師の心の折れる音が聞こえました。
相当大きい音だったのでおそらく中禅寺湖を超えて丸沼高原あたりでも観測されたことでしょう。

‥‥しかしこれはやばい39秒台も時間の問題だぁ…こちらもどうにかせねば…



次回、「裏直エンドの悪夢再び」

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

日光サーキットスポーツ走行20170810~レインのれいんしゅう~


時は10日木曜日 

連休明けからあんまり休みがとれなそうだし、行けるときにと行ってきました日光サーキット。

着いて バイクをおろしてはーやれやれと思っているとヤマザキさんがラジエターにタイヤあたってません?と

DSCN3296.jpg

うぎゃー!
まじ卍 
※卍って最近の中高生の間で流行ってるらしいのですが、何にでも使える魔法のワードなのです。
この場合、取り付けがとても簡単なのに、付いたらついたでタイヤに当たるとは、実に不愉快である。位の意味かと。
11時半から走ろうと思っていたのを急遽見送り、どうにか頭をひねります。

このラジエターは下側のマウントはなく、ホースのみで位置が決まっている状況です。
なのでホースを切りました。
DSCN3297.jpg

切るのはとりあえずクランプの後端ラインぐらい。
そうするとラジエターの下側が切った分だけ、後退します。
それで走る。
13:30~ 台数少なめです。とりあえず1回目でも40秒9とかが出ました。

で戻ってくると、まだあたっている。まじ卍。
どうしようかなぁと思っていると、とても細かい雨が降り出します。

どう見てもがっつり降らなそうな本当に微妙な雨なので、あー今日は帰れってことだなと判断し、片付け開始。
今日はたったの1本かと…
たとえドライで走れてもラジエターに当たっている状態では心にリミッターがかかってしまいます。
それにこれからまた水を抜いていては3本目にも走れるかどうか・・
それに微妙なコンディションでは雨の練習もできません。
まじ卍。

タイヤにラップを巻き、サイドスタンドを付け、もやもやと片付けをしているとなんたるや結構雨脚が強くなっているではないか!
DSCN3300.jpg

この時15:30の走行まであと45分。
いや、まてよ。こ、これは雨練フラグではないか?!
結局今年雨に走ったのは1本のみ…
しかし治りきっていないこの指と、ここでこけると代償が…
それにラジエターだってあたっていや雨ならそこまで沈まないか…
でも今から前後のホイールを替えて、ウォーマーかけて…何分でできるか…
と葛藤5分
いーやとりあえず準備をば と レインタイヤを引っ張りだし、ブレーキやらを付け、交換。
なんとかウォーマーをかけて残り20分とかそのくらいでした。

で走ったんですが。

ヘルメット買った時に着いてきたコレ。何時使うかと思って漸く日の目をみたのですが
すごい! 全然曇らない!
SHOEI.jpg
DSCN3309.jpg

以上



タイム?
全然

ベスト47秒8 でした まじ卍


あ、滑るとかは全然ないです。
が 怖いのです。 なんか雨にぬれると補修されたところがテカテカして見えたりして開けられません。
もちろん膝を擦っているのですが、膝が擦っている以上に倒せないし結構無理膝です。
あと1,2,3の走り方が分からりません。
あそこってドライの時はすごいフロント残すじゃないですか。それレインコンディションでやっていいんですかねぇ・・ 怖くてできません。
うーむ。
もっと345を開けて、6も開けて、もうちょっとバンク角を増やす。
頭ではわかるがどうじゃろか…

業務連絡
水筒は日光サーキット事務所に預けましたので、いえば出てくるかと思います。

あ、あとプラ2にエンツリーしました。


全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

日光サーキットスポーツ走行20170803

日光サーキットに練習に行きました。


左手の親指は、生活に支障が出ないくらいまでに回復しましたが、少し負荷をかけるとピリピリとした痛みが出ます。
でもさっさと練習をしないとトラウマになりそうだし、前の感覚が薄れていくのもイヤだし、なによりPRIDE2が間近に迫っております。


