ブログトップ

滑走記20170318

どうもこんにちは。
昨晩キウイみたいな虫に追っかけられる夢を見て、汗だくで奇声をを発していたところヨメにたたき起こされました。

キウイみたいな虫は茶色くて毛が生えてて丸くてそれでいてくそ速いんです。 
もしかしたら先日日光でたなますさんに追っかけ回されたメタファーかもしれません。
いえ語弊があって失礼にならぬ様言っておきますがたなますさんとキウイは、似てません
ヨメ曰く「ぅわゎぁ ぅわあ う うわあああ"! 」といった感じだったようです。怖いですね笑


さて3月18日は滑りにいっていました。ゆたかつです。
まだ腹の調子が思わしくないため朝はスープのみ。
出すものを出し切って出発です。

(どら七さん。お伝えしそびれましたが、僕もおなか、壊してましたよw)


朝の明るさとか、陽気とか、ラジオから流れる花粉情報がウィンターシーズンの終わりを予感させます。
バイクの方も相まってもしかすると16-17シーズン最後かもしれぬという寂しさがありましたがとりあえずあんまり深く考えずに出発します。

休日の朝の関越は絶対混むので、本日は東松山まで下道で行ってみます。
それで東松山で関越に乗ったところ、ナビには東松山まで赤いラインがびっしりついてました。
読み的中ふぉーーーーー! 東松山ふぉーーーー!(何なの)と一人車内で盛り上がります。
結局前回行ったときより40分ほど節約できましたぞ。

3連休の初日で混んでるかなかなと思いましたがそうでもありません。
それに今日もとても良いコンディション。

どら七さんがいるのはわかっていたし、駐車場にはツイスターさんの動くお宿が停まっていたのでるんるんでゲレンデへ上がって行きます。
が、いません
とりあえず整備された朝の締まったバーンを一人ですべります。
しばらくするとリフトの降り場でどら七さんが待っててくれました、ウエアが違くて気づけなかった模様。

どら七さんとチョロQさん(娘さん) 
DSCN2647.jpg
理想的な家族像に癒やされ心が温まります。もう雪溶けてまうで!(何なの)
それにしてもチョロQさんスキーがうまい。パラレルでカービングっぽい動きをされておりカービングDNAを感じました。


あとしばらくして水分補給をしているとツイスターさんが滑ってきました。
動くお宿で寝坊されてらした模様・・

下りてくるところを待ち構えて…「ザFSテクニカル」なバックサイド
DSCN2657.jpg
別のタイミングでもBSの写真を撮ったのですが、もう合成かというくらい指の先まで姿勢が変わりません。
このアングルにしてその安定感は推して知るべしです。

「お昼はやっぱカレー」と言いたいところですが今日の体調だと食った瞬間似て非なるものが出るのでガムと水でやり切ります。

それで最後の方は追い撮り大会が勃発。
ツイスターさんが僕とどら七さんを 僕がツイスターさんを撮ったりなんかして盛り上がりました。

自分が滑っている様を初めて見たのですが気づかぬ癖に気づけたので収穫大。
どうもありがとうございます。
結構上半身が安定感を失いお祭りしてました。
どら七さんやツイスターさんにあって自分に無い物がよく見えてきます・・・・


課題が浮き彫りになったんですが、相変わらず最後までとても楽しい1日でした。


あとお別れ際にチョロQさんが「たのしければいいんだよ!」と言っていました。
「そうだよねぇ!」 と軽く言いましたが帰りの関越でじわじわ考えさせられる一言でした。

そうだよね。逆にたのしくなければ意味なんかないんですよね。
コンディションやら悪雪を理由にしている僕はまだまだ三流だ、ぅわゎぁ ぅわあ う うわあああ"! 
スポンサーサイト

