ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

日光サーキットスポーツ走行20170418

前回の記事でウェットの練習をすると宣言しましたが、先日4月18日早速絶好の機会が訪れました。

前日の予報では9時ぐらいまで雨→それから晴れとの予報。
まだカッパを手に入れて無い私には「路面は濡れてるけど雨は降っていない」という極上のコンディションが見込めます。
さらにこの予報だと2本目ぐらいまではウエットで走れて、かつ、午後はドライの練習ができます。


8時日光着
20170418NIKKOU.jpg
ぽつーん



レインタイヤは別ホイール(アルミ)に組んであったので、ブレーキディスクだけ移植し即ウォーマーをかけます。
20170418NIKKOU_RAIN.jpg
タイヤは”一応”未使用なのでパーツクリーナーで皮むきを試みましたが、ウエスがぼろぼろになるだけなのであきらめました。

そうこうしていると、9時ちょうどに太陽が現れます。
20170418NIKKOU_1.jpg
するとみるみる路面は湯気が立ち始めます・・・・雨を望むと晴れる・・・
はじめまして、「雨を望むと晴れ男」です…

●9時半からの午前1本目ウェット
むむ、怖いです。
倒せません。
そんなのでまわってくると電光掲示版で1分ですって・・・自身のワーストレコードを更新しました。
倒す前にすべて終わらせるということと、レインであれば膝が擦れるということは何となく聞いていたので意識しながらバンク角を増やします。

ブレーキ~ はなす 倒す 起こすアクセル~ を繰り返しなんとか膝が接地し出します。ちょっと感動します。
それとともにタイムが51秒、50秒、49秒8、49秒3、と上がっていきます。
タイムが遅いので電光掲示版を確実に見られるのと、自分しか走っていないので前の周とタイム差を比較でき、これがちょっと楽しいです。
結果48秒中盤
※昨年のフルウェットのプラキン予選でPPの♯99もひさんは43秒を出してらっしゃいますので、48秒では全然まだまだのタイムなのです。
ていうか43秒って・・・何なんでしょうね。超能力なんすかね?・・「ムー」で特集組んでユリゲラーと対決でもしてもらったほうがいいんじゃないですか?


太陽のおかげで最後の方は裏直や高速コーナーが乾きだしてまだら模様になっていたので2回目はあきらめます。
練習用とは言え半ドライでレインタイヤを消耗させるのは本意ではありません。


タイヤを元に戻し、ぼけーっとしていると、金色の**エースでユリゲラーさん間違えたもひ♯99さんがいらっしゃいました。
20170418NIKKOU_MOHI99.jpg

到着やいなや・・・

-もひさん「今日の目標は?40秒?」

-僕「いやーどうっすかねー‥いかんとも」

-もひさん「何?40秒?」

-僕「タイヤがよくわからんので調子を見ながら、ってかんじですかね・・」

-もひさん「ん?40秒でしょ?」

-僕「・・・はい。40秒です。」

・・・

どっかの軍隊のドキュメンタリーでしか見たことの無い手法で半強制的に目標設定を強いられました。
はい、本日の目標は40秒台になります(棒)

その引っかかっているタイヤですが、ヤ*オクで「2015年製、2回使用」との品。
2回と見ると少なそうと食いつくのですが言い方を変えればトップランカーが耐久レースで2回使用しましたとも言えちゃいます。
こんな表現をするあたり、この出品者は歴戦の猛者に違いありません。
こういう場合カリスマ落札者の僕は「サーキットと大体の使用時間は?」とバトルを挑むのですが、見つけたのが終了30分前で、かつかなり安かったのでそのまま購入。こうなると文句は言えません。

届いてみると肉は結構ついているものの、現在はいているタイヤよりケースの柔らかさや、表面のコンパウンドのねっちょり感が欠ける気がします。
やはり2015年製だとこうなっちゃうのでしょうか・・・

という話をもひさんにすると、
―もひさん「俺の練習用タイヤも2015年製だぞ?」
とのこと。
まじですか、これは安心!
すると
―もひさん「練習用なんて何だっていいんだよ、パンクさえしてなきゃ

―僕「・・・・」
頂いた直後ですが、安心を返納します。



●そして午後1本目。
様子を見ながらで42秒頭。
タイヤを見てみると、表面の硬くなってた一層がむけてねっちょり感が復活していました。よしよし。

●午後2本目
がんばっても41秒7やらです。
今日は平日にもかかわらず色んなバイクが入り乱れ、台数多めで、詰まってしまったりするとちょいと危なげですね。


まー今日のメインはウェットだし、と終わろうとしていると、もひさんが「次走るんなら特別ライディングスクールを開校してやる」とのこと。
こ、これは巷で噂の・・・
そう、これは、黒板とコース図を目の前にして「ここの場所はこんなラインで」と懇切丁寧に…