前回の練習の散々な結果に不安な中、日光サーキットへ向かいました。


でもなんでしょうね。
皆さんそうだと思いますが、サーキットに近づくと現れる、(日光サーキットだと東北道をくぐったあたりの)あの何とも言えない感覚。
楽しみなんだけど、不安な様な、興奮するけど、もやもやするあの気分。
この複雑な感覚が今日は際だって襲ってきました。


10時頃到着すると、もひ先任教官がおられました。
DSCN3256.jpg
※水漏れしたらしい・・



「指治ってなくて、また転けるとさらに痛いぞ」とあら意外と優しいお言葉。
痛めた所切り開いてク*流し込んでやると言われるかと思ったウソ。(※こ、これは最近見た映画の影響で・・スミマセン)



それにしても、今日のコンディションはとても良いのです。
曇りでひどい暑さは無く、路面温度も適切。
石灰の処理も無く、そして、怪しい天気のお陰か台数が少ない。

前回ヘブンコーナーで天国への階段をBGMに吹き飛んで行った右ステップをスペアの物へ変えました
後、前回の走行の感じでフロントの減衰がまだ硬い気がしたので、フロントの戻り減衰を -3クリックから-4クリックへ

●で1回目 11:30~
恐い。
ヘブンが恐い。
コースアウト数回・・・・ブレーキングでリアがはねまくります。 

そしてやはり親指が痛くなり、集中力が切れると我慢が出来ない。

後ろを走っていた教官がしびれを切らして裏直のブレーキングで前に出ます。
これはくらい着いて行かねばと思って最後のほうで40秒9あたり1回が出た模様です。

うーん・・・
でも減衰を緩めたお陰かフロントの接地感は戻ってきました。



●ブレーキングのリア大暴れ問題

前回分解さんにコメント頂いた中で、リア大暴れ=サス伸びて無くないかい?との内容をご指摘いただきました。
ブレーキング時にリアが伸びないということは1Gの沈み量が少ないため、プリロードを抜く必要があります。

でもこれに私は二の足を踏んでおりました。
リアのプリロードを抜くと旋回中の車体姿勢が後ろ寄りとなるため、フロントのトレール量が増え、旋回性が悪化することを恐れたのです。

しかし! この日、後ろから観察していただいた教官にも同じことを言われました。 
「ブレーキングで安定させるには落とすしか無い」と。

うーん・・
と思ってると

-もひ教官「バトルになったらブレーキングで抜くしか無いんだろ?加速で抜けるのか? だったら同じタイムでもブレーキがかけられる車体を作れ! わかったかこのうじ虫ども! セット長は何mmだ! 150!? まるでそびえ立つク*だ!!」

いや後半は無かったと思いますが(※こ、これは最近見た映画の影響で・・スミマセン)
確かに、言われてみればその通りだなぁと少し衝撃すら感じました。
私は、そこまで考えが至っていなかったなぁと・・

なんか、とても、あぁ このお方は・・・うーん・・・なんというか、気合いだけじゃ無いんだなぁと思いました。


とにかく、一度落としてみよう駄目なら戻そうと2mm強、 回転数にして1.5回転リアのプリロードを抜いてみます。



●2回目13:30~
驚く事にですね、あれほど大暴れだったリアが劇的に落ち着きました。
しかも旋回性についてはあまり変化を感じない。むしろフロントを"より"残せる様になった感じがして分かりやすいのです。

しかし、それ以上に恐怖心が残っているのかタイムは41秒フラット。
と思っていると1周だけポーンと 40秒5 (!) が出ました。
ここじゃー この一本じゃー と思って出した訳では無く狐につままれた感じ。(これはデータの解析が楽しみ)


●3回目14:30~
指が痛み出さない様集中しながら走って40秒6、7、8 あたりを連発できました。
これは教官に前を走ってもらった時でしたが、このセッションで漸く前向きな走りが出来た気がします。