全記事一覧次のページ

ブログトップ

アブレーション問題 完結?編

こんにちは

お腹の調子が悪く全然治らなかったので、ヨメに
「どうしたんだろぅ、ストレスかなぁ・・泣」と申し上げた所、
「そんなに遊びまくってるのにストレスな訳無いでしょ。」と毒づかれましたさ○とーです。
一瞬ひるむもすかさず、「これは遊びじゃない!一度しか無い人生を豊かにするための活動なんだ!ゆたかつだ!」と抗弁しましたが黙殺されました。



日光チャレンジロードへエントリーしました。
チーム名はあれだけ言っといたくせに、しっくりくるのが浮かばなかったのでブランクです。

レギュレーション(車両規定)の中でIQ3の僕には解釈が難しい箇所があったので運営様へお問い合わせをしたらとても丁寧に回答をいただけました。
そんな雰囲気に少し安心しております。


昨年末より困った困ったと書いていたアブレーション問題ですが、おそらく「改善」しました。
(完璧ではないのであくまで「改善」と)
僕の胃腸の状況を記事にするよりもこういった有用な情報を後世に伝えるべく、記録として残しておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨年末発生したアブレーションについて

1原因の考察
前輪、後輪とも潰しきることができず局所的なプレッシャーが掛かり、むしれた。


2発生時の状態
2-1 フロント
日付:2016年10月7日
最高気温:24.2℃
空気圧:低く示すNGエアゲージにて温感2.1・・・実際は温感2.5付近
hurontohassei.jpg

2-2 リア
日付:2016年10月25日
最高気温:17.7℃
空気圧:低く示すNGエアゲージにて温感2.0・・・実際は温感2.4付近
riahassei.jpg

3講じた対策
3-1 フロント
3-1-1
実施内容:バネレートUP (純正→T2Racing 0.75k)
実施日:2016年10月25日 
最高気温:17.7℃
理由:底付きがみられたため→タイヤを潰しながらボトムせず、先にフォークだけが沈むとむしれるという考察のもと。(Color Trick さん記事よりヒントを得ました※最下部引用リンク有り)
効果1(確認日:同日 空気圧:低く示すNGエアゲージにて温感1.9・・・実際は温感2.3付近
puriup19.jpg
→出ない

意地悪テスト・・・空気圧をアップ:低く示すNGエアゲージにて温感2.1・・・実際は温感2.5付近
puriappu21.jpg
→少々出るが初期発生時より改善有り

3-1-2
実施内容:空気圧を落とす(適切にする)温感2.0@新エアゲージ
実施日:2017年3月16日
最高気温:13.7℃
理由:つぶせていないタイヤを適度につぶせる様にするため。そもそも空気圧が高すぎる。(エアゲージの狂いに気づいたのは上記バネレート対策のもっと後でした・・)
効果(確認日:同日)
saigohuronto.jpg
無し(えくぼっぽいのは前に出たのが消えつつある状態です)

3-2リア
実施内容:空気圧を落とす温感2.4→2.0@新エアゲージ
実施日:2017年3月16日
最高気温:13.7℃
理由:つぶせていないタイヤを適度につぶせる様にするため。そもそも空気圧が高すぎる。
効果(確認日:同日)
DSCN2644.jpg
少し荒れ気味ですが許容範囲

4、注記
※サスセッティングはフロントバネレート以外替えていません。
※発生したタイヤ=改善した時のタイヤで同一品です。
※本来は路面温度を測りたかったのですができなかったので最高気温で勘弁してくだせぇ…
※同じようなアブレーションでも原因がまったく正反対ということも有る様です。あくまで上記内容は一例として記載します。

・・・エアゲージの狂いにすぐ気づいていれば簡単に治ったのかもしれません。
正しいエアゲージも振動等で狂う様です・・・そういえば車の床に乗せっぱなしでした・・・



引用+ヒント:COLOR TRICK_綺麗に使おうスーパーコルサ

全記事一覧次のページ

ブログトップ

日光サーキットスポーツ走行20170317



この3日か4日ぐらい下●(自主規制)が止まらなくてですね、ただただゆるいんですよ。
とっても元気で腹も減るのになぜか自主規制が続くのです。

で今日も日光に行く途中来たんですよ。セカンドインパクトが。
場所は4号のだだっ広いところです。
やばいなーやばいなーと思っても周りにコンビニとか全然みあたらなくてですね。
丁度オービスがあるあたりかもしれません。
もうスピード出すか、出るかといった感じですよ。