…という生ぬるいものではなく、先行するもひ教官に”気合”で食らいつくことでタイムを引き上げてもらう荒修行です。
背中で語る事をコンセプトとした、軍隊式のトレーニングになります。
通称「九九式もひブートキャンプ」

こんなご厚意を頂いて走らない訳にはいきません。
なので急いでウォーマーをかけます。

●午後3本目
もひさんの後ろに張り付いてコースイン。
前走者につまったりしてはぐれても、一回ピットに入って間合いを見たりしてとにかく追いかけます。
やっぱり前に追う人がいると集中力があがります。
近くなると排気音が聞こえるのでアクセルを開け始めるタイミングとかを合わせ必死にくらいつきます。
そんなことをしていると最終手前右とか、6とか、最終コーナーの外側ゼブラ付近でタイヤのエッジがゾゾゾゾゾって言うんですが、これ何ですかデフォルトなのこれ?
良い感じのラップで、もひさんのラップが40秒と出る、直後、通過・・・・来たか! ”41秒2”‥マイゴッシュ!

それでもベストをコンマ1強更新しました。
もひさん、貴重な一本を有り難うございました。
タイムアップはそれはそれでうれしかったのですが、それよりも大きい収穫としてラインの違いが明かになりました。
特につま先、6コーナーの進入、立ち上がりのラインが明らかに違います。
何度かラインのトレースをトライしたもの、なぜだか同じラインにのせられません。
このせいで同じタイミングで突っ込んでも立ち上がりでがっつりおいていかれます。
この差は確実に大きいため、次回への宿題となりました。


あと、レインの練習は意外と楽しめましたよ。
誰もいないコースを自分のペースで走ってちょっとづつ色んな事を試してじわじわタイムアップしていくのは結構面白いです。
それに走り終わると、なにやら人気者になれますよ。
SSの方に「朝きたら走ってる奴がおってキチガイかとおもったわー!」と言われ、自惚れてニヤニヤしました。
翌日のお天気に一喜一憂する必要が無いのは趣味人として圧倒的アドバンテージですよ!
ヤ*オクレインタイヤでウェット練習、おすすめです。

帰りの夕日がとてもきれいでした。
DSCN2804.jpg
スポンサーサイト

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

20170402PRIDE KINGの追想


●写真
写真を撮ってくれていた方がいらっしゃいました。
ナム様ミッチー兄様誠にありがとうございます。)

_DSC3453.jpg
ヘルメットかぶってるとずいぶんイケメソじゃあありませんか、ああ僕がね。


nikko_nsr250.jpg
この上の写真をみておもったんですが…
なんかカウルの塗装変じゃない??
黄色い部分が変じゃない??
なんかハイレグみたいじゃない・・・?? 
ハイレグデザイン。
もうそれにしか見えなくなっちゃいまして、次までにどうにかします。

レースはネットに写真を挙げて下さる人が多いのもNICEなのです。が、地味な見た目と微妙なタイムなせいか写真の数が他の人より少ないです(撮ってもらって何様か)というか遅いのに撮ってもらってホントすみません…
写真をよく撮ってもらいたければ、タイムを上げる…のは大変なので、当日一眼を持っている方にマネーを渡すか、バイクをピンク色とか金色にした方がいいでしょう。

●動画
後ろに付かれていた方が走行動画をとってYOUTUBEにあげてくださっておりました。
ありがとうございます。
僕より決勝のタイムが速かったので予選でなにかトラブルがあったんでしょうか?

動画ハイライト
・すごいもやもや動画。夕食前に見たらその時の事思い出してもやもやして食欲なくなりました。
・スタート直後分解さんに結構接近されてたんですね。この距離だとアスホールスメルを嗅がれたかもしれません。
・裏直エンドのブレーキング下手過ぎじゃないですか。減速しすぎですね。
・最終からの加速が鈍く引きはがされてますね。

●感謝の意
先の記事で忘れてしまいましたが、当日たなますさんには大変お世話になり感謝しております。有り難うございます。(書き忘れるなよそれをヨー)
車検のタイミングやら、準備することやら、予選の開始時間やらを逐一教えてくださいまして安心して過ごせました。
一人だったら無車検のまま時間を間違えてグロムカップに出場し、圧倒的ポールtoウィンで大ひんしゅくを買って表彰式で石を投げられ、日光出禁になっていたことでしょう。