本日何かとスポットライトが当たった現象なのですが、自分がこうだと考えている事とそれを疑ってしまう考えのせめぎ合い現象。
簡単に言えば葛藤。 簡単では無いんですが。
指が治ってなくても40秒半が出せた100点 という感想と こんなにコンディションが良い割に40秒台が少ない 20点 という感想
今日の感想もこんな感じです。


DSCN3262.jpg
DSCN3260.jpg


●AMS危機
AMS オイル(dominater)を3月ぐらいから使い出したのです。
いままではelfのhtx976+を使っていたのですが、高価+推奨30:1 というダブルパンチで財政が圧迫され、クーデターが起き、AMS dominator にその座を譲りました。

でこのオイルの推奨比率は50:1なのですが、恐ろしくていきなりは出来ず、40:1で使用していたのです。

とここで持ち上がったAMS供給危機。 
私もjpマテリアルに問い合わせフォームから問い合わせたのですが2通とも音沙汰なし(なめとるなぁ)
あと半ボトルしか無くて、取水制限が敷かれ急遽本日より50:1 で使ってみました。 

するとなんだか軽々回る様になった様な。

まぁ気温が低かったのもあると思いますが、ダーンがコーンになった感じです。



全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

ヤフオク大容量ラジエター+日光サーキットスポ走20170720

えーこんにちは

サバゲー・ミリタリー記事のほうがウケルのでやはり書きあぐねているバイク記事になります。

仕事が落ち着き、急遽有給を取得し行ってきたのは日光サーキット。

新兵器の投入が目的です。そうラジエターです。

●NSR250用ヤフオクビックラジエターについて
そうこれはヤフオクに出ているビックラジエター
どうなのどうなの?と思っておりましたが、気合いライダー略して気合いダーのもひ教官が付けており購入に踏み切りました。
(ちなみに性能は個体差があるとの噂が・・)

メーカーおよび、生産国については伏せられておりましたが、届いた箱をみるとmade in china との記載あり。
ホースの取り口が2か所の純正配管用と、3か所のものがあり、3か所の方が3kほど安いです(ナゼ?)
3か所のものはサーモスタットの無い仕様(RK等?)用の様です。

落札から2週間との記載がありましたが1週間弱で届きました。
あと検品を出品者様がしてくださっている様です。外観だけなのか、気密検査までしているのかはわかりませんが。

DSCN3191.jpg
上下逆さですが・・・

投影面積は純正の方が広いです。
が、厚みは
DSCN3192.jpg
圧倒的ですねぇ いいですねぇ

●取りつけ
どうせ、社外品@大陸系なので 思いもよらない面倒な干渉、手加工、トラブルがあるんじゃないかと予測しいつもより早めに日光サーキットへ向け出発。
9時ごろ着きました。
走行開始は11時半目標です。 たっぷり2時間はあります。 
こういう社外品はこのくらい見ておいても足りなかったりするんです。

さて取りかかり。
DSCN3194.jpg
DSCN3196.jpg

え?
と、とても何ということはなくついてしまった。
9時半ぐらいに開始して大型の走行枠が終わるころには付いてましたえー ノントラブルです。マジデ?

ホースも無加工です。 全く問題ないですね。

買ったラジエターには1.7kgというハイパー心臓に悪い仕様のラジエターキャップがついていたので純正のキャップ(1.1)を付けておきました。

他との干渉・・ 奇跡の「0」 おいおいなんだか調子が良すぎる。

調子良すぎてなんだか今日やりそうなきがするー (天津さ○とー 負の詩吟)

●あると思います  の 走行編
いとも簡単にラジエターが付いてしまい 暇をつぶしていると
DSCN3208.jpg
今日は誰もいないと思っていたところにたなます師が来たのでテンションが上がりますうぇーい

11:30~
前日の何かのせいで全周にわたって石灰の処理が残っています。
それと梅雨明けの猛暑で、路面温度爆アゲのせいかグリップ感が失われ、なんだかうにゅうにゅする…
それに加えてエンジンが全く吹けて来ない…