そうしてるうちに先の方にガソリンスタンドがでてきたんですね。
もう後光が差してまして。何エデン?
が、その前の赤信号に捕まりいったん停止…くっ
おお神よ、なぜまたしても悲劇の私に試練をあたえやらん…
ああいうのって何でしょうね、何でもない時に考えれば我慢できそうなもんなのですが、いざその状況だと全然そんなことない。
太古の昔よりDNAに組み込まれた謎の判断中枢が、この極限の状況を無視するわけもなく、僕の思いとは裏腹に「自主規制をゆるめて自主規制を放出せよ!はやく!」と畳みかけてくるんです。なんで君はそんな畳み込みかたするかなぁー
でも自主規制を緩めた瞬間、液状化した自主規制が自主規制するの明らか。
そうなるともう日光どころか自主規制まみれで帰って場合によってはシートまでASSY交換を強いられるので負けるわけにはいかん。
さっきまで一緒になって歌ってたポップな曲が爆音で流れる中、独り静かに脂汗をかみしめる苦難の赤信号。

青信号からアクセル全開・・・ではなく腹に負担をかけぬよう自主規制して発進。
ほぼ満タンの車でガソスタに飛び込みます。
店員の人に「トイレを貸して下しあ!」と言ったら「あどどどうぞ・・」とどもってました。気迫負けした模様。
もう便座にケツが触れるか触れないかぐらいの瞬間(以降自主規制)

ガソリンを入れるどころか出すものを出しきってガソスタを後にしたのでした。

食事中のかたすみませんでした。

さて本日は出るとしたらの日光チャレンジロード前最後の練習。
(前日にもスポ走日があるんですがさすがに怖いっす)

クソみたいなクソのせいで随分到着が遅れてしまった!
とりあえず前記事の博打ファイナルへ組み替えます。
この間にも第二波が襲ってきましたが封じ込めました。

「今日の目標:41秒台に入れて日チャレへエントリーする。」
現在のベストは41秒3とかで昨年の中で入っていたのですが、41秒台も数周位しかなく、またタイヤに肉がしっかりついていた時だったのです。
なのでほぼおいしいところが終わったタイヤで、かつこの時期に41秒台に入れれればそれは僕の自信になるのです。
しかし前回の走行でもいい感じだと思っても42秒前半・・・・・ さてどうなる事やら。

ほんじつは たなます師 もひさん あとお会いするとちょくちょく話す銀色MC21さんがいらっしゃいました。

●1本目9:30~
博打ファイナル44-14
最終コーナーはパワーバンドを使って加速できるんだけど他の区間がうーむ・・・・といった感じで42秒後半

薄くて失火している感じがしたのでプラグを見てみると前バンクが白かったのでメインジェット変更
nsr250_jet

気合いで2本目に間に合わせようとしましたが間に合いませんでした・・・・

なので10:30~は 見学&まったり写真撮影
たなます師
DSCN2633 - コピー


もひさん
mohinsr250.jpg



なんかおんなじ様な場所の絵が撮れたなーと思ったので…
ついつい・・
nsrvfrmohitanamasu.jpg
合成です汗Powered by GIMP
くっつけてボカして遊び半分ではじめたのが、だんだん本気になって1時間半くらいかかってしまったぞ!