師とのランデビー@最終手前右
nikko_prideking_vfr400.jpg
師はもうすでにアクセルが開き出しているのかリア荷重入ってますが僕はまだまだフロントに乗っています。
これが最終立ち上がりで引きはがされる要因なのだと推察。
ラインも全然違いますね…



●入賞への道とポイント
・スタートの練習をできるところはどこかに無いのかっ!
・ヘブンはスピードを殺さず浅めにはいる。
・バンク角は戻さずしっかり向きをかえる。
・最終手前の右をもっと巻き込む(大外からクリップを奥にとる)。
・早めにアクセルオープン。
・それでもだめな場合、当日自分より速い人に一瞬でカネだとわかるも実はコンニャクを泣きながら渡す。(おい)
 ⇒晴れて入賞

終わった後は緊張からの解放やらでるんるんでしたが、冷静に反省すると色々じわじわ悔しいですね。

さて12月からボード→バイクと全速力で休みなく駆け抜けてきたのですが、ちと平穏になりそうです。
なんせ僕のお財布はカラッポなのです。
あーどっかにまとまったカネ落ちてねーかなー。
あ、こんにゃくは結構です。


以上

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

20170402 PRIDE KING @日光チャレンジロード


Xデーです。

前日の土曜日は無駄に早起きをしたのです。
これは土曜の夜はよく眠れるようにとの配慮だったのです。

この作戦が功を奏し土曜日は10時にうとうと来たのでそのままお布団に入りすんなり落ちたのです。
が、なんの手違いがあってか1時か2時頃目が覚めてしまいました。
そこからなにやらいろいろ明日のことを考えてしまいまして脳は覚醒する一方。

苦肉の策で"バイクの事を考えないゲーム"を考案しました。
(眠れぬ夜にご活用ください)
Q「バから始まる3文字の乗り物は?」
A「バ・・・バモス」
Q「サから始まる、中をぐるぐる回る施設は?」
A「サー ・・サファリパーク」
Q「タから始まる黒くて丸いものは?」
A「タ・・ タイ いやいや タマタマ」 
・・・・
あかーん!

ええい!もういい!と起床。
寝不足で魂を抜かれた体にキューピコーワゴールドαを2錠たたき込み出発です。

そういった経緯により6時に日光サーキット着。
すでにいらっしゃった♯99もひさん♯5たなますさんの横を確保しました。
nikko_prideking_nsr250.jpg


晴れたのですが、前日の夜に雨が降った様で霧の中何とも幻想的な朝。
コンクリートジャンゴーで煤けた心が洗われます。

あとたなますさんにくっついて行って分解一直線★さんにご挨拶しました。
とってもフランクな方でした。
NS250でPRIDEKINGに出られるとのこと。
この猛者揃いのプラキンで、NS250を駆る分解さんは僕の心の余裕希望の星。
時代に取り残されたアンチノーズダイブの機構に興味津々です。
あと、AMSオイルを使われており有用情報をたくさんいただきました。(AMSキニナッテタンデスヨー)


ほぼドライとなった練習走行でも、皮むきと体の順応に専念します。
ここで転ける訳にはいきませぬ。
転けない走りで45秒でしたが気にしません。

ちなみに、本日はPRIDEKINGにB決勝はありませんでした。
ルールブックには15台以上になったらとか書いて有った気がしたんですが・・・あれれ。


チャレンジクラスの予選をヘブンの向こうから見ていたのですが、あれ皆さん結構速くないですか?
「うわー僕もはじめてなんだからあっちで走りたい!ずるい!」と行き場の無いエモーションをたなますさんにぶつけますが、時既に遅し。

他クラスの予選を見る師。
nikko_prideking_tanamasu.jpg
あふれ出る動物園風情、人間の文明に興味津々のたなます師(サケ目鱒科)。


予選です。
タイヤもできあがってたし気分もノってきたので攻めます。
がなにやらペースが上手くつかめません。
いい雰囲気の1周で電光掲示版41秒4とか。その瞬間脳みそのスイッチがオフになりましたのでピットに入ります。
ねばる→転ける→本日終了という負のシナリオが頭をよぎり早めに切り上げ。

体の疲労感が半端じゃなく、温かい春の日差しの中、さらに脳みそがとろけそうです。
予選から決勝までは時間が有ったので30分ほど横になりました。眠れたのはほんの10分ほどでしたが少し回復。