前回交換したフォークオイルの減衰が効きすぎているのか、ヘブンで全くフロントが入ってこない気がしてしまう。
とりあえずピットに戻り伸び側の減衰を-1へ

多少回復するもなんだか感触が変わってしまった気がします。
コンディションのせいで集中できずうまくいかないのか、フォークオイルの変更のせいでうまくいかないのか…
違うバイクで違うコースを走っているような感覚にさえなってきてしまいました。

それで42秒とか… oh

いかんいかんと思いながらもやはりヘブンのブレーキングでヘマをしてクリップに付けず、アカーンとアウトにはらんでいったその瞬間…  

ガシャコーン!!

と こけました。

なんとコース外の切り落とし箇所にバンクしたまま入ってしまい、足元をすくわれてすっころんでしまった模様…
頭のなか「え、どうして、どうしてあー」

こけたらスパッとバイクを起こして退避せねばならんのですが、左手親指に激痛が…
結局バイクを運んでもらい…
DSCN3204.jpg
DSCN3203.jpg


●意識が遠のく

親指が腫れてきたので、つなぎを着たまま水道で冷やしていたらだんだんだんだん体がだるくなってきてしまいました。
いかん、これは、水道前で倒れると無用な心配を招いてしまうので車に歩いて戻ろうとするとどんどん視界が狭まり、均衡感覚が無くなりふらふらに…
なんとかベンチにぶっ倒れると動悸がしだし、息が切れてしまいました。

こんな経験が初めてでおいおい大丈夫か? と自分ながらに心配になってしまいましたがしばらく横になっているとすっきりしてきたので大丈夫そう。
たなます師いわく骨折とか怪我の後に血の気がひいて、意識を失ったり、動悸や吐き気が出ることはよくあることなのだそう。

水道の前で、あぁ意識が遠のくとはこういうことなのかぁと冷静に思ったりもしてしまった。
だめだ、倒れちゃいかん、と言い聞かせるのはとっても辛いんですね… 雪山とかで遭難して、意識を保つっていうのは尋常じゃないな状況だなと思いました。自分なら 多分寝ちゃうな…

売店のマスターから氷を貰いました。 ありがとうございます。 アイシングのおかげかかなり早い段階で痛みは引きました。

あと、おそらく、突き指です。 翌日痛くなったりしたら病院に行こうとおもっていましたが、落ち着いてきて指も動くので大丈夫ですね。

でもですよ、突き指ごときでこんなんになっちゃうとか情けないというか、骨折なんてどんだけ壮絶な状況が待っているのよと少し嫌な気分になりました。


あとバイクを積むのは、トランポバイク載せマシーンさん 略してtmさんにお願いしようかとおもいましたが、帰るころには痛みがひいていたので手のひらを使って気合いで載せました。
あ、ちなみに土曜日にバッティングセンター行ったら意外と打てました。痛かったけど。


●一日を通して
11時半枠を走っていらした皆様ご迷惑おかけいたしました。
なんだか今日はクソ暑くてコンディションがわるくて、それでいて1回目でこけてしまい煮え切らない一日となりました。
さっさと治して練習しないと、トラウマになるぞとたなます師は言っていたし… いやまてよ、たなます師はもしかして私をビビらせようと… 大人の世界はなんと汚い・・
でもバイクの調子もよくわからず、42秒しかだせず自信を失っているのは事実です。

も、もしかして電動ガンに浮気したせい…?
DSCN3201.jpg

●ラジエターの効果
走っている最中で60℃前半とか・・ どうなのでしょうか。
隣にいらした、ノーマルラジエターのmc21さんは70℃越えだぜとおっしゃられていたのである程度の効果はある模様です。
これは引き続き経過観察ですね。

●おまけ

全記事一覧次のページ

profile

さ○とー(魚屋本舗STO) 

Author:さ○とー(魚屋本舗STO) 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
Author by さ○とー(魚屋本舗STO) 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)