●2本目 11:30~
ジェットの変更が効いたのか結構いい感じ。 
いいぞいいぞーと思って走るも結果をみて驚愕
42秒後半
あかーん!
たなます師がやってきて「レース前に下手なことをするべきにあらず」との教えを説かれた。
実は師も一本目に博打ファイナルを試されて速攻戻していたのは内緒の話。

ということで戻します。ドリブンのツェー万と走行2本分が・… ぐはっ

●3本目13:30~ ファイナル41-15
42秒前半
あぁやっぱりこっちでした1コーナーのエンブレがきついんですがそこさえ我慢すれば、他のコーナーが格段に乗りやすくなったよ・・・ 
このあとたなます師がやってきて「お主随分裏直のブレーキングでリアがはねとるのぅ」とのこと。
そうなんですブレーキングが下手なのか慢性的にそうなるんです。
そんな説明をすると、もっと体を後ろに持っていってリア荷重でブレーキした方がいいんじゃない?とのワンポイントアドバイスをいただきました。

●4本目
裏直のブレーキングでリア荷重にしようとケツを動かすもあの環境でなかなかうまくいきませんで、とっさに両腕をオーバーに突っ張ってみる。
すると、あれあんまりリアが暴れない。
いやダダダダ言うんだけどおとなしくなりまして、いける、いけるぞ…
で 41秒6 
師の教えはすごい。

あと日チャレ/TOTで好成績を残してらっしゃるもひさんにもタイムアップのワンポイントアドバイスを乞うたところ…
「気合、 あとは根性」とのこと。
いかん、だめだ・・!全く参考にな(自主規制)

ということで日光チャレンジロードにエントリーします。
ふつつかものですがよろしくお願いします。
右も左もわからないので当日は師の近くに停めて、困ったときは助けてくださいとお願いしました。

人生初レースがPRIDE KING とは、ああまた自主規制が…

●おまけ
MUSON mc2 というアクションカメラを買ってみたのだ。
最後の周が41秒6
見てみると、なんかもう一つロングにしてストレートは引っ張りきった方がよさそうかも…とまたしても博打ファイナルの衝動が・・

全記事一覧次のページ

ブログトップ

ファイナルアンサー



こんばんは。

あのニュースがあった時、なぜか"VX"と"XO醤"を勘違いして、あー調味料でも人を殺せるのかと素直におもった奴です。

さてこんなものを買いました。
リア用44T
DSCN2604.jpg

桶川用?いえ日光です。

まえから抱えていた問題がありまして。その名も「最終コーナー、第一コーナー痛し痒し問題」

第一コーナーの手前でシフトダウンするのですがそこにファイナルを合わせると最終コーナーでごぼごぼ言って加速しない。
最終コーナーの加速に合わせると第一コーナーの手前のシフトダウンでエンジンがかちまわりエンブレ過多になる。

そうするとこういう人が居るでしょう。

「じゃあ1コーナーの手前のシフトダウンをやめて1コーナーと2コーナーの間でシフトダウンすれば?」 
ええ、ええわかりますよ?やったんですよ、でもそっちに気を取られてターンインをミスり、とても怖い思いをしましたぞ!
左バンク中に左膝すりながら左足でシフトダウンなんて、もはやシルクドソレイユだぞ!

この問題に対する一つの答えとして、このスプロケです。
おそらくこれをしっかり使い切るには平均スピードをもっと上げないとだめかも知れません。
なのでどうなるかわかりません。

この時期にこんな大ナタを振って大丈夫なのだろうか…


全記事一覧次のページ

ブログトップ

滑走記20170311

さて本日はこっちです。
DSCN2600.jpg


この時期にしては? 素晴らしいコンディションでした。自分の中ではシーズン1,2ぐらい。
もともと会社の人と滑りに行く予定だったのですが、体調を崩されたためキャンセルとなってしまったのです。しかし僕の気持は収まらずヒトリスト決定。


さて本日最初のお伴。
Gray Force 167
gray_force 167


結構前に随分安く出てたので衝動買いしてしまったのですが167って長さが微妙だったかなあと思い買ったあと2、3回乗って押入れに入っていたのですが、なんとなく乗ってみたくなり本日持ってまいりまして。