このとき携帯が一瞬うんともすんとも言わなくなり、大変イヤな予感が・・・

各クラスの決勝が進行するなか、緊張が高まります。
グリッドは12番で、たなますさんの次でした。次の次でした。間違えました
しかし11番の方とは予選タイムは1秒の開きがあります。
予選の粘らない判断は良い判断!と前向きに考えます。

予選1位はのりはしさん。38秒台だという。
何がどうなると38秒台に入るのか。
はっきり言って怪奇現象です。
のりはしさん以降もほとんど皆さん39秒とか40秒とか。
もうPRIDE KINGの決勝はX-ファイルのテーマでも流しといた方がいいんじゃ無いですかね?


そんなPRIDE-KINGの決勝です。
全車エンジンスタートの瞬間、あたりは爆音に包まれ、否が応にもやる気スイッチが入ります。
シグナル消灯からのクラッチミート。
周りの爆音でどのくらいの回転数でミートしたかもよくわかりません。
後ろから数台に抜かされた模様。
でもたなますさんの前に出た!
(後で聞いたらやっぱスタートミスったらしい。あとたなますさんのオンボードを後で見たら横に並んだくらいでした。)
師を超えるぜ!イェア!との興奮もつかの間、早速1コーナーでインに滑り込まれます。あれま。

それでも師の後ろに張り付きます。 
師が前走者につまり42秒台・・・ いかんこれはまずい。
この状態が5,6周続きましたが、師が5付近でパス。 続け様に6の立ち上がりで抜きにかかるも、あれ、あかーん!
2つ前の師が遠ざかり、春の霞に消えて行きます。
その後数周の苦難の末、なんとか裏直エンドでパスするも前に誰もいない・・・
ここからが辛かったです。
それまで前走者にすべての意識を集中させていたせいか、前に誰もいない状況で自分のペースを一瞬見失います。
それと同時に集中力が切れました。切れた音がしました。
あと3周もあるのかい!口呼吸になり喉からから・・
それでもあいかわらず後ろから4stの野太い音がすぐそこに聞こえてきます。
でも振り向けません。
最終コーナーを立ち上がるともうトップ集団が高速コーナーから立ち上がって来るのが見えます。
あとは良く覚えてないんですがチェッカーが見えた瞬間恐ろしいくらいの安心感を感じました。
結局予選12位→決勝12位でチェッカーとあいなりました。

緊張から解放され、気分は一転、るんるんで車にもどります。
が、たなますさんともひさんはなんだかお通夜模様。
ねぇあれ楽しかったですよねぇあれれ・・・どうなさいました?

そして、表彰式、PRIDEKINGはのりはしさんが優勝です。
本当におめでとう御座います。
この猛者揃いの中での優勝はまさにPRIDEKINGと呼ぶに相応しいです。


みなさんいい感じに顔が隠れているので無編集ですが。いいなーまぶしいなー
nikko_prideking.jpg
この後、たなますさんからのおつながりでのりはしさんの肉パに参加させて頂きました、新参者がお邪魔しました&とても楽しかったです!みなさん本当にあたたかい。

銀色MC21さんに、日チャレは得るものが多いよと教えられ、参加した今回ですが、本当に刺激になりました。
集中力のスイッチが入るともうそれ以外何も考えてなくて、いつもならあわわわわとなるところ、ちょっとリアが暴れても、おい、なに暴れとんじゃい!と上から目線になれます。
ベストタイのタイムでしたが、新たな感覚とかイメージがつかめて収穫大でした。
あと、撮ったはずのオンボード動画が保存されてませんでした。
そのあとで撮影のテストをしてみても保存されたりされなかったり・・・うわっ安物買いのうんちゃらけーですか。


当日日光におられた皆様本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。

ここにオンボードを載せる予定でしたが、撮れて無かったので師のオンボードを代わりに…


以上

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

4.2日光チャレンジロードに向けて①

こんにちは

3月の更新記事数がえらい多くなりました。
あと2つぐらい書けば歴代1位ですね。
充実してるんですかね?
過去の自分の記事を見ると顔から火が出そうですね。ワカイナーバカダナーハズカシー
消してしまいたいですがおもしろいのでとっておきます。


今週末はPRIDE KINGです。人生初レース。 
なんかエントリーしてるヒトを見るとちまたで噂のえらい速そうな方ばかりですね。
・・(こりゃまあチャレンジクラス行っといたほうがよかったかもと少し後悔)
台数青梅ですがA,B決勝になるんでしょうか。
今何より不安なのは「スタート」です。
赤信号で感じ悪くあおりまくってからのスタートダッシュなんて大学時代に甲州街道でやった以来なので大変不安です。
悪夢のシナリオ① 気合いを入れすぎて竿立ち
悪夢のシナリオ② 緊張しすぎてエンスト
悪夢のシナリオ③ 気が動転してRED"点灯"でクラッチミート
夢にでてきそうですね。
が、やる前から不安がっても仕方無いのです。
気持ちだけは攻めの姿勢を忘れちゃいけません。
ということで、今週末は北関東に激震がはしります。
気合いと根性見せてやりますよ、大暴れしてやりますよ!   B決勝で。


今週土曜は桶川でタイヤ交換と皮むきをするつもりしたが雨予報・・
なのでタイヤだけ交換して皮むきは練習走行でやります。

あと大事な大事なアタックチャンスではなくゼッケン。
カッティングシートからのゼッケン切り出しを忘れずにやります。
バイクですがこれを念のため・・・・
スノーボードステッカー三銃士k



DSCN2680.jpg
カーボン調シートをおごります。(洒落っ気ついた訳じゃ無いヨ、ただ黒いシートが近くに売ってなかったんだ・・・)


あとは受注したはてなマークをついでに。
sutekka-hatena.jpg
30枚作る!と大風呂敷広げたのですが、ハンドワークでは4枚で挫折しました。

1枚は寸法取りをミスって縦長になってしまったので自分用に・・・

DSCN2687.jpg
ここにはるのが正解なんですが、これだけだとえらいあほっぽいのでこちらにはります。
DSCN2688.jpg
やっぱ縦長だとしゃきっとしてしまいますね、横長の方がコミカルでかわいいのです。


P.S.
あまりこういう事を書くのが適切かどうかわからんですが、僕は感謝してるし見てる人も少ないのでいいかと。

バンクセンサーをメーカー直の通販サイトから先週の金曜日に注文したんです。
(ベース付けっぱで変えれるあのメーカーさんです)
水曜日になっても届かなかったため翌木曜日に電話をしたらどうやらネットにトラブルがあってオーダーが入っていなかったとのこと。
んで日曜日に使いたいんですが間に合いますか?といったら木曜日中に送る!といってくださったので安心していました。
そしたら先ほどお電話があって手違いで発送が未だされてなかったとのこと。

あらまぁ。

しょうがないですよね。
そんなこともあるよね。
明日NAPSで買おー。
と思っていたら、
「いや、土曜日までっていう約束なんでこれからハンドキャリーで届けます。」とのこと…まじですか…。
ちょっと感動しました。
ここまで商い根性のある方今時いらっしゃるんですね、逆に申し訳なくなりますよ。
「何時まで起きてますか?」とのことでしたがいや何時まででも起きてますがな!

僕がバイクに乗っている間はずっと御社のバンクセンサーを使います。誓います。

全記事一覧次のページ

ブログトップ > カテゴリ - NSR250R ・日光サーキット

日光サーキットスポーツ走行20170317



この3日か4日ぐらい下●(自主規制)が止まらなくてですね、ただただゆるいんですよ。
とっても元気で腹も減るのになぜか自主規制が続くのです。

で今日も日光に行く途中来たんですよ。セカンドインパクトが。
場所は4号のだだっ広いところです。
やばいなーやばいなーと思っても周りにコンビニとか全然みあたらなくてですね。
丁度オービスがあるあたりかもしれません。
もうスピード出すか、出るかといった感じですよ。

そうしてるうちに先の方にガソリンスタンドがでてきたんですね。
もう後光が差してまして。何エデン?
が、その前の赤信号に捕まりいったん停止…くっ
おお神よ、なぜまたしても悲劇の私に試練をあたえやらん…
ああいうのって何でしょうね、何でもない時に考えれば我慢できそうなもんなのですが、いざその状況だと全然そんなことない。
太古の昔よりDNAに組み込まれた謎の判断中枢が、この極限の状況を無視するわけもなく、僕の思いとは裏腹に「自主規制をゆるめて自主規制を放出せよ!はやく!」と畳みかけてくるんです。なんで君はそんな畳み込みかたするかなぁー
でも自主規制を緩めた瞬間、液状化した自主規制が自主規制するの明らか。
そうなるともう日光どころか自主規制まみれで帰って場合によってはシートまでASSY交換を強いられるので負けるわけにはいかん。
さっきまで一緒になって歌ってたポップな曲が爆音で流れる中、独り静かに脂汗をかみしめる苦難の赤信号。