で、本日気付きましたがこの板結構すごい!です。

コンディションが良かったのもあるのでしょうが、(F2 equipeと比較して)とにかく懐が深いです。
equipe なら腰を落としてエッジに体重をのせてって脳みそに酸素を送りながら目を三角にして、それを怠るとしっぺ返しを食らうところ、この板は、もう頭空っぽでOKです。 
多少荷重するポイントとかタイミングとかをはずしてもちゃんと回ってくれます。すごい!
またサイドカットの形状なのかショートターンも思いのまま。 谷回りでノーズが食った瞬間に板がすごい勢いで回り出し、抜けまできっちりはね上げてくれるおかげで雪面から浮きながら切り返し「俺はプロか」という気分にさせてくれます。
というかなりました。 あくまで主観的にですが。
でも確かに、少し急な斜面で荷重をかけていくともう少しハリと粘りが欲しくなるんです。それでも柔らかスギ!イラネ!っぽいっ(ー_ー )ノ"ということはなくむしろ雑に扱ってごめんねという気分にさせてくれました。
これTYCOONとか乗っちゃったらもう抜け出せなくなるんじゃないですかねぇ・・あっちはメタルボードですが。

それで脳みそがとろけそうなのと急斜面に行きたかったのでF2 equipeへお乗り換え。
若干シビアになったんですがFORCEが抜けるところでやっぱり抜けないのでちょっと感心しました・・てかequipeでシビアとか言ってるんでまだまだ僕にはメタルボードは早いんでしょうのぅ…

それで休憩していると先日どら七さんとお会いしたときにお知り合いになったツイスターさんに遭遇しまして脱ヒトリスト!やったー
でお決まりの
f2 equipe moss twister


お昼ごはん食べました?と聞くと軽食を食ったとのこと。
いやでも僕は食ってない!腹へった!と言って付き合わせてしまいました。

このレストランには最も安いラインでカレーとミートソースがあって、最近ミートソース食ってないなーミートソースにしようかなあと思ったのですが、その時頭の中に一筋の光と髪の毛の白いゴッヅが表れて、さ○とー家は今晩ミートソースになるぞ!と予言を受けたためカレーにしました。ツイスターさんにもやっぱスキー場とこればカレーっすよ!と言ってカレーを勧めました。

んで 
お手洗いに行かれてるときに隠し撮りしたのですが…

DSCN2603.jpg
福神漬けがカレーを犯しておる…

どうやらスノボーがうまくなりたいならカレーに福神漬けを大量に入れないとダメみたいです。
また、牛丼にも紅ショウガを大量投入するらしいです。 スノボーうまくなりたい人は実践しましょう。


いつもは午後2、3時くらいでお腹いっぱいになりがちなのですが、コンディションと一緒に滑ってくれる人がいるおかげか、本日は本当に最後まで楽しかったです。というか物足りなかったぐらい。

そんな一日でとても幸せでした。



と幸せをかみしめているとヨメからラインが…



「本日ハヤシライス也」


・・・・

ぐはっ

全記事一覧次のページ

profile

魚屋本舗STO 

Author:魚屋本舗STO 




あれから4年
骨董品(RG400)を扱う腕に限界を感じ、
紆余曲折を経てこれなら維持いけんじゃね・・?との大学生的なのりで半骨董品のNSR250 に手を出したサラリーマン・・
センターシールもPGMも、その呪いを知ったのは手をつけた後でした。



_____________________________________________________________

RG400を愛する大学生
多分菌保有の変態です。
ストリップのRG400を近所で発見「これ何処にエアクリーナー付くんですか?」という劇的な出会いから惹かれあい ご覧とおり盆栽化
盆栽家なので走りの方は.......。
 うだつの上がらない走りと うだつの上がらないブログですが
どうぞゆっくりしていってください。

名前/魚屋本舗STO
職業/大学生→リーマン
出身/長野県 
現住所/彩の国
年齢/平成生まれ


entry
comment
link
category
archive
trackback
rss
form
qrcode
QRコード
copyright
Author by 魚屋本舗STO 

Designed by マンゴスチンw

NSR250をレーサーに!(休:RG400を盆栽に!)