青信号からアクセル全開・・・ではなく腹に負担をかけぬよう自主規制して発進。
ほぼ満タンの車でガソスタに飛び込みます。
店員の人に「トイレを貸して下しあ!」と言ったら「あどどどうぞ・・」とどもってました。気迫負けした模様。
もう便座にケツが触れるか触れないかぐらいの瞬間(以降自主規制)

ガソリンを入れるどころか出すものを出しきってガソスタを後にしたのでした。

食事中のかたすみませんでした。

さて本日は出るとしたらの日光チャレンジロード前最後の練習。
(前日にもスポ走日があるんですがさすがに怖いっす)

クソみたいなクソのせいで随分到着が遅れてしまった!
とりあえず前記事の博打ファイナルへ組み替えます。
この間にも第二波が襲ってきましたが封じ込めました。

「今日の目標:41秒台に入れて日チャレへエントリーする。」
現在のベストは41秒3とかで昨年の中で入っていたのですが、41秒台も数周位しかなく、またタイヤに肉がしっかりついていた時だったのです。
なのでほぼおいしいところが終わったタイヤで、かつこの時期に41秒台に入れれればそれは僕の自信になるのです。
しかし前回の走行でもいい感じだと思っても42秒前半・・・・・ さてどうなる事やら。

ほんじつは たなます師 もひさん あとお会いするとちょくちょく話す銀色MC21さんがいらっしゃいました。

●1本目9:30~
博打ファイナル44-14
最終コーナーはパワーバンドを使って加速できるんだけど他の区間がうーむ・・・・といった感じで42秒後半

薄くて失火している感じがしたのでプラグを見てみると前バンクが白かったのでメインジェット変更
nsr250_jet

気合いで2本目に間に合わせようとしましたが間に合いませんでした・・・・

なので10:30~は 見学&まったり写真撮影
たなます師
DSCN2633 - コピー


もひさん
mohinsr250.jpg



なんかおんなじ様な場所の絵が撮れたなーと思ったので…
ついつい・・
nsrvfrmohitanamasu.jpg
合成です汗Powered by GIMP
くっつけてボカして遊び半分ではじめたのが、だんだん本気になって1時間半くらいかかってしまったぞ!


●2本目 11:30~
ジェットの変更が効いたのか結構いい感じ。 
いいぞいいぞーと思って走るも結果をみて驚愕
42秒後半
あかーん!
たなます師がやってきて「レース前に下手なことをするべきにあらず」との教えを説かれた。
実は師も一本目に博打ファイナルを試されて速攻戻していたのは内緒の話。

ということで戻します。ドリブンのツェー万と走行2本分が・… ぐはっ

●3本目13:30~ ファイナル41-15
42秒前半
あぁやっぱりこっちでした1コーナーのエンブレがきついんですがそこさえ我慢すれば、他のコーナーが格段に乗りやすくなったよ・・・ 
このあとたなます師がやってきて「お主随分裏直のブレーキングでリアがはねとるのぅ」とのこと。
そうなんですブレーキングが下手なのか慢性的にそうなるんです。
そんな説明をすると、もっと体を後ろに持っていってリア荷重でブレーキした方がいいんじゃない?とのワンポイントアドバイスをいただきました。

●4本目
裏直のブレーキングでリア荷重にしようとケツを動かすもあの環境でなかなかうまくいきませんで、とっさに両腕をオーバーに突っ張ってみる。
すると、あれあんまりリアが暴れない。
いやダダダダ言うんだけどおとなしくなりまして、いける、いけるぞ…
で 41秒6 
師の教えはすごい。

あと日チャレ/TOTで好成績を残してらっしゃるもひさんにもタイムアップのワンポイントアドバイスを乞うたところ…
「気合、 あとは根性」とのこと。
いかん、だめだ・・!全く参考にな(自主規制)

ということで日光チャレンジロードにエントリーします。
ふつつかものですがよろしくお願いします。
右も左もわからないので当日は師の近くに停めて、困ったときは助けてくださいとお願いしました。

人生初レースがPRIDE KING とは、ああまた自主規制が…

●おまけ
MUSON mc2 というアクションカメラを買ってみたのだ。
最後の周が41秒6
見てみると、なんかもう一つロングにしてストレートは引っ張りきった方がよさそうかも…とまたしても博打ファイナルの衝動が・・

全記事一覧次のページ

profile

魚屋本舗STO 

Author:魚屋本舗STO 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
Author by 魚屋本舗STO 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)